何が問題だったのか?光ファイバー損失試験前の必須検討事項 - ブログ

 設計段階で挿入損失を慎重に計算し、敷設後にパーマネント・リンク試験が合格したにもかかわらず、配線システムがチャネルとして運用された後にパフォーマンスの低下に直面したことはありませんか?

 その時点では、損失バジェットはアプリケーションに基づいており、トランスミッターの経年変化や汚れた接続を考慮して、チャネル内のすべてのコンポーネントの損失を合計することで算出されていることはご存知のはずです。そして、パーマネント・リンクとチャネルのテスト間の相違も理解されていると思います。

必要項目を入力して
"ダウンロード" をクリックしてください。

 


 

フルーク・ネットワークス
株式会社 TFF フルーク社

〒108-6106 東京都港区港南 2-15-2 品川インターシティ B 棟 6F
TEL:03−6714−3117 FAX:03−6714−3118 E-Mail:[email protected]

 
 
Powered By OneLink