ブログ:ケーブリング・クロニクル|Page 2|www.flukenetworks.com/jp

ケーブリング・クロニクル

2017-10-05

While neatly combed bundles of cables might look really nice in exposed overhead cable trays and in racks and cabinets, this aesthetically pleasing deployment isn’t always a thing of beauty when it comes to performance.

Sometimes this can be hard to explain to your customers who seem to care more about how the cable looks versus how well their data transmits.

Some Things Are Better Kept Natural

2017-9-20

Fluke Networks has long provided educational content on anything and everything to do with testing network cabling systems—from standards and best practices, to application assurance and tricks of the trade.

2017-9-14

モノのインターネット (IoT) とセンサー技術の発展により、多くの IP 対応デバイスがメタル線の水平配線インフラに接続されています。LED ライト、防犯カメラ、ビル自動化制御など、このようなほとんどのデバイスと Wi-Fi アクセス・ポイントは、ネットワークに接続するために RJ45 ポートを備え統合化がなされています。

2017-9-06

規格の会議に参加したことがある人であれば、「ハーモナイゼーション」という言葉を頻繁に聞いたことがあるかもしれません。ハーモナイゼーションという考えは、究極の目標のようなもので、異なる団体からの規格を合意一致させることです。例えば、TIA、IEC、ISO/IECなどの組織が同じテスト基準を使用することを想像してみてください。実際に、これを阻止するようなものは何もなく、TIAは頻繁にIEC規格を採用しています。しかし、IECまたはISO/IECがTIA規格を採用したということは聞いたことがありません。

2017-8-30

Fiber optic cabling comes in two types – multimode and singlemode.Most of you likely know that multimode cabling distances are shorter than singlemode, and singlemode is therefore deployed for outside plant long-haul fiber applications, while multimode is the primary choice for data centers and premise applications.

2017-8-23

For professional contractors and installers of data communications cabling systems, compliance with ANSI/TIA 606-B Standards updated back in 2012 has required new levels of precision in cable labeling – often an arduous and time-consuming process for cable installers.Today, however, thanks to smart, cutting-edge cable labeling tools and technologies, that situation has improved dramatically!

606-B Compliance…and a Whole Lot More

2017-8-16

It seems like just yesterday we were talking about spring cleaning, and now we’re moving into the dog days of summer.And it’s hot.

2017-8-09

ISO/IEC 14763-3 光ファイバー配線テストの2014年版では、パーマネントリンクに対する単方向試験を必須条件として記載しています。特定のケースでは、双方向試験も必要になります。しかし、ISO/IEC 14763-3 では、双方向試験のやり方について情報を提供していません。本記事では、その方法を説明します。

双方向試験が必要なケース

2017-8-02

OTDRを使用してパーマネント・リンクをテストおよび特性化する際には、コネクター減衰量A/Bとファイバー損失Cの測定が必要です。この測定をおこなうには、ランチ・コードとテイル・コードが必要です(図1参照)。

ページ

 
 
Powered By OneLink