高速光通信インフラを確実に正しく試験するための6つのステップ (オンデマンド・ウェブキャスト)|www.flukenetworks.com/jp
高速光通信インフラを確実に正しく試験するための6つのステップ (オンデマンド・ウェブキャスト)

2016 年 12 月 20 日に実施済みのウェブキャスト

「高速光通信インフラを確実に正しく試験するための6つのステップ」 資料イメージ

より高速でスループットの高いネットワークを運用する必要性がますます高まっています。そのため、性能要件として求められる光ファイバー配線の許容損失マージンが低下するというデメリットがあります。 この要件を満たすために、メーカーと標準化団体は、インフラ設計においてより柔軟な手法を採用しましたが、配線敷設にかかわる方々は、常にこの試験方法に目配りする必要があります。

 

このオンデマンド・セミナーでは、敷設された光ファイバー配線を確実に正しく試験するための6つのステップをご紹介します。

フルーク・ネットワークス
株式会社 TFF フルーク社
〒108-6106 東京都港区港南 2-15-2 品川インターシティ B 棟 6F
TEL:03−6714−3117 FAX:03−6714−3118 E-Mail:infoj@fluke.com

必要項目を入力して
"視聴する" をクリックしてください。
 
 
Powered By OneLink