ツイスト・ペア・ケーブル配線テスターと 10 ギガバイト・ケーブル配線|フルーク・ネットワークス

ツイスト・ペア・ケーブル配線テスターと 10 ギガバイト・ケーブル配線

10 ギガビット/秒イーサネットを展開するためのツイストペア・メタル・ケーブル・システム認証

ツイストペア・メタル配線における 10GBASE-T の使用が、データセンターで広まり始めています。スイッチ、サーバー、および NIC カードなどのアクティブ・デバイスは、10GBASE - T をサポートするタイプが利用され始めています。電気電子技術者協会 (IEEE) の標準化委員会は、2006 年 6 月に 10GBASE-T 規格の IEEE 802.3an を承認しました。この規格は、ツイストペアのメタル・ケーブルの最低レベルのパフォーマンスを定義しています。さらに、ケーブル業界は、100 m (328 フィート) のツイストペア・リンクで 10GBASE-T をサポートするために、カテゴリ 6A およびクラス EA リンクを開発しました。

認証と規格

ツイスト・ペア・メタル線ワイヤーおよびケーブル配線システムの認証は、敷設されたケーブル配線システムが、10GBASE-T の信頼性のある動作に必要な帯域幅と性能を提供することをネットワーク・デバイスの購入/設置される前に保証します。

既存のカテゴリ 6 またはクラス E のケーブル・システムは、IEEE 802.3an で確立された 10GBASE-T の要件を満たすかもしれませんが、これらレガシーのケーブル・システムは、伝送要件を満たすために、長さ(35 m)が制限されています。IEEE 802.3an の要件(また、TIA-TSB155 または ISO TR 24750)に対し、これらインストール済みリンクの再認証は、決定的な回答を提供します。

試験パラメーター

敷設されたツイストペア・ケーブルの 10GBASE-T フィールド認証には、カテゴリ 6A/クラス EA リンク向けの ANSI/TIA-568-C.2 および ISO/IEC 11801:2011 Edition 2.2 規格で規定されたすべてのテスト・パラメータが含まれています。表 1 はこれらのテストパラメータの一覧です。10GBASE-T の大きな変更点としては、これらのテストの周波数範囲が、10GBASE-T 信号技術の高速データレートをサポートするために、500 MHz に拡張されたことです。これらケーブル規格では、表 1 に記載される従来のテスト・パラメータのことを、「インチャンネル」テスト・パラメータと呼んでいます。10GBASE-T のフィールド認証を完了するためには、エイリアン・クロストークのテスト・パラメータを追加しなければなりません。

 

テスト・パラメータ- 「古い」名前 テスト・パラメータ- 「新しい」名前
挿入損失(IL) 挿入損失(IL)
近端漏話 (NEXT) 近端漏話 (NEXT)
パワーサム近端漏話 (PS NEXT) パワーサム近端漏話 (PS NEXT)
減衰対漏話比 (ACR) 減衰対漏話比 - 近端 (ACR-N)
パワーサム減衰対漏話比 (PS ACR) パワーサム減衰対漏話比 - 近端 (PS ACR-N)
遠端漏話 (FEXT) 遠端漏話 (FEXT)
同レベル遠端漏話 (ELFEXT) 減衰対漏話比 - 遠端 (ACR-F)
パワーサム同レベル遠端漏話 (PS ELFEXT) パワーサム減衰対漏話比 - 遠端 (PS ACR-F)
反射減衰量 (RL) 反射減衰量 (RL)
ワイヤー・マップ ワイヤー・マップ
伝搬遅延 伝搬遅延
遅延時間差 遅延時間差
長さ 長さ

 

エイリアン・クロストーク

エイリアン・クロストークは、隣接するケーブル・リンクの異なるワイヤー・ペア間に生じます。したがって、エイリアン・クロストークのテスト・パラメーターは、「チャネル間」のテスト・パラメーターと呼ばれています。エイリアン・クロストークは、ケーブル・バンドル内のどの 2 つのワイヤー・ペア間にも発生する可能性があります。ワイヤー・ペア下のテスト時に、バンドル内の全ワイヤー・ペアの組み合わせによる影響を測定する必要があります。この複合インパクトをキャプチャーするテスト・パラメータは、パワーサム・エイリアンの近端クロストーク (PS ANEXT) および遠端 (PS AACR-F) からのパワーサム・エイリアンのクロストーク比の減衰です。エイリアン・クロストークは、ツイストペア・ケーブル上の 10GBASE-T アプリケーションに最も多い障害、またはノイズ源です。エイリアン・クロストーク性能が、敷設されたカテゴリ 6 またはクラス E ケーブルの距離を制限します。

フルーク・ネットワークスの DSX シリーズ・ケーブルアナライザ― テスターは、IEEE 802.3an およびケーブル業界の規格に即したツイストペア・ケーブル配線のフィールド認証プロセスを完全サポートしています。DSX シリーズ・ケーブルアナライザ―は、「チャネル内」リンク性能だけではなく「チャネル間」エイリアン・クロストーク性能も発揮します。テスト方法およびテスト・パラメータの詳細については、ホワイトペーパー「10 Gbps イーサネットのツイストペア・ケーブルを認証する方法」に記載されています。
 

まとめ

古いまたは新しいツイスト・ペア・ケーブル配線システムを適切に認証することで、敷設されたシステムが 10GBASE - T に対応するかどうかを正確に把握できます。敷設済みのカテゴリ 6 またはクラス E ケーブルを認証する IEEE 規格を選択します。もちろん、カテゴリ 6A/クラス EA ケーブル配線システムは、ANSI/TIA および ISO/IEC 規格で規定された要件も満たしている必要があります。これらの要件は、10GBASE-T の性能要件を超えています。

 

ツイストペア・メタル線ケーブルの認証
 

お問い合わせ

日本:03-6714-3117
米国 / カナダ:1-800-283-5853
その他:1-425-446-4519
メール・アドレス:infoj@fluke.com
 
 
Powered By OneLink