技術情報|www.flukenetworks.com/jp

技術情報

ケーブル設置プロセスとケーブル設置の効率と品質を向上するためにケーブル敷設業者が使用するツールについて学べます。

カテゴリー 8 ケーブルおよび関連するすべての規格が承認されました。本文では、将来のIEEE 25GBASE-T および 40GBASE-T アプリケーションをサポートするように設計された最新のツイスト・ペア・メタル配線システムに関する最も一般的な質問について説明します。

2 GHz の特性を持ち、30 m、2 コネクターのチャンネルに対応しています。カテゴリー 8 は、データセンター・アプリケーションとして設計されています。これは、新しく登場する 25 Gb/s および 40 Gb/s の速度が存在するメタル配線によるサーバー間接続でデータセンター・エッジ・アプリケーションを対象としています。

データ・センターはあらゆる企業ネットワークの中心として、すべての情報の送信、アクセス、保管を可能にします。企業のローカル・エリア・ネットワーク(LAN)はケーブル配線によりスイッチ、サーバー、ストレージ・エリア・ネットワーク(SAN)、およびすべてのアプリケーション、トランザクション、通信をサポートするその他のアクティブな機器に接続されます。LANもまたケーブル配線により、インターネットや同じ施設外の他のネットワークへのアクセスを提供するサービスプロバイダーネットワークに接続されます。

今日の営業活動に不可欠なネットワークにおいてよく見られる光ファイバーの汚染物質について学び、ネットワーク・パフォーマンスを確保するためのファイバー試験やファイバー・テスターの種類について詳しく見ます。

VoIP 電話やセキュリティ・カメラなど、さまざまな機器に電力を供給するために、ここ数年間、パワー・オーバー・イーサネット (PoE) に対応したケーブル配線システムが展開されています。これまでは最大 30 W への対応が要求されていましたが、現在は、最新の 802.11ac Wi-Fi アクセス・ポイントやデジタル表示、そしてデスクトップ・コンピューターも高電力レベルの PoE を活用できるようになったため、顧客は、これらの多様な機器に電力を供給できる 4 ペア PoE を求め始めています。この記事では、規格案、配線要件、LP ケーブル配線認定、および現場で成端されたプラグの 4 つの PoE 関連トピックに関する最新情報を提供します。

マルチファイバー・プッシュオン(MPO)コネクターとは、複数の光ファイバーで構成されるファイバー・コネクターのことをいいます。MPO コネクターは、2 本以上のファイバーを持つアレイ・コネクターと定義されるものの、データセンターや LAN アプリケーション用に 8 芯、12 芯、または 24 芯が一般的です。他にも 32 芯、48 芯、60 芯、72 芯のファイバーもありますが、これらは通常、大規模な光スイッチ内の特殊な超高密度マルチファイバー・アレイで使われます。

ケーブル試験(Cat 5、Cat 6、Cat 7 試験)は、設置されたケーブル・リンクがデータ通信をサポートするための望ましい伝送性能を提供できるようにします。データコム・ケーブリング向けの一般的な試験やケーブル・テスターに加え、規格および成功事例を学べます。

OTDR 技術に加え、ファイバー・インフラのパフォーマンスを維持するために使用される OTDR テストや OTDR テスターの種類について学べます。

現在、ツイストペア・ケーブルを使用した 10 ギガビット/秒のイーサネット(10GBASE-T)がデータセンターに実装されています。10 ギガビット/秒のケーブ認証、規格、テスト・パラメータなどを詳しくご紹介します。

 

 
 
Powered By OneLink