高速ファイバー・リンク・テストに関する弊社の BICSI プリカンファレンス・セミナーに参加して CEC を 3 つ取得|www.flukenetworks.com/jp

ブログ

ブログ一覧に戻る

高速ファイバー・リンク・テストに関する弊社の BICSI プリカンファレンス・セミナーに参加して CEC を 3 つ取得

マーク・マリンズ

高速アプリケーションは、データセンターにおけるマルチファイバー MPO/MTP アーキテクチャの導入を促進しています。そしてこれらのソリューションは、クラウドやハイパースケール・データセンター以外でも導入されています。MPO/MTP リンクは、並列光学装置を使用するデータセンターの 40 ギガおよび 100 ギガのスイッチ間バックボーンの事実上のインターフェースとして、今日の企業データセンターでますます普及してきています。

高速 MPO/MTP ファイバー・リンクにおける Tier 1 および Tier 2 テスト、アプリケーションの電力バジェット、クリーニングと検査は、10 ギガ・デュプレックス・ファイバー・リンクのものとは異なるため、技術者はテスト方法や検査手順の見直しを余儀なくされています。

このため、フルーク・ネットワークスおよび TIA の光ファイバー・テクノロジー・コンソーシアム(FOTC)のメンバーは、フロリダ州オーランドで開催される BICSI Winter Conference & Exhibition のプレコンファレンス・セミナー(2 月 5 日(月)1:30~4:30 )でこのトピックを取り上げます。

その内容について詳しく紹介します。

MPO/MTP のクリーニングと検査

すべてのファイバー端面をクリーニングし、検査する必要があります。工場で終端処理されている場合でも、MPO/MTP ではクリーニングと検査が非常に重要である理由について説明します。検査、クリーニング、再検査の黄金律に従わなくてもこれまでは問題にならなかったかもしれません。しかし、高速光ファイバー・リンクを扱う場合は、プロセスを見直す必要があります。

IEC 61300-3-35「光ファイバー接続デバイス及び光受動部品の基本試験及び測定手順」に基づいた MPO/MTP の清浄度の認証について解説し、適切なクリーナーを選ぶためのヒント、検査に役立つヒント、MPO/MTP コネクターに汚れがないことを簡単に確認できるデバイスについての情報を提供します。

認証テストのオプション

40 ギガおよび 100 ギガ・アプリケーションの挿入損失バジェットは非常に低いため、データセンター内の高速 MPO/MTP リンクを正確にテストして、損失バジェット内であることを確認することがこれまで以上に重要になってきています。これらのリンクをテストする 2 つの方法(ファンアウト・コードまたはカセットを利用した従来型のデュプレックス光ファイバー・テスターを使用する方法とオンボード MPO コネクターを備えたテスターを使用する方法)について説明します。

各テスト方法の長所と短所だけでなく、デュプレックス・テスターで適切に 3 ジャンパー基準値を使用する方法を説明し、MPO/MTP リンクにおけるエンサークルド・フラックス・テストの重要性、VCSEL 光源および曲げ不感性マルチモード (BIMMF) ファイバー・テスト・コードを使用できない理由について解説します。

MPO テスターを使うと、いかに早くテストを完了できるかを紹介するほか、MPO/MTP - LC リンク、およびファイバー本数の多い MPO/MTP システムのテストについても説明します。

是非ご出席ください!

今日のデータセンターの MPO/MTP 高速光ファイバー・リンクは、IEEE アプリケーション規格と IEC/TIA ケーブル配線規格に従ってテストする必要があります。フロリダ州オーランドで開催される BICSI Winter Conference & Exhibition の「高速光ファイバー・リンクのテスト」プレコンファレンス・セミナー(2 月 5 日(月)午後1:30~4:30)では、当社の Jim Davis および業界の専門家がこのトピックについて詳しく説明します。ぜひご出席ください。BICSI 継続教育 3 単位分に相当します!

フルーク・ネットワークスの 309 番ブースではデモ機を展示しております。当社の専門家と直接お話しいただけますので、開催時間中にぜひお立ち寄りください。


 
 
Powered By OneLink