2 コード基準法を使用できない理由 (Blog)|www.flukenetworks.com/jp
2 コード基準法を使用できない理由 - ブログ

 TIA および ISO と同様、フルーク・ネットワークスは、光ファイバー損失測定の基準値の設定に 1 コード法を使用することを推奨しています。1 コード法では、入射側試験コード (ランチ試験コード) の一端を光源に接続し、反対側をパワー・メーターに接続して、基準値を設定します。

 この方法が推奨される理由は、1 コード法は測定の不確実性を最小限に抑え、被測定配線のコネクターと光ファイバー両方を測定できるためです。

必要項目を入力して
"ダウンロード" をクリックしてください。


フルーク・ネットワークス
株式会社 TFF フルーク社

〒108-6106 東京都港区港南 2-15-2 品川インターシティ B 棟 6F
TEL:03−6714−3117 FAX:03−6714−3118 E-Mail:infoj@fluke.com

 
 
Powered By OneLink