使用事例|www.flukenetworks.com/jp

使用事例

金融・証券・保険

米国中西部最大の Cat 6 A の設置により、ネットワーキング技術がさらに広く活用されます。

情報サービス

アラスカ奥地での究極の試験 生き延びるための助言:熊がうろつく場所では警戒せよ

英国に本拠地を構える ICT インフラ・ソリューションおよびサービスの独立プロバイダーである ITMは、最善のテクノロジー、社内の専門知識と革新を駆使して、英国、欧州、世界各地に規格に準拠したソリューションとサービスを提供しています。ITM ファイバー & 機器エンジニアの Stuart Ayres 氏が、20 台の Versiv ケーブル配線認証システムに投資した結果を考察しました。

Versiv™ DSX-5000、CertiFiber®、LinkWare™ Live を活用することで PowerCom は、システムをテストし、お客様に結果を提供するために必要な時間と労力を大幅に減らしました。

Twistnet の技術者が、フルーク・ネットワークスの OptiFiber® Pro OTDR と SmartLoop™ で、北海の新しい風力発電所の双方向試験認証を安全に実施

CompuCom の技術者は、Versiv FiberInspector™ Pro で光ファイバー検査を「1 回で終わらせる」
Extreme Packets が迅速なケーブル・テストを実現するために Versiv™ と LinkWare™ Live を採用

専門・科学・技術サービス

Redstone は、同社の全テスター機器を新しい Versiv プラットフォームにアップグレードしました。これには、40 台の DSX-5000 CableAnalyzer ユニットの追加も含まれ、その多くが CertiFiber Pro 光配線認証試験セット (OLTS) モジュールとファイバー検査カメラが搭載されています。また、同社は 20 台の OneTouch™ AT ネットワーク・アシスタントも購入しました。

LAN NET Solutions LLC が LinkWare Live リワード・プログラムで OptiFiber Pro を受賞

フルーク・ネットワークスの DTX-1800 CableAnalyzer から新しい Versiv DSX-5000 製品ラインへ移行した理由は、課題を克服するためというよりは、縮小する予算や短縮するプロジェクト・スケジュールに対してハンディをなくせる次世代技術の採用機会として捉えられたためです。

フルーク・ネットワークスは、ケーブル配線の大手企業である ECR Informatique が新しい Versiv プラットフォームを導入したことを発表します。データセンターおよび水平配線の両レベルで構内配線ソリューションにおける地位と展開を強化するため、同社が持つケーブル認証ツール DTX-1800 を 7 台の DSX-5000 に買い替えられました。

トランク・ケーブルにはテストが必要ないと考えていませんか?間違いなく必要です。MultiFiber Pro を使用した設置事業者をご紹介します。

医療

大手の医療機関が新しいケーブル技術の導入で、患者ケアのパフォーマンス向上を証明。
 
 
Powered By OneLink