101 シリーズ:マルチモード光ファイバー・タイプを混合する際の考慮事項 - ブログ

 OM4 の光ファイバー・コアは、より良い減衰性能とより高い帯域幅を提供するように構成されているため、リンク長をより長くすることができます。

 多くのデータ・センターや LAN は、引き続き OM3 マルチモード光ファイバー・ケーブルを導入しており、そのことから、OM3 の導入がより多くなされています。また、2 つの光ファイバー・タイプは同じコア・サイズのために混用することができますが、異なるマルチモード光ファイバー・タイプを混用する際には、一般的に考慮すべき点がいくつかあります。

必要項目を入力して
"ダウンロード" をクリックしてください。

 


 

フルーク・ネットワークス
株式会社 TFF フルーク社

〒108-6106 東京都港区港南 2-15-2 品川インターシティ B 棟 6F
TEL:03−6714−3117 FAX:03−6714−3118 E-Mail:[email protected]

 
 
Powered By OneLink