技術情報|www.flukenetworks.com/jp

技術情報

ケーブル設置プロセスとケーブル設置の効率と品質を向上するためにケーブル敷設業者が使用するツールについて学べます。

ケーブル試験(Cat 5、Cat 6、Cat 7 試験)は、設置されたケーブル・リンクがデータ通信をサポートするための望ましい伝送性能を提供できるようにします。データコム・ケーブリング向けの一般的な試験やケーブル・テスターに加え、規格および成功事例を学べます。

Category 8 cabling and all the related standards have been approved.Below, we review the most common questions related to the latest twisted-pair copper system designed to support future IEEE 25GBASE-T and 40GBASE-T applications.

Characterized to 2 GHz and specified for 30-meter, 2-connector channels, Category 8 is intended as a data center application.It is specifically targeted for data center edge applications in copper server-to-switch connections where the emerging 25 and 40 Gb/s speeds will reside.

今日の営業活動に不可欠なネットワークにおいてよく見られる光ファイバーの汚染物質について学び、ネットワーク・パフォーマンスを確保するためのファイバー試験やファイバー・テスターの種類について詳しく見ます。

Multi-fiber push on connectors, or MPOs for short, are fiber connectors comprised of multiple optical fibers.While defined as an array connector having more than 2 fibers, MPOs are typically available with 8, 12 or 24 fibers for common data center and LAN applications.Other fiber counts are available such as 32, 48, 60 or even 72 fibers, but these are typically used for specialty super high-density multi-fiber arrays in large scale optical switches.

OTDR 技術に加え、ファイバー・インフラのパフォーマンスを維持するために使用される OTDR テストや OTDR テスターの種類について学べます。

Today, 10 Gigabit/sec Ethernet (10GBASE-T) over twisted pair cabling is being implemented in data centers.Learn more about 10 Gigabit/sec cabling certification, standards, test parameters and more.

 

 
 
Powered By OneLink