フルーク・ネットワークス製の業界標準として DTX CableAnalyzer は、業界の売上ベンチマークを更新|www.flukenetworks.com/jp

フルーク・ネットワークス製の業界標準として DTX CableAnalyzer は、業界の売上ベンチマークを更新

2011 年 11 月 30 日

ワシントン州エバレット– 2011 年 11月 30日 – フルーク・ネットワークスは本日、DTX CableAnalyzer™ Series の売上台数が 50,000 ユニットを超えたことを発表しました。これは、信頼性の高いテスト、ならびにネットワークとケーブル認証業界において継続する、世界規模の成長に対する絶え間ないニーズを強調しています。

2004 年にフルーク・ネットワークスが DTX CableAnalyzer Series を発売した際、短期間で – 75 % 早く – 認証結果が得られるテスターを提供したことにより、市場が一新され、デファクト業界(代表値) が確立されました。2006 年の Cat 6A サポート、2007 年の必要不可欠なオプティカル・タイム・ドメイン・リフレクトメータ(OTDR)などの後続の技術革新により、アクセス・ネットワークやデータ・センター環境全体の主要なテストおよび認証ソリューションとしての地位はさらに強固になりました。

「フルーク・ネットワークス製のツールにより、10 億個を超えるメタル線リンクと 2 億 5000 万個を超えるファイバー・リンクが認証されました」と、フルーク・ネットワークスのデータ通信ケーブルおよび設置ツール担当部長の Jason Wilbur は述べています。「当社の長年にわたる信用と信頼に関する実績、および当社の製品が発揮する速度と機能を組み合わせることにより、当社は、成長の機会を活用する敷設事業者を引き続き支援するユニークな地位に立っています。

同社には、メタル線市場での長所を活用するとともに、ファイバーとワイヤレス市場で技術革新を促進する機会が見込まれると、Wilbur 氏は語っています。例えば、データ・センターの統合と仮想化により、業界全体で展開と認証の需要が引き続き増加しています。企業がストレージ・エリア・ネットワーク(SAN)技術からファイバー・チャネル・オーバー・イーサネット(FCoE)に移行しているため、この勢いはデータ通信の設置業者にも当てはまります。「SAN 業界の規模は大きいですが、FCoE システムの勢いを考慮すると、市場が引き続き急成長することが期待されます」と、Wilbur 氏は述べています。

フルーク・ネットワークスの DTX CableAnalyzer Series の詳細、およびフルーク・ネットワークスのデータ通信ケーブリング・ソリューションのスイート一式を参照してください。

フルーク・ネットワークスについて
フルーク・ネットワークスは、導入を迅速化し、ネットワークとアプリケーションのパフォーマンスを向上させるための、ネットワークのテストおよび監視ソリューションにおいて、世界をリードするプロバイダーです。大手企業やサービスプロバイダは、今日の過酷な課題と WLAN セキュリティ、モビリティ、統合されたコミュニケーション、およびデータセンターの新たな課題の解決を手助けをするフルーク・ネットワークスの製品と専門知識を信頼しています。ワシントン州エベレットに拠点を置く同社は、50 カ国以上で製品を販売しています。詳細については、 www.FlukeNetworks.com をご覧ください。 または、+1 (425) 446 - 4519 までお問い合わせください。

# # #

 
 
Powered By OneLink