ネットワーク・ケーブル敷設事業者および設置事業者 - ネットワークの設置|フルーク・ネットワークス

顧客のために構造化配線ネットワークの設計、敷設、認証を専門に行う建設事業者と敷設事業者は、現在の市場で好機だけでなく、大きな課題にも直面しています。いくつかのトレンドは、ネットワーキング、そして組織のネットワークの計画と展開を担当する専門家の役割に大きな影響を与ています。

Category 8

Category 8 Cabling is designed to operate at 2 GHz, and anyone who is not familiar with installing and testing shielded cable, now is a good time to start learning.カテゴリー 8 システムは、おなじみの RJ45 コネクターを使用するため、敷設業者にとって朗報です。両端に 2 本の機器コード(各 3 メートル)を加えた 24 メートルのパーマネント・リンクを対象としていますが、規格には、異なるゲージの機器コードを考慮したディレーティング係数も含まれる予定です。

無線ネットワーク

Of course, this cabling system needs to be tested in the field.That's why the ANSI/TIA-1183-1 standard that defines the measurement and test methods for laboratory testing of Category 8 was approved.これにより、カテゴリー 8 の現場試験の規格化の道が開かれました。The existing TIA-1152 standards for field testing that supports the TIA 568 series of standards has added an 1152-A version for 2G field testing--the 2G refers to the accuracy level and was named as such due to the need to test Category 8 to 2 GHz.

If you're familiar with the accuracy levels for previous categories of cable (i.e., Level III for Category 6 and Level IIIe for Category 6A), you may be wondering why the next level isn't Level IV. That's because Level IV and Level V accuracy levels already exist within ISO/IEC standards for Class F and Class FA cabling.TIA-1152-A was approved for publication In late 2016



光ファイバー

もう 1 つの傾向は、企業施設内での光ファイバーの使用です。帯域幅の需要が増加し続けているため、多くの組織では要望に応じてファイバーを敷設しています。According to report on the fiber optic components market by Global Industry Analysts Inc. (GIA), the global market for fiber components is projected to reach $42 billion by 2017.帯域幅の需要の増加とファイバーベース・ブロードバンドに対するニーズへの対応に加え、モバイル・インターネットの堅調な成長やその他の要因により、成長は促進されると報告されています。

多くの組織では 100 ギガビットのファイバー伝送の準備を行っており、これにはマルチファイバー・プッシュオン (MPO) コネクターの使用が含まれています。エンド・ユーザー同様、多くのケーブル敷設事業者にとって MPO は新しいものであるため、浸透するまでには時間がかかると思われます。MPO は技術的にかなり複雑であるため、接続エラーの可能性が高くなります。Read more about MPO Technology here

また、多くの組織がクラウド・コンピューティング・モデルに移行しているため、建設業者もデータ・センターの設計と構築の方法の変更に直面しています。多くの企業が、私的なクラウド・インフラと公的なクラウド・サービスから成るハイブリッド・クラウド環境に依存することになります。

ベストプラクティス - 建設事業者と敷設事業者

急速に変化するネットワーク環境に対応する準備をするために、建設業者と敷設事業者は進化する顧客の要件への対応に必要とされる知識と経験を身に付けトレーニングを行う必要があります。

ケーブル・テスト技術者認定トレーニング(CCTT)

Contractors need to train and certify their employees to stay competitive in the installation and certification of high-speed structured cabling systems.Investing in the Fluke Networks Certified Cabling Test Technician™ (CCTT) two-day training and certification program will not only improve the skills of your installers, but also their effectiveness and productivity on the job in testing, certifying and troubleshooting cabling systems.

フルーク・ネットワークスの CCTT コースは、教室でのトレーニング、実習、試験 / 認定演習の 3 部構成になっています。 

www.flukenetworks.com/cctt

オンライン・トレーニング・ビデオ

これらのビデオは、Versiv ファミリーの全製品向けの基本トレーニングを提供します。ビデオでは、製品ごとに次のトピックを取り上げています。

  • Unboxing – what comes with the product and what to do with it
  • テストのセットアップ
  • テストの実施
  • 結果の保存と管理(LinkWare™ PC および LinkWare™ Live を使用)

各ビデオの長さは、約 3~10 分です。全ビデオの総時間は、約 2 時間 20 分です。

www.youtube.com/FlukeNetworksVideo

ケーブル配線についての記録ブログ

Find out what’s new in the world of testing and standards with articles written by Fluke Networks’ experts.

www.flukenetworks.com/blog/cabling-chronicles

ナレッジ・ベース

弊社のサポート・エキスパートからのヒントやコツ、そして製品の最新情報を入手して、貴社のフルーク・ネットワークス製品への投資を最大限に活かしましょう。

www.flukenetworks.com/knowledge-base

ライブ・トレーニング・イベント

Find out about our webcasts, workshops, shows and other live events:

www.flukenetworks.com/news-events

ソリューション関連情報 - 建設事業者と敷設事業者

市場の数多くのソリューションは建設業者の役に立ち、敷設事業者は変化を続けるネットワーキングの問題に対応します。

Versiv:Cabling Certification System from Fluke Networks.

Certifying a cable is one part of a process that starts with systems design and ends with systems acceptance.このプロセスが迅速に進めば進むほど、より利益性が高まります。Unfortunately, there are a lot of things that slow the process down - testing to the wrong limits, waiting for lead technicians to set up or troubleshoot, and incomplete results.Research from Fluke Networks shows that over 90% of contractors report dealing with issues related to set-up, testing, and reporting every month.It adds up to a week of wasted labor on a typical 1,000 drop job.Versiv is designed to eradicate these problems.ProjX™ システムは、セットアップからシステム承認までの作業要件と進捗状況を管理し、すべての試験が正しく完了していることを確認できるようにします。Taptive™ ユーザー・インターフェースはセットアップを簡素化し、エラーを排除してトラブルシューティングを高速化します。The LinkWare Live cloud service gives you control of the whole process:you can set up and track your testers and inspect results from any mobile device while the job is in process.It even lets you upload and integrate results from multiple testers at multiple jobsites so you can quickly generate reports with the de-facto industry standard LinkWare PC. Eliminate the problems and get to system acceptance faster with Versiv – and make money every time you use it.

Another offering from Fluke Networks, LinkWare PC, gives network professionals the ability to manage test results data from multiple testers with one application.LinkWare は、現場や客先、そしてキャンパスやビルでの、テスト結果の迅速な整理、編集、表示、そして印刷や保存、あるいは保管といった作業に役立ちます。これにより、プロジェクトのセットアップをより簡略化できます。既存の LinkWare データベースにテスト結果を融合し、データ・フィールドまたはパラメーターごとに結果を並べ替え、検索、および整理することができます。LinkWare を利用してコンピューターにアップロードされたデータにより、保存された結果がテスターのメモリーにあるものであることを確実にします。

フルーク・ネットワークスの MultiFiber Pro 光パワー・メーター/光源は、1 回のテストで 12 芯のすべてのトランク光ファイバーのパフォーマンスを検証しテスト時間を約 95% 短縮する、業界初の MPO 光ファイバー・トランク・テスターです。MPO 光ファイバー・トランクは、業界で最も急速に成長している、10 Gbps、40 Gbps、100 Gbps の高速データ・センターのバックボーン配線です。MPO トランクの 12 芯の各光ファイバーを準備してテストするには平均 6.5 分かかりますが、MultiFiber Pro はその時間を約 20 秒短縮します(セットアップの場合 14 秒、テストの場合 6 秒)。1,600 個の MPO トランクを有する平均的なデータ・センターでは、 MultiFiber Pro テスターを使用することにより、建設業者の作業時間を 155 時間以上、経費を 17,000 ドル節減できます(平均労働単価を 55 ドルで仮定)。

フルーク・ネットワークスの OptiFiber Pro OTDR は、企業の光ファイバー・テスト用に一から設計された業界初の OTDR です。OptiFiber Pro は、生産性を高め、ネットワークの信頼性を向上させながら、コストを削減することに重点を置いて設計されています。

業界で唯一、スマートフォン対応インターフェースを備えています。DataCenter OTDR コンフィギュレーションを使用すると、データ・センター光ファイバーの検査時に発生する不確実性とエラーが排除されます。デッド・ゾーンがきわめて短いため、仮想化されたデータ・センターで光ファイバーのパッチコード接続間のテストが可能です。

関連リソース 

フルーク・ネットワークは顧客の問題解決を支援する多くのリソースをご用意しています(『Guide to Contract Installers and Installation(請負敷設事業者および敷設のガイド)』)。簡単な登録が必要なものもあります。他のトピックについては、ウェブキャストホワイトペーパー、およびアプリケーション・ノートの詳しいリストをご覧ください。

ホワイトペーパー

10 の愚かな間違い
ネットワーク・ケーブル配線プラントの敷設、試験、認証を行う人であれば誰でも、標準性能パラメータを満たすこと、アプリケーションを確実にサポートすることの重要性を理解していますが、どんなに優秀な人であっても、収益や顧客満足度に悪影響を及ぼすような失敗をすることがあります。
ポスター:ツイスト・ペアー銅線の認証テスト方法
壁用ポスターには、シールド付き Cat 5e、Cat 6、および Cat 6A メタル線パーマネント・リンくのケーブル・テスト規格、パッチ・コードおよびチャネルの認証テスト方法を概説しています。また、各テストの用途の概要、方法を説明する詳細な図解、そして認証を正確に実施するために必要なテスターも記載しています。
メタル線テスト・ベストプラクティス ポケット・ガイド
メタル線テスト・ベスト・プラクティス・ガイドは、構内配線システムに関する重要な情報をお使いのスマートフォンやタブレットで持ち運べるようになっています。
ケーブル・テスト技術者認定 Technician™ (CCTT) コース 
高速ケーブリング・システムの設置および認証に優位性を保つためには、現在の従業員のトレーニングと認定が不可欠です。フルーク・ネットワークスの Certified Cabling Test Technician™ (CCTT) トレーニングおよび認定プログラム(2 日)への投資により、敷設事業者のスキルだけでなく、ケーブリング・システムに関する検査、認証、トラブルシューティングにおける、その効果と生産性を向上させます。 
ケーブルの認定がこれまでより重要である 6 つの理由
経済混乱によって、IT 部門で使用されているサービスの価値が注目されるようになっています。その中でも、企業ネットワーク・インフラの展開と維持に使用されるサービスが特に注目されています。インフラには、メタル線およびファイバー・ケーブルが含まれます。インフラはネットワークの基盤と言えます。本書では、ケーブル認証によって得られる特定の利益や、ネットワーク・オーナーが得る利益の量について特定します。

 

外部リソース:

Open DeviceNet Vendors Association
世界の主要なオートメーション企業から構成される、国際的な団体。ODVA の使命は、産業用オートメーションにおけるオープンで相互運用可能な情報および通信技術を推進することです。

 

製品ソリューション: 

DSX CableAnalyzer™ シリーズ
メタル LAN 配線の認証試験に関する過程のあらゆる手順を迅速化するケーブルテスター
CertiFiber® Pro 光損失測定試験セット
メタル LAN 配線の認証試験に関する過程のあらゆる手順を迅速化するケーブルテスター
OptiFiber® Pro OTDR
OptiFiber Pro は、企業の光ファイバー・テスト向けにゼロから開発された初の OTDR です。OptiFiber Pro は、生産性を高め、ネットワークの信頼性を向上させながら、コストを削減することに重点を置いて設計されています。
FI-7000 FiberInspector™ Pro
光ファイバー・コネクター端面を 1 秒で自動合否判定
LinkWare™ Live - メタル/光ファイバー・ケーブル試験および認証管理サービス
LinkWare Live は、いつでも、どこでも、誰とでも、あらゆるデバイスで認証ジョブを管理できるクラウドベース・サービスです。

 

 
 
 
Powered By OneLink