今の配線でも 2.5/5GBASE-T をサポートできる? (Blog)|www.flukenetworks.com/jp
今の配線でも 2.5/5GBASE-T をサポートできる?- ブログ
今の配線でも 2.5/5GBASE-T をサポートできる? (Blog)

 NBASE-T Alliance によって推進された、NBASE-T 仕様に適合する IEEE 802.3bz は、100 m のカテゴリー 5e ケーブルで 2.5 Gbps、100 m のカテゴリー 6 ケーブルで 5 Gbps を規定しています。また、特定の使用事例(周波数の拡張)において、カテゴリー 5e での 5 Gbps のサポートも規定しています。

 2.5/5GBASE-T は、主にカテゴリー 5e および 6 の既設配線上で使用される 802.11ac Wi-Fi デバイスに対応するために導入されました。現在市場では対応機器が販売されており、多くの企業はこの技術を導入して、ケーブルをアップグレードせずに高速 Wi-Fi の利点を活用しようと考えています。

必要項目を入力して
"ダウンロード" をクリックしてください。


フルーク・ネットワークス
株式会社 TFF フルーク社

〒108-6106 東京都港区港南 2-15-2 品川インターシティ B 棟 6F
TEL:03−6714−3117 FAX:03−6714−3118 E-Mail:infoj@fluke.com

 
 
Powered By OneLink