ファイバー試験方法の解説:基本に立ち返る - ホワイトペーパー

 敷設された光ファイバーの減衰量の測定に光源と光パワー・メーターを用いた LSPM 法は、数多くの規格で文書化されています。規格によっては、リンクの試験方法を説明してるものもあれば、チャネルの試験方法を説明しているものもあります。リンクとチャネルの減衰量は、さまざまな規格で規定される手順を使用して測定されます。しばしば、試験方法は、特に特殊なケースにおいて、分かりにくい場合があります。

 本ホワイト・ペーパーでは、各種の試験方法をいつどのような時に使用すべきかを明確にすることを目的としています。

必要項目を入力して
"ダウンロード" をクリックしてください。

 


 

フルーク・ネットワークス
株式会社 TFF フルーク社

〒108-6106 東京都港区港南 2-15-2 品川インターシティ B 棟 6F
TEL:03−6714−3117 FAX:03−6714−3118 E-Mail:[email protected]

 
 
Powered By OneLink