ECR Informatique のケース・スタディ|フルーク・ネットワークス

ECR Informatique のケース・スタディ

ECR Informatique

ECR Informatiqueフルーク・ネットワークスは、ケーブル配線の大手企業である ECR Informatique が新しい Versiv プラットフォームを導入したことを発表します。データセンターおよび水平配線の両レベルで構内配線ソリューションにおける地位と展開を強化するため、同社が持つケーブル認証ツール DTX-1800 を 7 台の DSX-5000 に買い替えられました。

カルバドス(フランス)を本拠地とする 2001 年創立の ECR は、標準または特殊環境での、あるいはメーカー認証に準拠したあらゆる種類のローカル・エリア・ネットワーク(メタル、ファイバー、無線、レーザー)のケーブル配線を專門としています。ECR は、企業、地域社会、公共・民間機関(教育、医療)の  メイン・サイトやリモート拠点においてお客様の代理人を務め、また主要顧客の下請けとして大規模なローカル・ネットワーク・プロジェクトを引き受けています。

こちらから全文をご覧になれます。

 
 
Powered By OneLink