ExtremePackets のケース・スタディ|フルーク・ネットワークス

CompuCom のケース・スタディ

 

課題:
米国テキサス州ダラスに本社を構える CompuCom は、顧客が主力事業に集中できるように、技術面で顧客をサポートしております。マネージド IT、IT インテグレーション、および IT コンサルティングの各種サービスのほか、データセンター、ネットワーク、ボイス、エンドユーザー環境の專門チームを提供し、北米だけで 400 万人を超えるユーザー数をサポートしています。CompuCom の顧客には、CompuCom米国を拠点とするトップ 10 に入る世界的な小売企業があります。同社は、高速テストやより包括的なレポートを含め、より水準の高い光ファイバー検査を必要としていました。それに応えるため、CompuCom はフルーク・ネットワークスに着目しました。

 

結果:
この小売企業に提供するサービスの一部として、CompuCom は約 20,000 台のサーバーと 150,000 本を超えるケーブルを含む 3 つのデータセンターおよび 1 つのバックアップ・バンカーを管理しています。CompuCom は、修理やアップグレードが容易な フルーク・ネットワークスの FI-7000 FiberInspector™ Pro、OptiFiber® Pro OTDR、および CertiFiber® Pro ケーブル損失試験モジュールを組み合わせた Versiv ケーブル認証プラットフォームを採用することにしました。発売当初から FI-7000 を使い始めた同社は、テストとレポート作成の基準を大幅に上げながら、テスト結果へのアクセスと管理を簡単にしています。FI-7000 により、迅速にテスト結果を得ることができ、それが毎年数千ドルもの節約を実現させています。何よりも重要なのが、FI-7000 によって可能になったスピード、品質、そして信頼性の向上に CompuCom のお客様が大変満足し、他のサービス・プロバイダに対しても同じような水準を求めるようになりました。

こちらから全文をご覧になれます。

 
 
Powered By OneLink