4 対 PoE へのアップグレードのための必須知識 (Blog)|www.flukenetworks.com/jp
4 対 PoE へのアップグレードのための必須知識 - ブログ

 VoIP 電話やセキュリティ・カメラなど、さまざまな機器に電力を供給するために、ここ数年間、パワー・オーバー・イーサネット (PoE) に対応したケーブル配線システムが展開されています。これまでは最大 30 W への対応が要求されていましたが、現在は、最新の 802.11ac Wi-Fi アクセス・ポイントやデジタル表示、そしてデスクトップ・コンピューターも高電力レベルの PoE を活用できるようになったため、ユーザーは、これらの多様な機器に電力を供給できる 4 ペア PoE を求め始めています。

 4 ペア PoE アプリケーションの性能と熱の発生を懸念する声が多く聞かれるため、ケーブル配線システムを展開する際、ユーザーが新たな高電力 PoE 対応機器すべてに確実に給電できるかどうか不安になるのも無理はありません。実際、高電力レベルの 4 ペア PoE には注意の必要な点がいつくかあります。

必要項目を入力して
"ダウンロード" をクリックしてください。


フルーク・ネットワークス
株式会社 TFF フルーク社

〒108-6106 東京都港区港南 2-15-2 品川インターシティ B 棟 6F
TEL:03−6714−3117 FAX:03−6714−3118 E-Mail:infoj@fluke.com

 
 
Powered By OneLink