OM5 の現状|www.flukenetworks.com/jp
ブログ一覧に戻る

OM5 の現状

Corning Optical Communications のゲスト寄稿

さまざまな議論が行われ、何かと話題になった OM5(以前はワイドバンド・マルチモード・ファイバーまたは WBMMF と呼ばれていました)は、ついに明確に規格化されました。

OM5 は、簡単に言えば、953nm の帯域特性が追加された OM4 光ファイバーです。

もちろん、それだけではありません。

新しい規格

2014 年 10 月、米国電気通信工業会(TIA)は、短波長分割マルチプレクシング (SWDM) 伝送に対応したワイドバンド・マルチモード・ファイバー (WBMMF) 50/125 μm 規格のガイダンスを作成するためにワークグループを立ち上げました。TIA-492AAAE 規格は、2016 年 6 月に発行されました。IEC の WB MMF 規格は、2017 年初めまでに策定される予定です。

 

OM5 との違いは何ですか?

OM5 の光学/機械的属性は、OM4 50/125 μm 仕様に準拠し、953 nm 帯における実効モード帯域および減衰についての仕様が追加されています。WB MMF は、846~953 nm の波長域において、垂直共振器面発光レーザー(VCSEL)トランシーバを使用します。

 

SWDM について

SWDM は、850~ 940 nm の波長域で 4 つの波長を使用する独自の波長分割多重(WDM)技術です。SWDM トランシーバは、OM3/OM4 を使用して 2 芯接続するように設計されています。SWDM VCSEL トランシーバは、2017 年中に商用化が見込まれています。図 1 を参照。

 

OM5 で SWDM を使用できますか?

はい。SWDM トランシーバは、OM3/OM4/OM5 光接続ソリューションと互換性があります。

 

期待できる SWDM のデータ・レートと距離

以下の表は、予測される 40/100GbE の最大伝送距離を示しています。

  OM3 OM4 OM5
40G SWDM 240 m 350 m 440 m
100G SWDM 75 m 100 m 150 m

 

OM5 の実効モード帯域(EMB)

EMB ≥ 4700 MHz・km(850 nm)
EMB ≥ 2470 MHz・km(953 nm)

 

OM3/OM4 と OM5 の EMB の違い

OM3/OM4 の EMB は、それぞれ 2000/4700 MHz・km で 850 nm のみで指定されています。OM5 EMB は、850 nm と 953 nm の両方で指定されています。

 

953 nm の時と比べて、850 nm における OM5 EMB が低いのはなぜですか?

最良のシステム性能は、低い波長分散と高い EMB によって実現されます。一般的な光ファイバーの場合、理想的な零分散波長は 1310 nm です。953 nm は、850 nm よりも 1310 nm に近いため、波長分散が低く、下図で示すように、低い EMB 要件で同じシステム性能を実現できます。

 

イーサネットや光ファイバー・チャネルなどの光伝送規格に、OM5 は規定されていますか?

OM5 や SWDM を規定している伝送規格はありません。伝送規格では通常、経済的、商業的、そして技術的な基準に基づいて、1 種類のマルチモード光ファイバーのみを規定しています。40G 以上のデータ・レートでは、パラレル・マルチモード光ファイバーが既定で使用されます。

 

OM5 ケーブル・ジャケットの色

TIA は、OM5 の正式なケーブル・ジャケットの色をライムグリーンに指定しています。

 

この新しい技術では、デュプレックス光ファイバー接続に新しい極性方式が必要ですか?

いいえ。従来の Corning の汎用的な極性接続ソリューションを使用できます。エンド・ユーザーは、Base-8 または Base-12 MTPR バックボーン・ケーブルおよび MTP-to-LC モジュール、または 2連 LC インターコネクトに分岐するためのハーネスを使用したソリューションを展開する必要があります。

 

フィールド・チャネル損失測定は、850 nm と 953 nm の両方で行う必要がありますか?

いいえ。850 nm フィールド・チャネル損失測定で、953 nm チャネル損失の適合性を証明できます。(このトピックについては、ワイドバンド・マルチモード・ファイバー – 最新情報をご覧ください。)

 

OM5 に BiDi トランシーバーを使用できますか?

はい。Corning Optical Communications の EDGE および EDGE8 ソリューションの OM4 および OM5 は、同じ 40G BiDi 200 m の伝送距離に対応しています。

 


 
 
Powered By OneLink