ケース・スタディ 2 - ケーブルが原因で NEXT が不良となる - DSX CableAnalyzer - ナレッジベース

 このケース・スタディでは、大量のカテゴリー 6パーマネント・リンクを認証しようとしたときに、敷設工事作業者が数多くの NEXT 障害に遭遇した例をご紹介します。

 DSX ケーブルアナライザーを使用すれば、これらのリンクが不合格となった理由と障害の発生個所を自動的に解析し発見できます。

 ここでテストの実行後、次のような DSX ケーブルアナライザーのテスト結果が得られました。「診断」 タブをタップすることで、障害の中で最も重大な原因が特定できます。つまり、不合格の原因は複数ある場合もありえます。

必要項目を入力して
"ダウンロード" をクリックしてください。

 


 

フルーク・ネットワークス
株式会社 TFF フルーク社

〒108-6106 東京都港区港南 2-15-2 品川インターシティ B 棟 6F
TEL:03−6714−3117 FAX:03−6714−3118 E-Mail:[email protected]

 
 
Powered By OneLink