OptiFiber® Pro OTDR Fiber Optic Cable Testing Tool | Fluke Networks

OptiFiber® Pro OTDR ファミリー

フルーク・ネットワークスの OptiFiber® Pro シリーズ OTDR を使用することで、経験の有無に関わらず、誰でも迅速に作業を完了できます。データ・センター、PON、屋外設備などのアプリケーションに対応した自動トレース解析および自動設定。高度な機能には、エキスパート手動モード、ピンチ/ズームによる詳細なトレース解析、双方向テストの SmartLoop などが含まれます。Versiv のメタル線および光ファイバー損失テスト/認証モジュールをサポート。

  • 複数の波長(850、1300、1310,1490、1550、1625 nm)で、LAN、データ・センター、PON、FTTx、屋外設備などのアプリケーションに対応。
  • 光ファイバーの特性を感知し、測定パラメータを設定する自動セットアップ
  • 自動設定を調節して、詳細なテストを簡単に行えるエキスパート手動モード。
  • コネクター、スプライス、曲げ、スプリッターなどのイベントを自動識別する EventMap
  • ジェスチャー操作に基づくインターフェースにより、迅速かつ詳細なトレース解析が可能。
  • SmartLoop™ OTDR 技術により、1 回の操作で 2 本の光ファイバー・テストが行えるため、双方向テストを実施するためにリンク遠端まで移動する必要がなくなります。
  • 双方向テスト結果を瞬時に平均化する機能を標準搭載
  • LinkWare™ Live と統合して、あらゆるスマート・デバイスからジョブおよびテスターを管理できます。
  • 将来を見据えた VersivTM 設計で、カテゴリー 8 のメタル配線認証、光ファイバー損失測定および端面検査に対応します。

認定レンタル・パートナーの一覧

OptiFiber® Pro OTDR のお客様の声をご紹介します。

製品の選択ガイド
デモ機のお貸出し
ビデオを見る
設備投資における税制優遇制度の証明書発行に関して
担当者に相談 ご購入について
 

概要

企業、データ・センター、屋外通信設備、および PON 光ファイバー向け

光ファイバー・ネットワークの進化にともない、多くの場所でテストが必要になってきています現在 OTDR が必要とされる環境:

  • FTTx
  • エンタープライズ
  • OSP
  • PON
  • POLAN

 

光ファイバーのトラブルシューティングで使用される OTDR の多くは、通信事業者向けに設計されており、使いにくい複雑な機能を備えています。OptiFiber Pro OTDR ファミリーは、企業環境および OSP 環境で働く企業ネットワーク・エンジニアとケーブル敷設業者を考慮し、多くの機能と有用性を備えた初めての OTDR です。

 

特長

OptiFiber Pro および OptiFiber Pro HDR OTDR の比較
OptiFiber Pro シリーズ OTDR
OptiFiber_ProOptiFiber Pro HDR
シリーズのモデルOFP2-100-M (850, 1300 nm)
OFP2-100-S (1310, 1550 nm)
OFP2-100-Q (850, 1300, 1310, 1550 nm)
OFP2-200-S (1310, 1550 nm)
OFP2-200-S1490 (1310, 1490, 1550 nm)
OFP2-200-S1625 (1310, 1550, 1625 nm)
アプリケーションエンタープライズ、データセンター、キャンパスFTTx、屋外通信設備、PON、POLAN、アクセス回線
波長850 nm
1300 nm
1310 nm
1550 nm
1310 nm
1490 nm
1550 nm
1625 nm
互換性のあるファイバーのタイプ50/125 µm、62.5 µm、シングルモード シングルモード
OTDR ポート・コネクタークリーニング可能な UPC フェルール、着脱式 SC アダプター付き クリーニング可能な APC フェルール、着脱式 SC アダプター付き
付属テスト・コード LC システムのテスト用入射側試験ファイバー SCAPC システムのテスト用 2m TRC
OTDR タイプ自動、データセンター、手動 自動、自動 PON、手動、手動 PON
イベント・デッド・ゾーン850 nm:0.5 m (代表値)、
1300 nm:0.7 m (代表値)、
1310 nm:0.6 m (代表値)、
1550 nm:0.6 m (代表値)
1310 nm:0.7 m (代表値)、
1490 nm:0.7 m (代表値)、
1550 nm:0.7 m (代表値)、
1625 nm:0.7 m (代表値)
減衰デッド・ゾーン 850 nm:2.5 m (代表値)、
1300 nm:4.5 m (代表値)、
1310 nm:3.6 m (代表値)、
1550 nm:3.7 m (代表値)
1310 nm:4 m (代表値)、
1490 nm:4 m (代表値)、
1550 nm:4 m (代表値)、
1625 nm:4 m (代表値)
PON デッド・ゾーンなし 30 m (代表値)
ダイナミック・レンジ850 nm:28 dB (代表値)
1300 nm:30 dB (代表値)
1310 nm:32 dB (代表値)
1550 nm:30 dB (代表値)
1310 nm:42 dB (代表値)
1490 nm:41 dB (代表値)
1550 nm:41 dB (代表値)
1625 nm:40 dB (代表値)
反射率範囲850 nm:-14 dB~-57 dB (代表値)、
1300 nm:-14 dB~-62 dB (代表値)、
1310 nm:-14 dB~-65 dB (代表値)、
1550 nm:-14 ~ -65 dB (代表値)
1310 nm:-14 dB~-70 dB (代表値)、
1490 nm:-14 dB~70 dB (代表値)、
1550 nm:-14 dB~-70 dB (代表値)、
1625 nm:-14 ~ -70 dB (代表値)
サンプリング分解能64,000 個まで 129,000 個まで
エキスパート手動モードはい はい
SmartLoop はい はい
マクロベンド検出機能搭載はい はい
スパン機能のサポート2019 年初めに発売開始
イベントの編集と追加2019 年初めに発売開始
VFLはい はい
柔軟性の高い効率的な独自認証

OTDR の価値を最大限に高めるには、日々の業務における的確な利用が重要です。ProjX 管理システムを搭載した OptiFiber Pro を使用すれば、プロジェクト・マネージャーは、各ユーザーの役割、設定、実施する関連タスクを定義できます。つまり、OTDR を、プランニング、検査、認証、レポート作成の諸機能を備えたオール・イン・ワン・タイプのファイバー・テスト・ツールに変えます。

長所:

  • 強力な ProjX 管理システムにより、オペレーターごとに割り当てられた業務を明確化し、 OTDR 利用の共有化を促進
  • 作業の進捗を合否結果または記録用の結果により簡単に確認
  • 内蔵可視光源 (VFL) でトラブルシューティングを円滑化
  • 操作画面でのレポート生成と LinkWare™ アプリケーションへのアップロード
  • 内蔵の Wi-Fi 機能を使って、LinkWare™ Live に結果を簡単にアップロード
スマートフォン感覚のユーザー・インターフェース

たいていの OTDR は過剰なほど多くの使い方を想定して設計されており、ユーザー・インターフェースが複雑で測定結果の解釈にも時間がかかります。 OptiFiber Pro では、最新の 「ジェスチャーベース」 インターフェース・テクノロジーを静電容量方式のタッチ・スクリーンと組み合わせて、これまでにないほど革新的でユーザー・フレンドリーな OTDRに仕上げています。

長所:

  • シングルタッチのタップ (画面を軽くたたく) およびスワイプ (画面を指で掃く) 操作で、メニュー項目を選択およびスクロール
  • 光ファイバー・トレースのグラフィック表示では、マルチタッチのピンチ (2本の指で画面をつまむように動かす) 操作によるズーム機能で簡単に拡大表示
  • 作業目的に焦点を当てたインターフェース設計により、画面の切り替え回数を削減
  • 静電容量方式のタッチ・スクリーンにより、従来のようなタッチ・ポイントの再校正が不要
  • 画面上ですぐに表示できるヘルプによる詳細情報や問題解決のための推奨例を画面表示

データセンターでさまざまな作業を完了

サーバーの仮想化、さらにはサーバー、ネットワーク、ストレージ間のマルチ・ギガビット・リンクの導入が進む中、データ・センターの構築では、大量のパッチ・コードが使用され、接続されるコネクター数もますます高密度となり、デッド・ゾーンの大きな通信事業者向けOTDRの使用では非効率なものとなります。 OptiFiber Pro は、データ・センターへの光ファイバーの迅速な導入を可能にするばかりか、問題の迅速な解決に当たり、最高レベルの確度を提供します。

シンプルなワンタッチ選択で、ユーザーは、DataCenter OTDR モードを選択できます。そのため従来の OTDR とは違い、詳細な設定のためのセットアップ時間は必要ありません。DataCenter OTDR モードでは、短いリンクや多数のコネクターに左右されることなく、エンド (端) 検出アルゴリズムやパルス幅などのOTDR パラメーターが自動的に検出・設定されます。

長所:

  • イベントおよび減衰のデッド・ゾーンが非常に短いため、光ファイバー・リンク上のイベントや障害の正確な特定が可能
  • DataCenter OTDR™ モードでは、設定パラメーターを自動設定し、データ・センターの光ファイバーをすばやく検査
  • EventMap 機能の光ファイバー・イベント表示により、トレース解析の専門知識が不要

SmartLoop OTDR

SmartLoop OTDR を使用すると、規格要件を満たしながら、2 本のファイバーの自動テストと自動解析を 1 度の操作で行うことができます。この特許取得済みプロセスでは、2 本のファイバーの合否解析、表示、レポート作成が自動的に個別に行われます。これによってテスト時間が少なくとも半分に短縮され、OTDR を遠端に移動させることなく、双方向テスト結果の平均値を即座に得ることができます。さらに業務が迅速化されるだけでなく、SmartLoop OTDR によって、OTDR を遠端に移動する必要性がなくなったため、遠端まで行きづらい、あるいは、危険な環境下にあるようなテストをさらに容易かつ速やかに実施できます。素早く完了できるだけでなく、SmartLoop はランチ・ファイバーとテール・ファイバーの取り外すことなく双方向テストを実施することで規格要件に適合するテストを可能にします。

SmartLoop(すべての OptiFiber Pro モジュールで、無料提供しています)を使用することで、正確なテストを迅速に実施できます。

OptiFiber Pro の SmartLoop 技術によって、2 本のファイバーを 1 度の操作でテストでき、個別の合否結果、各ファイバー・リンクの双方向テスト結果の平均値を確認できます。

他に類を見ないフレキシブルで効率の良い認証試験

OTDR の価値を最大限に高めるには、日々の業務における的確な利用が重要です。プロジェクト管理機能を備えた OptiFiber Proを使用すれば、プロジェクト管理者はそれぞれの利用者の役割、設定、実施する関連作業をユーザーごとに定義できます。このため、OptiFIber Pro OTDR は、計画、検査、認証、レポート作成機能を備えたオール・イン・ワン・タイプの光ファイバー・テスト・ツールといえます。

OptiFiber Proでは、作業効率の向上のため、作業計画担当者が作業者名と作業のプロファイルをプロジェクトごとに作成・管理できるようになっています。つまり、決められた作業や一連のケーブル IDを特定の作業者に割り振ることができます。 また各プロジェクトの進捗とステータスも簡単に確認できます。

長所:

  • 必要なOTDR 機能一式をすべて搭載、作業者ごとの業務割り当てに基づいて光ファイバー配線の性能を認証試験
  • 強力なプロジェクト管理機能により、作業者ごとの業務割り当てを明確化してOTDR 利用の共有化を促進
  • 作業の進捗を合否の結果とともに簡単に確認可能
  • 操作画面でのレポート生成と LinkWare™ アプリケーションへのアップロード

新しい高ダイナミック・レンジと波長

OptiFiber Pro HDR は、最大 42 dB のダイナミック・レンジを実現し、屋外通信設備/FTTx/PON のテスト要件を満たすために新しい波長が追加されています。要件に応じて、3 つの波長の組み合わせを利用できます。

  • 1310/1550 nm
  • 1310/1490/1550 nm
  • 1310/1550/1625 nm
スプリッターの検出

OptiFiber Pro HDR は、スプリッターを介した FTTx/PON テスト向けに最適化されています。現在最も一般的なスプリッターは 1x16 と 1x32 ですが、OptiFiber Pro HDR は、nx128 スプリッターにも対応しているため将来も使用できます。内蔵の検出機能により、スプリッターの位置と分岐比が自動的に特定されます。セットアップで最多 3 個のカスケード式スプリッターを構成できます。

OptiFiber Pro HDR は、自動 PON OTDR と手動 PON OTDR の 2 つの PON テスト構成を提供します。

  • 自動 PON OTDR - 設定がテスターによって自動的に選択され、OSP(屋外通信設備)配線で発生したイベントをわかりやすく表示します。テスターは自動的に検出機能を使用して、スプリッターを識別します。このモードは最も使いやすく、ほとんどのアプリケーションに適しています。
  • 手動 PON OTDR - このモードでは、自分で設定を選択してトレースのパラメーターを制御できます。また、リンクに接続されたスプリッターの既知の分岐比を入力したり、検出機能を使用してスプリッターの位値や分岐比を特定することもできます。

マクロベンド検出機能搭載

鋭い角などで光ファイバー・ケーブルが曲がると、ファイバーのコアから光が漏れます。このマクロベンドは、機械的または光学的障害を引き起こす危険性があります。OptiFiber Pro は、複数の波長でイベントの損失を比較して、曲げとその位置を自動的に特定します。

マクロベンド検出機能搭載

エキスパート手動モード

自動 OTDR モードの設定で開始し、エキスパート手動モードでさまざまな設定を素早く試して、知りたい詳細情報を明らかにします。

  • 使いやすい手動設定 - トレース画面で、さまざまな設定を簡単に試すこができます
  • 範囲、パルス幅、平均化時間、および波長の変更
  • 保存する前に設定を試すことができます

エキスパート手動モード

光ファイバー端面検査と認証

OptiFiber Pro には、ポート内部やパッチ・コードのファイバー端面をすばやく検査して認証できる FiberInspector Pro ビデオ検査システムが組み込まれています。IEC 61300-3-35 に準拠した自動合否判定認証を 1 秒で行えます。主観的な判断をなくし、誰でも専門的な光ファイバー検査を実施できます。結果は、OptiFiber Pro の OTDR の結果とともに、認証レポートに保存できます。

イベントの編集

光ファイバー配線をテストまたは認証する場合、実際のリンクを反映したテスト結果を得る必要があります。OTDR は、リンク内の実際のイベントを誤認したり、すべてのイベントを検出しないことがあります。イベント編集機能を使うと、次のイベントの編集、追加、削除を行えます。

  • イベントの変更:APC コネクター、スプライス、または損失イベント
  • ノイズによってスプライスを検出できない場合や、スプライス損失が最小検出閾値よりも低い場合に、指定位置に 0dB イベントとしてスプライスを挿入できます
  • イベントが変更されると、変更を反映してリンクの合否状態が更新されます
  • APC コネクターは、スプライスと同様に無反射であるため、スプライスとして認識されることがあります。スプライスの損失バジェットは APC コネクターの損失バジェットよりも小さいため、問題を引き起こす可能性があります。スプライスを編集して APC コネクターに変更することで、リンクの損失バジェットが正確に算出されます。
  • レポートでは編集したイベントに印が付けられるため、編集済みであることを容易に識別できます
イベントの編集
リンクの一部を測定

光ファイバー配線(特に屋外設備アプリケーション)のテストにおいて、配線の一部の区間のみが対象となることがあります。たとえば、長い幹線ケーブルの短い区間を是正している場合、スパン機能を使うと、対象区間の開始点と終了点を設定して、是正区間のみを OTDR で解析できます。

  • テスト対象の光ファイバー区間の合否格解析を実行できます。
  • 合否解析は測定区間で発生したイベントについてのみ生成されます。
  • 測定範囲外のイベントは、参考目的でのみ評価されます。

イベントの編集

LinkWare PC

LinkWare™ PC 管理ソフトウェア

幅広いユーザー層に実績のある多機能ケーブル・テスト管理ソフトウェア LinkWare を活用すれば、OptiFiber Pro ユーザーは使いやすいプロジェクト管理、レポート生成、ソフトウェア・アップグレード機能を簡単に利用することができるため、効率よく作業工程を管理し、検査結果を統合化することができます。

LinkWare PC

LinkWare PC によるスタック(重ね表示)可能な結果とトレースのバッチ処理

LinkWare PC を使うとトレースのバッチ処理を行えるため、同時に多くのトレースを素早く簡単に編集できます。トレースをスタッキングすることで、幹線内の素線など、複数の同一ファイバーの違いを視覚的に特定できます。LinkWare PC は、複数のトレースを分離して、オーバーレイおよびスタックするため、グラフに違いが分かりやすく表示されます。

LinkWare™ Live テスト結果管理サービス

LinkWare Live は、いつでも、どこでも、誰とでも、あらゆるデバイスで認証ジョブを管理できるクラウドベース・サービスです。LinkWare Live では、以下を行えます。

  • 全ての作業の全てのテストを把握お使いのスマート・デバイスから、全てのプロジェクトの概要を取得し、各テストにドリルダウンすることができます。誤ったテスト設定やケーブル ID の通知を即座に受け取ることができます。
  • 最初から正しい設定でお使いの PC やタブレットからケーブル ID とテスト設定を定義し、作業現場にあるテスターや Brother 製プリンターに送信して、間違いのないテストおよびラベリングを行えます。
  • テスターを常に最新の状態に保てます。予告なく標準が変わることがあるため、古いテスト・レポートは、何時間にものぼる再テストを意味することになります。LinkWare ライブ はテスターを自動的に最新状態に維持します。
  • テスターを持ち帰る無駄な時間と労力を節約しましょう。内蔵の Wi-Fi 機能を使って、ジョブサイトからテスト結果を LinkWare Live に直接アップロードできます。LinkWare PC を使用して適切なジョブ用にそれをダウンロードして、迅速にレポートを作成できます。
  • プロジェクトの遅れを回避しましょう。最後にテスターを使用した場所を追跡し、状態をモニターして、テスターが常にキャリブレーション済みで最新ファームウェアが実行されるようにします。*
  • Versiv の全モデルをサポート:DSX ケーブルアナライザー・シリーズ、CertiFiber Pro、OptiFiber Pro、FI-7000。

*サポート対象国をご覧ください。

St. Peter Hospital の LinkWare Live テスト結果ダッシュボード画面    LinkWare Live テスト結果ダッシュボード画面

その他の主な機能

企業向けの極めて短いイベント・デッド・ゾーンと減衰デッド・ゾーン
OptiFiber Pro は、洗練された最高の光ファイバー・テクノロジーを駆使して、どの OTDRよりも短いイベント・デッド・ゾーン (0.5 m - MM の代表値) および減衰デッド・ゾーン (2.2 m - MM の代表値、3.6 m - SM の代表値) を実現しています。 この先進の技術により、OptiFiber Proは、他の OTDR では測定できない、狭い間隔でコネクターが多数存在する今日のデータ・センターやストレージ・エリア環境においても、障害を素早く、正確に検知・測定が可能です。

1 波長あたり 2 秒トレース
データの取得速度も OptiFiber Proの画期的な特長です。 クイック・テスト・モードでは、一連のデータを1 波長あたりわずか 2 秒で収集します。OptiFiber Pro は、その後、データを解析し、EventMap 、一覧表またはトレース画面として表示します。 その結果、テストにかかる時間は短縮され、他の作業により多くの時間をかけることができます。

オンスクリーン・ヘルプ – 適切な是正処置をアドバイス
オンスクリーン 「ヘルプ」 により、光ファイバー問題解決のための是正処置が、各テスト段階中に提示されます。表示されるこのような「ヘルプ」はコンテキスト依存、すなわち表示中の画面内容に最も関連する可能性のある解決策を速やかに表示します。推奨是正処置の詳細は画面左下隅のグレーのアイコン (”?” マーク) に表示されます。

 

モデル名およびアクセサリー

 
モデル名
製品名 詳細
OFP2-100-M

OptiFiber Pro マルチモード OTDR キット。
このキットには、Versiv 2 メインフレーム×1、OptiFiber Pro マルチモード OTDR モジュール×1、ショルダー・ストラップ、キャリング・ケース、USB インターフェース・ケーブル、Versiv オープン・ソース・ソフトウェア CD、AC 充電器、Wi-Fi 機能内蔵、校正証明書、および入門ガイドが含まれています。写真参照

OFP2-100-Mゴールド・サポート:
GLD-OFP-100-MOFP2-100-M、OFP2-100-M-NW、OFP-100-M-W、または OFP-100-M の 1 年間ゴールド・サポート
GLD3-OFP-100-MOFP2-100-M、OFP2-100-M-NW、OFP-100-M-W、または OFP-100-M の 3 年間ゴールド・サポート
OFP2-100-M-NW
OFP2-100-M と同じ構成(内蔵の Wi-Fi 機能は無効化されています)。
OFP2-100-M-NWゴールド・サポート:
GLD-OFP-100-MOFP2-100-M、OFP2-100-M-NW、OFP-100-M-W、または OFP-100-M の 1 年間ゴールド・サポート
GLD3-OFP-100-MOFP2-100-M、OFP2-100-M-NW、OFP-100-M-W、または OFP-100-M の 3 年間ゴールド・サポート
OptiFiber PRO モデル
OptiFiber Pro モデルには次の 2 つのバージョンがあります。2 つのバージョンでご利用いただけます。無線バージョンには、LinkWare Live に結果をアップロードするための Wi-Fi 機能が内蔵されています。Wi-Fi が必要ではないお客様向けに、有線バージョンでは内蔵の Wi-Fi 機能は無効化されています。
OFP2-100-MI

OptiFiber Pro マルチモード OTDR V2 キット、端面検査および Wi-Fi 機能付き。このキットには、Versiv 2 メインフレーム×1、OptiFiber Pro マルチモード OTDR モジュール×1、ショルダー・ストラップ、USB インターフェース・ケーブル、キャリング・ケース、Versiv オープン・ソース・ソフトウェア CD、AC 充電器、Quick Clean クリーナー (1.25/2.50 mm)×2、SC/LC マルチモード入射側試験ケーブル(50µm)×2、OTDR ソース・ポート交換型 LC アダプター×1、USB 光ファイバー端面検査ビデオ・プローブ (チップ 4 個付き)、SC/SC シンプレックス・アダプター、マグネット付き入射側試験ファイバー・ハンギング・ストラップ×2、Wi-Fi 機能内蔵、校正証明書、および入門ガイドが含まれています。写真参照

OFP2-100-MIゴールド・サポート:
GLD-OFP-100-MIOFP2-100-MI、OFP-100-MI-W、または OFP-100-MI の 1 年間ゴールド・サポート
GLD3-OFP-100-MIOFP2-100-MI、OFP-100-MI-W、または OFP-100-MI の 3 年間ゴールド・サポート
OFP2-100-S

OptiFiber Pro シングルモード OTDR V2 キット、Wi-Fi 付き。このキットには、 Versiv 2 メインフレーム×1、OptiFiber Pro シングモード OTDR モジュール×1、ショルダー・ストラップ、USB インターフェース・ケーブル、キャリング・ケース、Versiv オープン・ソース・ソフトウェア CD、AC 充電器、Wi-Fi 機能内蔵、校正証明書、および入門ガイドが含まれています。写真参照

OFP2-100-Sゴールド・サポート:
GLD-OFP-100-SOFP2-100-S、OFP2-100-S-NW、OFP-100-S-W、または OFP-100-S の 1 年間ゴールド・サポート
GLD3-OFP-100-SOFP2-100-S、OFP2-100-S-NW、OFP-100-S-W、または OFP-100-S の 3 年間ゴールド・サポート
OFP2-100-S-NW
OFP2-100-S と同じ構成(内蔵の Wi-Fi 機能は無効化されています)。
OFP2-100-S-NWゴールド・サポート:
GLD-OFP-100-SOFP2-100-S、OFP2-100-S-NW、OFP-100-S-W、または OFP-100-S の 1 年間ゴールド・サポート
GLD3-OFP-100-SOFP2-100-S、OFP2-100-S-NW、OFP-100-S-W、または OFP-100-S の 3 年間ゴールド・サポート
OFP2-100-SI

OptiFiber Pro シングルモード OTDR V2 キット、検査および Wi-Fi 付き。このキットには、Versiv 2 メインフレーム×1、OptiFiber Pro シングルモード OTDR モジュール×1、ショルダー・ストラップ、USB インターフェース・ケーブル、キャリング・ケース、Versiv オープン・ソース・ソフトウェア CD、AC 充電器、Quick Clean クリーナー (1.25/2.50 mm)×2、SC/LC シングルモード入射側試験ケーブル(50µm)×2、OTDR 光源ポート交換用 LC アダプター×1、USB ファイバー端面検査ビデオ・プローブ (チップ 4 個付き)、SC/SC シンプレックス・アダプター、マグネット付き入射側試験ファイバー・ハンギング・ストラップ×2、Wi-Fi 機能内蔵、校正証明書、および入門ガイドが含まれています。写真参照

OFP2-100-SIゴールド・サポート:
GLD-OFP-100-SIOFP2-100-SI、OFP-100-SI-W、または OFP-100-SI の 1 年間ゴールド・サポート
GLD3-OFP-100-SIOFP2-100-SI、OFP-100-SI-W、または OFP-100-SI の 3 年間ゴールド・サポート
OFP2-100-Q

OptiFiber Pro 4 波長 OTDR V2 キット、Wi-Fi 付き。このキットには、 Versiv 2 メインフレーム×1、OptiFiber Pro Quad OTDR モジュール×1、ショルダー・ストラップ、キャリング・ケース、USB インターフェース・ケーブル、キャリング・ケース、Versiv オープン・ソース・ソフトウェア CD、AC 充電器、Wi-Fi 機能内蔵、校正証明書、および入門ガイドが含まれています。写真参照

OFP2-100-Qゴールド・サポート:
GLD-OFP-100-QOFP2-100-Q、OFP2-100-Q-NW、OFP-100-Q-W、または OFP-100-Q の 1 年間ゴールド・サポート
GLD3-OFP-100-QOFP2-100-Q、OFP2-100-Q-NW、OFP-100-Q-W、または OFP-100-Q の 3 年間ゴールド・サポート
OFP2-100-Q-NW
OFP2-100-Q と同じ構成(内蔵の Wi-Fi 機能は無効化されています)。
OFP2-100-Q-NWゴールド・サポート:
GLD-OFP-100-QOFP2-100-Q、OFP2-100-Q-NW、OFP-100-Q-W、または OFP-100-Q の 1 年間ゴールド・サポート
GLD3-OFP-100-QOFP2-100-Q、OFP2-100-Q-NW、OFP-100-Q-W、または OFP-100-Q の 3 年間ゴールド・サポート
OFP2-100-Q/GLD

1 年間のゴールド・サポート付きOFP2-100-Q(米国およびヨーロッパでのみ販売。ヨーロッパでの注文:OFP2-100Q/GLD INT)。

OFP2-100-QI
OptiFiber Pro 4 波長 OTDR V2 キット、検査および Wi-Fi 付き。このキットには、Versiv 2 メインフレーム×1、OptiFiber Pro 4波長 OTDR モジュール×1、ショルダー・ストラップ、キャリング・ケース、USB インターフェース・ケーブル、Versiv オープン・ソース・ソフトウェア CD、AC 充電器、Quick Clean クリーナー (1.25/2.50 mm)×2、SC/LC マルチモード入射側試験ケーブル(50µm)×2、SC/LC シングルモード入射側試験ケーブル(9µm)×2、OTDR 光源ポート交換用 LC アダプター×2、USB ファイバー端面検査ビデオ・プローブ (チップ 4 個付き)、SC/SC シンプレックス・アダプター、マグネット付き入射側試験ファイバー・ハンギング・ストラップ×2、Wi-Fi 機能内蔵、校正証明書、および入門ガイドが含まれています。写真参照

OFP2-100-QIゴールド・サポート:
GLD-OFP-100-QIOFP2-100-QI、OFP-100-QI-W、または OFP-100-Q の 1 年間ゴールド・サポート
GLD3-OFP-100-QIOFP2-100-QI、OFP-100-QI-W、または OFP-100-Q の 3 年間ゴールド・サポート
OFP2-100-QI/GLD

1 年間のゴールド・サポート付きOFP2-100-QI(米国およびヨーロッパでのみ販売。ヨーロッパでの注文:OFP2-100QI/GLD INT)。

OFP2-CFP-QI

OptiFiber Pro 4 波長 OTDR および CertiFiber Pro 4 波長 V2 キット、検査および Wi-Fi 付き。このキットには、Versiv 2 メインフレームおよびリモート一式×1、OptiFiber Pro 4波長 OTDR モジュール×1、CertiFiber Pro 4波長 光損失測定モジュール×2、ハンドストラップ×2、ショルダー・ストラップ×2、USB インターフェース・ケーブル、キャリング・ケース、Versiv オープン・ソース・ソフトウェア CD、AC 充電器×2、Quick Clean クリーナー (1.25/2.50 mm)×2、SC/LC マルチモード入射側試験ケーブル(50µm)×2、SC/LC シングルモード入射側試験ケーブル(9µm)×2、OTDR 光源ポート交換用 LC アダプター×2、USB ファイバー端面検査ビデオ・プローブ (チップ 4 個付き)、SC/SC シンプレックス・アダプター、LC/LC シンプレックス・アダプター×2、SC/LC SM 測定コード・ キット(9 µm)、測定コード・キャリング・ケース、マグネット付き入射側試験ファイバー・ハンギング・ストラップ×2、Wi-Fi 機能内蔵、校正証明書、および入門ガイドが含まれています。写真参照

OFP2-CFP-QIゴールド・サポート:
GLD-OFP-CFP-QIOFP2-CFP-QI または OFP-CFP-QI の 1 年間ゴールド・サポート
GLD3-OFP-CFP-QIOFP2-CFP-QI または OFP-CFP-QI の 3 年間ゴールド・サポート
OFP-Q-ADD

OptiFiber Pro アドオン・キット。これには、OptiFiber Pro 4 波長 OTDR モジュール、SC/LC マルチモード・ランチ・ケーブル(50 µm)× 2、SC/LC シングルモード・ランチ・ケーブル(9 µm)× 2、OTDR ソース・ポート交換型 LC アダプター × 2、SC/SC シンプレックス・アダプター、LC/LC シンプレックス・アダプター、ランチ・ファイバー・ハンギング・キットおよびマグネット一式 × 2、キャリング・ケース、および入門ガイドが含まれます。写真参照

OFP-Q-ADD ゴールド・サポート(日本での発売未定):
GLD-OFP-Q-ADDOFP-Q-ADD の 1 年間ゴールド・サポート
GLD3-OFP-Q-ADDOFP-Q-ADD の 3 年間ゴールド・サポート
OFP2-CFP-QI-NW
OFP2-CFP-QI と同じ構成(内蔵の Wi-Fi 機能は無効化されています)。
OFP-MM

OptiFiber Pro マルチモード OTDR モジュール。写真参照

OFP-MM ゴールド・サポート:
GLD-OFP-MOD-MOptiFiber Pro マルチモード・モジュールの 1 年間ゴールド・サポート - モデル:OFP-MM
GLD3-OFP-MOD-MOptiFiber Pro マルチモード・モジュールの 3 年間ゴールド・サポート - モデル:OFP-MM
OFP-SM

OptiFiber Pro シングルモード OTDR モジュール 写真参照

OFP-SM ゴールド・サポート:
GLD-OFP-MOD-SOptiFiber Pro シングルモード・モジュールの 1 年間ゴールド・サポート - モデル:OFP-SM
GLD3-OFP-MOD-SOptiFiber Pro シングルモード・モジュールの 3 年間ゴールド・サポート - モデル:OFP-SM
OFP-QUAD

OptiFiber Pro 4 波長 OTDR モジュール 写真参照

OFP-QUAD ゴールド・サポート:
GLD-OFP-MOD-QOptiFiber Pro 4 波長モジュールの 1 年間ゴールド・サポート
GLD3-OFP-MOD-QOptiFiber Pro 4 波長モジュールの 3 年間ゴールド・サポート
OptiFiber Pro HDR OTDR
OFP2-200-S
OptiFiber Pro HDR シングルモード OTDR V2 キット、Wi-Fi 付き。このキットには、 Versiv 2 メインフレーム×1、OptiFiber Pro HDR シングモード OTDR モジュール(1310、1550 nm)×1、ショルダー・ストラップ、USB インターフェース・ケーブル、キャリング・ケース、Versiv オープン・ソース・ソフトウェア CD、AC 充電器、Wi-Fi 機能内蔵、校正証明書、および入門ガイドが含まれています。写真参照
OFP2-200-S-NW
OFP2-200-S と同じ構成(内蔵の Wi-Fi 機能は無効化されています)。
OFP2-200-Si
OptiFiber Pro HDR シングルモード OTDR V2 キットには、Versiv 2 メインフレーム×1、OptiFiber Pro シングルモード HDR OTDR モジュール(1310、1550 nm)×1、ショルダー・ストラップ、USB インターフェース・ケーブル、キャリング・ケース、Versiv フィールド・ケース、Versiv オープン・ソース・ソフトウェア CD、AC 充電器、Quick Clean クリーナー (2.50 mm)、SCAPC/SCAPC シングルモード入射側試験ケーブル(9µm)×2、USB ファイバー端面検査ビデオ・プローブ (チップ 4 個付き)、SCAPC/SCAPC シンプレックス・アダプター、マグネット付き入射側試験ファイバー・ハンギング・ストラップ×2、Wi-Fi 機能内蔵、校正証明書、および入門ガイドが含まれています。写真参照
OFP2-200-Si/GLD
OFP2-200-Si、1 年間のゴールド・サポート付き(米国およびヨーロッパでのみ販売。ヨーロッパでの注文:OFP2-200-SI/GLDINT)
OFP2-200-S1490
OptiFiber Pro シングルモード+1490 HDR OTDR V2 キット、Wi-Fi 機能付き。
このキットには、 Versiv 2 メインフレーム×1、OptiFiber Pro HDR シングモード+1490 OTDR モジュール(1310、1490、1550 nm)×1、ショルダー・ストラップ、USB インターフェース・ケーブル、キャリング・ケース、Versiv オープン・ソース・ソフトウェア CD、AC 充電器、Wi-Fi 機能内蔵、校正証明書、および入門ガイドが含まれています。写真参照
OFP2-200-S1490-NW
OFP2-200-S1490 と同じ構成(内蔵の Wi-Fi 機能は無効化されています)。
OFP2-200-Si14/GLD
OFP2-200-Si1490、1 年間のゴールド・サポート付き(米国およびヨーロッパでのみ販売。ヨーロッパでの注文:OFP2-200-SI1490INT)
OFP2-200-Si1490
OptiFiber Pro シングルモード+1490 HDR OTDR V2 キット、検査および Wi-Fi 付き。
このキットには、Versiv 2 メインフレーム×1、OptiFiber Pro シングルモード+ 1490 HDR OTDR モジュール(1310、1490、1550 nm)×1、ショルダー・ストラップ、USB インターフェース・ケーブル、キャリング・ケース、Versiv フィールド・ケース、Versiv オープン・ソース・ソフトウェア CD、AC 充電器、Quick Clean クリーナー (2.50 mm)、SCAPC/SCAPC シングルモード入射側試験ケーブル(9µm)×2、USB ファイバー端面検査ビデオ・プローブ (チップ 4 個付き)、SCAPC/SCAPC シンプレックス・アダプター、Wi-Fi 機能内蔵、校正証明書、および入門ガイドが含まれています。写真参照
OFP2-200-S1625
OptiFiber Pro HDR OTDR V2 キット、Wi-Fi 付き (1310、1550、1625 nm) OptiFiber Pro シングルモード + 1625 HDR OTDR V2 キット、Wi-Fi 付き。このキットには、Versiv 2 メインフレーム×1、OptiFiber Pro HDR シングモード OTDR モジュール(1310、1550、1625、 nm)×1、ショルダー・ストラップ、USB インターフェース・ケーブル、キャリング・ケース、Versiv オープン・ソース・ソフトウェア CD、AC 充電器、Wi-Fi 機能内蔵、校正証明書、および入門ガイドが含まれています。写真参照
OFP2-200-S1625-NW
OFP2-200-S1625 と同じ構成(内蔵の Wi-Fi 機能は無効化されています)。
OFP2-200-Si1625
OptiFiber Pro シングルモード+1625 HDR OTDR V2 キット、Wi-Fi 機能付き。
このキットには、Versiv 2 メインフレーム×1、OptiFiber Pro シングルモード+ 1625 HDR OTDR モジュール(1310、1550、1625 nm)×1、ショルダー・ストラップ、USB インターフェース・ケーブル、キャリング・ケース、Versiv フィールド・ケース、Versiv オープン・ソース・ソフトウェア CD、AC 充電器、Quick Clean クリーナー (2.50 mm)、SCAPC/SCAPC シングルモード入射側試験ケーブル(9µm)×2、USB ファイバー端面検査ビデオ・プローブ (チップ 4 個付き)、SCAPC/SCAPC シンプレックス・アダプター、Wi-Fi 機能内蔵、校正証明書、および入門ガイドが含まれています。写真参照
OFP-200-S-MOD
OptiFiber Pro 高ダイナミック・レンジ OTDR モジュール (1310, 1550 nm). 写真参照
OFP2-200-Si16/GLD
OFP2-200-Si1625、1 年間のゴールド・サポート付き(米国およびヨーロッパでのみ販売。ヨーロッパでの注文:OFP2-200-SI16/GINT)
OFP-200-S1490-MOD
OptiFiber Pro 高ダイナミック・レンジ + 1490 HDR OTDR モジュール (1310, 1490, 1550 nm). 写真参照
OFP-200-S1625-MOD
OptiFiber Pro 高ダイナミック・レンジ OTDR モジュール (1310, 1550, 1625 nm). 写真参照
 
アクセサリー
製品名 詳細
MMC-50-SCSC

マルチモード 50µm 入射側試験コード(105m)SC/SC 写真参照

MMC-50-SCLC

マルチモード 50µm 入射側試験コード(105m)SC/LC 写真参照

MMC-50-LCLC
マルチモード 50µm 入射側試験コード(105m)LC/LC 写真参照
MMC-50-SCST
マルチモード 50µm 入射側試験コード (105m) SC/ST 写真参照
MMC-50-SCFC
マルチモード 50µm 入射側試験コード (105m) SC/FC 写真参照
MMC-50-STST
マルチモード 50µm 入射側試験コード (105m) ST/ST 写真参照
MMC-50-FCFC
マルチモード 50µm 入射側試験コード (105m) FC/FC 写真参照
MMC-50-SCE2K

マルチモード 50µm 入射側試験コード (105m) SC/E2K 写真参照

MMC-62-SCSC
マルチモード 62.5µm 入射側試験コード(105m)SC/SC 写真参照
MMC-62-SCLC
マルチモード 62.5µm 入射側試験コード(105m)SC/LC 写真参照
MMC-62-SCST
マルチモード 62.5µm 入射側試験コード (105m) SC/ST 写真参照
MMC-62.5-LCLC
マルチモード 62.5µm 入射側試験コード(105m)LC/LC 写真参照
MMC-62-SCFC
マルチモード 62.5µm 入射側試験コード (105m) SC/FC 写真参照
MMC-62.5-STST
マルチモード 62.5µm 入射側試験コード (105m) ST/ST 写真参照
MMC-62.5-FCFC
マルチモード 62.5µm 入射側試験コード (105m) FC/FC 写真参照
SMC-9-SCSC
シングルモード 9µm 入射側試験コード(160m)SC/SC 写真参照
SMC-9-SCLC
シングルモード 9µm 入射側試験コード(160m)SC/LC 写真参照
SMC-9-LCLC
シングルモード 9µm 入射側試験コード(160m)LC/LC 写真参照
SMC-9-SCST
シングルモード 9µm 入射側試験コード(160m)SC/ST 写真参照
SMC-9-STST
シングルモード 9µm 入射側試験コード(160m)ST/ST 写真参照
SMC-9-FCFC
シングルモード 9µm 入射側試験コード(160m)FC/FC 写真参照
SMC-9-SCFC
シングルモード 9µm 入射側試験コード(160m)SC/FC 写真参照
SMC-9-SCE2KAPC
シングルモード 9µm 入射側試験コード(160m)SC/E2000 APC 写真参照
UPC/APC 入射側試験コード
SMC-9-SCFCAPC
シングルモード 9µm 入射側試験コード(160m)SC/FCAPC 写真参照
SMC-9-SCLCAPC
シングルモード 9µm 入射側試験コード(160m)SC/LCAPC 写真参照
SMC-9-SCSCAPC
シングルモード 9µm 入射側試験コード(160m)SC/SCAPC 写真参照
APC/APC 入射側試験コード
SMC-9-SCAPC/FC
シングルモード 9µm 入射側試験コード(160m)SCAPC/FCUPC
SMC-9-SCAPC/LC
シングルモード 9µm 入射側試験コード(160m)SCAPC/LCUPC
SMC-9-SCAPC/LCAPC
シングルモード 9µm 入射側試験コード(160m)SCAPC/LCAPC
SMC-9-SCAPC/SCAPC
シングルモード 9µm 入射側試験コード(160m)SCAPC/SCAPC
SMC-9-SCAPC/ST
シングルモード 9µm 入射側試験コード(160m)SCAPC/STUPC
ポート・プロテクター
SMC-9-FCAPC/FCAPC
シングルモード 9µm 入射側試験コード(160m)FCAPC/FCAPC
SMC-9-LCAPC/LCAPC
シングルモード 9µm 入射側試験コード(160m)LCAPC/LCAPC
SMC-9-SCAPC/E2KAPC
シングルモード 9µm 入射側試験コード(160m)SCAPC/E2KAPC
SMC-9-SCAPC/FCAPC
シングルモード 9µm 入射側試験コード(160m)SCAPC/FCAPC
SMC9-E2KAPC/E2KAPC
シングルモード 9µm 入射側試験コード(160m)E2KAPC/E2KAPC
MRC-50-LCLC-0.3m
OTDR ポート用マルチモード 50µm TRC 0.3m (LC/LC)
MRC-50-SCSC-0.3m
OTDR ポート用マルチモード 50µm TRC 0.3m (SC/SC)
MRC-62.5-LCLC-0.3m
OTDR ポート用マルチモード 62.5µm TRC 0.3m (LC/LC)
MRC-62.5-SCSC-0.3m
OTDR ポート用マルチモード 62.5µm TRC 0.3m (SC/SC)
SRC-9-LCLC-0.3m
OTDR ポート用シングルモード 9µm TRC 0.3m (LC/LC)
SRC-9-SCLC-0.3m
OTDR ポート用シングルモード 9µm TRC 0.3m (SC/LC)
SRC-9-SCSC-0.3m
OTDR ポート用シングルモード 9µm TRC 0.3m (SC/SC)
SRC9SCAPCLCAPC0.3m
OTDR ポート用シングルモード 9µm TRC 0.3m (SCAPC/LCAPC)
SRC9SCAPCSCAPC0.3m
OTDR ポート用シングルモード 9µm TRC 0.3m (SCAPC/SCAPC)
SRC9SCAPCSCUPC0.3m
OTDR ポート用シングルモード 9µm TRC 0.3m (SCAPC/SCUPC)
SRC-9-SCAPC/E2KAPC
SCAPC/E2KAPC テスト用シングルモード 9µm TRC (2m)
SRC-9-SCAPC/FCAPC
SCAPC/FCAPC テスト用シングルモード 9µm TRC (2m)
SRC-9-SCAPC/LCAPC
SCAPC/LCAPC テスト用シングルモード 9µm TRC (2m)
SRC-9-SCAPC/SCAPC
SCAPC/SCAPC テスト用シングルモード 9µm TRC (2m)
テスト基準コード
ADP-Duplex-LCAPC
LCAPC-LCAPC デュプレックス・アダプター
ADP-Duplex-SCAPC
SCAPC-SCAPC デュプレックス・アダプター
ADP-DuplexLC
LC-LC デュプレックス・アダプター
ADP-DuplexSC
SC-SC デュプレックス・アダプター
PA-FC
OTDR 光源ポート交換用 FC アダプター
PA-LC
OTDR ソース・ポート交換可能 LC アダプター
PA-SC
OTDR 光源ポート交換用 SC アダプター
PA-ST
OTDR 光源ポート交換用 ST アダプター
FI-1000
Versiv 製品用 FI-1000 USB ビデオ・プローブ
FI-1000 ゴールド・サポート(日本での発売未定):
GLD-FI-1000FI-1000 の 1 年間ゴールド・サポート
GLD3-FI-1000FI-1000 の 3 年間ゴールド・サポート
FI1000-SCFC-TIP

SC および FC バルクヘッド・ビデオ・プローブ・チップ。写真参照

FI1000-LC-TIP

LC バルクヘッド・ビデオ・プローブ・チップ。写真参照

FI1000-EXND-LC-TIP

拡張 LC バルクヘッド・ビデオ・プローブ・チップ。写真参照

FI1000-ST-TIP

ST バルクヘッド・ビデオ・プローブ・チップ。写真参照

FI1000-MU-TIP

MU バルクヘッド・ビデオ・プローブ・チップ。写真参照

FI1000-E2KAPC-TIP

E2000/APC バルクヘッド・ビデオ・プローブ・チップ。写真参照

FI1000-SCAPC-TIP

SC/APC バルクヘッド・ビデオ・プローブ・チップ。写真参照

FI1000-E2K-TIP

E2000 バルクヘッド・ビデオ・プローブ・チップ。写真参照

FI1000-LCAPC-TIP

LC/APC バルクヘッド・ビデオ・プローブ・チップ。写真参照

FI1000-2.5-UTIP

2.5 mm ユニバーサル・ビデオ・プローブ・チップ(パッチ・コード用)。写真参照

FI1000-1.25-UTIP
1.25 mm ユニバーサル・ビデオ・プローブ・チップ、パッチ・コード用
FI1000-2.5APC-UTIP

2.5 mm APC ユニバーサル・ビデオ・プローブ・チップ(パッチ・コード用)。写真参照

FI1000-LC-PCTIP

LC シンプレックスおよびデュプレックス・コネクター用ビデオ・プローブ・チップ。写真参照

FI1000-MPO-UTIP
パッチ・コードおよびバルクヘッド用の MPO プローブ・チップ (トランスレータ・ノブ付き)
FI1000-MPO-XY-UTIP
MPO プローブ・チップ、マルチロー・パッチ・コードおよびバルクヘッド用 (トランスレーター・ノブ付き)
FI1000-MPOAPC-UTIP

MPO/APC プローブ・チップ、パッチ・コードおよびバルクヘッド用 (トランスレーター・ノブ付き)。写真参照

FI1000-1.25APC-TIP

1.25 mm APC ユニバーサル・ビデオ・プローブ・チップ(パッチ・コード用)。写真参照

FI1000-MPOAPC-XY

MPO/APC プローブ・チップ、マルチロー・パッチ・コードおよびバルクヘッド用 (トランスレーター・ノブ付き)。写真参照

FI1000-MPOAPC-RT
MPO/MTP APC 交換チップ (トランスレーター・ノブなし)
FI1000-MPO-RT
MPO/MTP 交換チップ (トランスレーター・ノブなし)
NFC-Kit-Case-E

強化された光ファイバー・クリーニング・キット - Quick Clean 1.25 mm クリーナー、Quick Clean 2.5 mm クリーナー、Quick Clean MPO クリーナー、溶剤ペン、クリーニング・キューブ、ソフトケース 写真参照

VERSIV2-M
Versiv メイン・ユニット交換用、WiFi 付き
VERSIV2-RU
Versiv リモート・ユニット交換用
VERSIV-TSET

Versiv ヘッドセット 写真参照

VERSIV-BATTERY

Versiv バッテリー 写真参照

PWR-SPLY-30W
30W パワー・サプライ、15V、 2A(米国/日本対応アダプター付き)写真参照
PWR-SPLY-30W INTL

30W パワー・サプライ、15V、 2A(米国、欧州、オーストラリア、英国用アダプター付き) 写真参照

PWR-SPLY-30W SA/IN

30W パワー・サプライ、15V、 2A(米国、南アフリカ、インド用アダプター付き) 写真参照

PWR-SPLY-ADP
30W パワー・サプライ(欧州、オーストラリア、英国用アダプター付き)写真参照
PWR-SPLY-ADP-SA

南アフリカ、インド用アダプター(30W パワー・サプライ用) 写真参照

VERSIV-STRP

Versiv ハンド・ストラップ 写真参照

VERSIV-STND
Versiv スタンド
VERSIV-ADP-WIFI

Versiv メインフレーム用 WiFi アダプター(利用可能な国一覧)

VERSIV-CASE3

Versiv ハード・ケース 写真参照

Versiv-Field-Case
Versiv 防沫フィールド・ケース
VERSIV-LG-CASE

Versiv 大型キャリング・ケース 写真参照

VERSIV 特大ケース
Versiv 特大キャリング・ケース
VERSIV-SM-CASE

Versiv 小型キャリング・ケース。写真参照

VERSIV-BACKPK-STRP

Versiv 大型ケース用バックパック・ストラップ 写真参照

TFS-USB-CBL
USB インターフェース・ケーブル (標準 A タイプ - micro B タイプ)
 

仕様

OptiFiber Pro OTDR の主な仕様

  マルチモード・モジュール シングルモード・モジュール クアッド・モジュール
波長 850 nm ± 10 nm
1300 nm +35/-15 nm
1310 nm ± 25 nm
1550 nm ± 30 nm
850 nm ± 10 nm
1300 nm +35/-15 nm
1310 nm ± 25 nm
1550 nm ± 30 nm
互換性のあるファイバーのタイプ 50/125 µm
62.5/125 µm
シングルモード 50/125 µm
62.5/125 µm
シングルモード
イベント・デッド・ゾーン1 850 nm:0.5 m (代表値)
1300 nm:0.7 m (代表値)
1310 nm:0.6 m (代表値)
1550 nm:0.6 m (代表値)
850 nm:0.5 m (代表値)
1300 nm:0.7 m (代表値)
1310 nm:0.6 m (代表値)
1550 nm:0.6 m (代表値)
減衰デッド・ゾーン 2 850 nm:2.5 m (代表値)
1300 nm:4.5 m (代表値)
1310 nm:3.6 m (代表値)
1550 nm:3.7 m (代表値)
850 nm:2.5 m (代表値)
1300 nm:4.5 m (代表値)
1310 nm:3.6 m (代表値)
1550 nm:3.7 m (代表値)
ダイナミック・レンジ 3、5、6 850 nm:28 dB (代表値)
1300 nm:30 dB (代表値)
1310 nm:32 dB (代表値)
1550 nm:30 dB (代表値)
850 nm:28 dB (代表値)
1300 nm:30 dB (代表値)
1310 nm:32 dB (代表値)
1550 nm:30 dB (代表値)
距離範囲設定の最大値 260 km
距離範囲設定の最大値 40 km 130 km MM:40 km
SM:130 km
距離測定範囲 4、5、7、8、9、10 850 nm:9 km
1300 nm:35 km
1310 nm:80 km
1550 nm:130 km
850 nm:9 km
1300 nm:35 km
1310 nm:80 km
1550 nm:130 km
反射率範囲 4、5 850 nm:-14 ~ -57 dB (代表値)
1300 nm:-14 ~ -62 dB (代表値)
1310 nm:-14 ~ -65 dB (代表値)
1550 nm:-14 ~ -65 dB (代表値)
850 nm:-14 ~ -57 dB (代表値)
1300 nm:-14 ~ -62 dB (代表値)
1310 nm:-14 ~ -65dB (代表値)
1550 nm:-14 ~ -65 dB (代表値)
サンプル分解能 3 cm ~ 400 cm 3 cm ~ 400 cm 3 cm ~ 400 cm
パルス幅 (定格) 850 nm:3、5、20、40、200 ns
1300 nm:3、5、20、40、200、1000 ns
1310/1550 nm:3、10、30、100、300、1000、3000、10000、20000 ns 850 nm:3、5、20、40、200 ns
1300 nm:3、5、20、40、200、1000 ns
1310/1550 nm:3、10、30、100、300、1000、3000、10000、20000 ns
テスト時間(1 波長あたり) 自動設定:5 秒(代表値) 自動設定:10 秒(代表値) 自動設定:
MM – 5 秒(代表値)
SM – 10 秒(代表値)
クイック・テスト設定:
2 秒(代表値)
クイック・テスト設定:
5 秒(代表値)
クイック・テスト設定:
MM – 2 秒(代表値)
SM – 5 秒(代表値)
最高の分解能を得るための設定:
2 ~ 180 秒
最高の分解能を得るための設定:
5 ~ 180 秒
最高の分解能を得るための設定:
MM – 2 ~ 180 秒
SM – 5 ~ 180 秒
FaultMap 設定:
2 秒(代表値)、180 秒(最大値)
FaultMap 設定:
10 秒(代表値)、180 秒(最大値)
FaultMap 設定:
MM - 2 秒(代表値)、MM - 180 秒(最大値)
SM - 10 秒(代表値)、SM - 180 秒(最大値)
DataCenter OTDR 設定:
1 秒(850 nm での代表値)、7 秒(最大値)
DataCenter OTDR 設定:
20 秒(代表値)、40 秒(最大値)
DataCenter OTDR 設定:
MM – 1 秒(850 nm での代表値)、MM – 7 秒(最大値)
SM – 20 秒(代表値)、SM – 40 秒(最大値)
手動設定:
3、5、10、20、40、60、90、120、180 秒
手動設定:
3、5、10、20、40、60、90、120、180 秒
手動設定:
MM: 3、5、10、20、40、60、90、120、180 秒
SM : 3、5、10、20、40、60、90、120、180 秒

 

  1. 1.5 dB 以下の、パルス幅が最も短い不飽和状態の反射ピークで測定。マルチモードでは 40 dB 以下の反射ピーク、シングルモードでは 50 dB 以下の反射ピーク。
  2. パルス幅が最も短い後方散乱から ± 0.5 dB の偏差で測定。マルチモードでは 40 dB 以下の反射ピーク、シングルモードでは 50 dB 以下の反射ピーク。
  3. OM1 ファイバーの代表的な後方散乱係数:850:-65 dB。1300:-72 dB。
  4. OM2-OM4 ファイバーの代表的な後方散乱および減衰係数:850 nm:-68 dB、2.3 dB/km。1300 nm:-76 dB、0.6 dB/km。
  5. OS1-OS2 ファイバーの代表的な後方散乱および減衰係数:1310nm:-79 dB、0.32 dB/km。1550 nm:-82 dB、0.19 dB/km。
  6. SNR=1 方式、3 分で平均化、最大のパルス幅。
  7. 850 = 9 km (代表値)で終端を検出、または 7 km (代表値)で 0.1 dB イベントを検出(イベント前の減衰の最大値は 18 dB)。

 

OptiFiber Pro HDR の主な仕様

  シングルモード・モジュール シングルモード + 1490 nm モジュール シングルモード + 1625 nm モジュール
波長 1310 nm ± 25 nm
1550 nm ± 20 nm
1310 nm ± 25 nm
1490 nm ± 20 nm
1550 nm ± 20 nm
1310 nm ± 25 nm
1550 nm ± 20 nm
1625 nm ± 20 nm
互換性のあるファイバーのタイプ シングルモード
OTDR ポート・コネクター クリーニング可能な APC フェルール、着脱式 SC アダプター付き
イベントのデッド・ゾーン 1 0.7 m (代表値)
減衰デッドゾーン 2 4m (代表値)
PON デッド・ゾーン3 30 m (代表値)
ダイナミック・レンジ 4、5 1310 nm:42 dB (代表値
1550 nm:41 dB (代表値)
1310 nm:42 dB (代表値)
1490 nm:41 dB (代表値)
1550 nm:41 dB (代表値)
1310 nm:42 dB (代表値)
1550 nm:41 dB (代表値)
1625 nm:40 dB (代表値)
反射率範囲 4 -14 dB~-70 dB (代表値)
サンプル分解能 3cm ~2 m
サンプリング・ポイント 129000 個まで
パルス幅 (定格) 5, 10, 30, 50, 100, 300, 500, 1000, 3000, 5000, 10000, 20000 ns
長さの不確実性 +/-(1 + 0.0005*長さ + 0.5*分解能)
リニアリティ ± 0.03 dB/dB
反射率の不確実性 ±2 dB
テスト時間(1 波長あたり) 自動設定:5 秒/波長(代表値)
自動 PON 設定:10 秒/波長(代表値)
手動設定:3、5、10、20、40、60、90、120、180 秒/波長
手動 PON 設定:3、5、10、20、40、60、90、120、180 秒/波長
クイック・テスト設定:3 秒/波長(代表値)
最高の分解能を得るための設定:5~180 秒/波長
レーザー・クラス クラス I CDRH は EN 60825-2 第 3 版に準拠
校正実施時期 1 年間
1.  1.5 dB 以下の、パルス幅が最も短い不飽和状態の反射ピークで測定。反射ピーク - 50 dB。
2. パルス幅が最も短い後方散乱から ± 0.5 dB の偏差で測定。反射ピーク ‹ - 50 dB。
3. 後方散乱から +/- 0.5 dB の偏差で測定。1:16 無反射スプリッター、50 ns のパルス幅、および 3 cm のサンプル分解能を使用。
4. OS1-OS2 ファイバーの代表的な後方散乱係数:1310 nm:-79 dB; 1490 nm: -81 dB; 1550 nm: -82 dB; 1625 nm: -84 dB。
5. 3 分平均、最長幅パルス、ファイバー長 100 km、SNR = 1。

 

その他の主要仕様

FiberInspector プローブの仕様
倍率 ~ 200 倍 (OptiFiber Pro ディスプレイを使用時)
光源 青色 LED
電源 Versiv メインフレーム
視界 (FOV) 水平:425 µm
垂直: 320 µm
最小検出可能粒子サイズ 0.5 µm
寸法 約 1175 mm × 35 mm (アダプター・チップなし)
重量 200 g
温度域 動作:温度範囲 作動時: 0 °C ~ +50 °C
保管:-20°C ~ +70°C
認証 CE(メインフレームと共に使用した場合)
可視光源 (VFL) 仕様
オン/オフ制御 機械式スイッチおよびタッチ画面上のボタン
出力 316 µW (-5 dBm) = ピーク出力 = 1.0 mW (0 dBm)
作動波長 650 nm 公称値
スペクトル幅 (RMS) ±3 nm
出力モード 出力モード 連続波。 パルス・モード (2 Hz ~ 3 Hz 明滅頻度)
コネクター・アダプタ 2.5 mm ユニバーサル
レーザー安全性(等級) クラス II CDRH。EN 60825-2 に適合
一般仕様
重量 メインフレーム(モジュールおよびバッテリーを含む):1.28 kg
寸法 メインフレーム(モジュールおよびバッテリーを含む):寸法 : 6.67 cm × 13.33 cm × 27.94 cm
バッテリー リチウムイオン・バッテリー・パック、7.2 V
バッテリー使用時間 8 時間 (自動OTDR 実行、2 波長、ビデオ・プローブ非接続、ファイバー長 150 m)
Wi-Fi 機能内蔵 IEEE 802.11 a/b/g/n、デュアル・バンド(2.4 GHz および 5 GHz)対応
充電時間   
テスターの電源オフ時 10% から 90% までの充電に 4 時間
テスターの電源オン時 テスターの電源オン時: 6 時間 (充電量が 10 % から 90 % になるまでの時間)
環境仕様
作動温度* -10ºC ~ 45ºC
保管温度 -10ºC ~ 60ºC
作動高度 4,000 m (13123 ft)
3200 m、(AC アダプター使用時)
保管高度 12,000 m
EMC EN 61326-1

* バッテリー使用時。AC 電源使用時: 0ºC ~ 45ºCリアルタイム・トレース機能を 15 分間中で最大 5 分使用した場合。リアルタイム・トレース機能の連続使用時の最高環境温度は 35 ºC。
* バッテリーの容量を維持するため、バッテリーを1 週間を超えて -20 ºCより低温または、50 ºCより高温の場所に置かないでください。

 

資料

 

パンフレット

タイトル/説明 ダウンロード  
光ファイバー配線の試験とトラブルシューティング・ツール - 選択ガイド (Fiber Best Practice)
ダウンロード PDF
6.8 MB
 

データシート

タイトル/説明 ダウンロード  
LinkWare データシート (Data Sheet)
ダウンロード PDF
OptiFiber Pro シリーズ OTDR データシート (Data Sheet)
企業、データ・センター、屋外通信設備、および PON 光ファイバー向け認証試験用光パルス試験器 (OTDR)
ダウンロード PDF
2.5 MB
 

カタログ

タイトル/説明 ダウンロード  
Versiv ファミリー・カタログ (Versiv Family Catalog)
LAN 配線測定作業の効率化を追求した最高峰のケーブル・テスター (DSX-8000/5000, CertiFiber Pro, OptiFiber Pro, FI-70000 製品カタログ)
ダウンロード PDF
3.15 MB
 

アプリケーション・ノート

タイトル/説明 ダウンロード  
校正の重要性 - Blog (Let’s All Calibrate and Have a Good Time!)
ダウンロード PDF
668.66 KB
 

ホワイトペーパー

タイトル/説明 ダウンロード  
White Paper: Fiber Contamination, Cleaning and Inspection. Introduction.
ダウンロード PDF
ホワイトペーパー:OTDR によるデータセンターの光ファイバー配線管理 (White paper: Choosing The Right OTDR)
データセンターの光ファイバー配線の信頼性を確保するため、インフラ性能の整合性を評価するネットワーク技術者には、さらに高精度かつ高速の測定手法が必要となっています。
ダウンロード PDF
217.39 KB
ホワイトペーパー:OTDR 双方向試験が必要な理由と正しいテスト方法 (White Paper: Bi-Directional OTDR Testing)
ダウンロード PDF
963.71 KB
ホワイトペーパー:フルーク・ネットワークスによる校正標準:ケーブル・テスターの確度保証と所有価値の最大化 (White Paper: Ensure Accuracy and Maximize the Value of Your Cable Testing Equipment with Calibration from Fluke Networks)
ダウンロード PDF
946.81 KB
 

マニュアル

タイトル/説明 ダウンロード  
Versiv シリーズ・ユーザーズ・マニュアル, リビジョン 5

ユーザーズ・ドキュメンテーション, Versiv ソフトウェア・バージョン 6.2

ダウンロード PDF
19.58 MB
Versiv シリーズ・テクニカル・リファレンス・ハンドブック (英文) (Technical Reference Handbook), リビジョン 6

ユーザーズ・ドキュメンテーション (英文), Versiv firmware version 6.2

ダウンロード PDF
28.94 MB
OptiFiber Pro HDR OTDR スタート・ガイド (Start Guide)
ユーザーズ・ドキュメンテーション
ダウンロード PDF
788.27 KB
OptiFiber Pro スタート・ガイド (Start Guide)
ユーザーズ・ドキュメンテーション
ダウンロード PDF
1.13 MB
 

バーチャル・デモ

タイトル/説明 デモ  
高速光通信インフラを確実に正しく試験するための6つのステップ (On-demand Webcast)
バーチャル・デモを見る
 

使用事例

 
Integrity Networks アラスカ支社

The Ultimate Test in the Alaskan Bush Survival Tip: Take care where the bears roam

Company Background

Integrity Networks provides communications services and cable and fiber network infrastructure installation for companies and federal, state and local governments nationwide and around the Pacific Rim. Based in Renton, Washington, their projects range from military bases in Guam and Singapore, data center and VOIP installations in Washington and Virginia, to major healthcare and corporate oil, gas and mining projects across Alaska.

Integrity Networks entered the Alaskan market in 2007, and it has remained a steady presence in low-voltage contracting there ever since. With branch headquarters in Anchorage, Integrity Networks has an extensive staff of highly skilled Alaskan employees that work on jobs in the last great American frontier.

Read full story ...

 
 
 
Twistnet Communications Ltd

EXTREME DANGER: High Voltage Environment

With Fluke Networks OptiFiber® Pro OTDR with SmartLoop™, Twistnet technicians safely completed bidirectional certification of new North Sea Wind Farm installation

Company Background

TWISTNET

Established in 2000, with more than 30 years of experience, Twistnet Communications Ltd. specializes in the installation, testing and certification of fiber optic cabling, structured cabling systems and voice cabling systems.

Twistnet Communications Ltd serves companies in the United Kingdom and Europe with core services and it offers experts in fusion splicing, direct fiber termination, OTDR and power-meter testing and certification and repair with state of the art equipment such as the Fluke Networks' OptiFiber Pro OTDR with SmartLoop, part of the Versiv™ line, the industry’s leading Cabling Certification System

Read full story ...

 
 
 
LAN NET Solutions のケース・スタディ

LAN NET Solutions LLC が LinkWare Live リワード・プログラムで OptiFiber Pro を受賞

テキサス州を本拠地とする LAN NET Solutions は、フルーク・ネットワークスの LinkWare Live リワード・プログラムの受賞者です。テキサスでは何もかもが大きいと言われるように、LAN NET Solutions が受賞した OptiFiber Pro も大きな賞でした。

 

こちらから全文をご覧になれます。

 
 
 
CompuCom のケース・スタディ

 

課題:
米国テキサス州ダラスに本社を構える CompuCom は、顧客が主力事業に集中できるように、技術面で顧客をサポートしております。マネージド IT、IT インテグレーション、および IT コンサルティングの各種サービスのほか、データセンター、ネットワーク、ボイス、エンドユーザー環境の專門チームを提供し、北米だけで 400 万人を超えるユーザー数をサポートしています。CompuCom の顧客には、CompuCom米国を拠点とするトップ 10 に入る世界的な小売企業があります。同社は、高速テストやより包括的なレポートを含め、より水準の高い光ファイバー検査を必要としていました。それに応えるため、CompuCom はフルーク・ネットワークスに着目しました。

 

結果:
この小売企業に提供するサービスの一部として、CompuCom は約 20,000 台のサーバーと 150,000 本を超えるケーブルを含む 3 つのデータセンターおよび 1 つのバックアップ・バンカーを管理しています。CompuCom は、修理やアップグレードが容易な フルーク・ネットワークスの FI-7000 FiberInspector™ Pro、OptiFiber® Pro OTDR、および CertiFiber® Pro ケーブル損失試験モジュールを組み合わせた Versiv ケーブル認証プラットフォームを採用することにしました。発売当初から FI-7000 を使い始めた同社は、テストとレポート作成の基準を大幅に上げながら、テスト結果へのアクセスと管理を簡単にしています。FI-7000 により、迅速にテスト結果を得ることができ、それが毎年数千ドルもの節約を実現させています。何よりも重要なのが、FI-7000 によって可能になったスピード、品質、そして信頼性の向上に CompuCom のお客様が大変満足し、他のサービス・プロバイダに対しても同じような水準を求めるようになりました。

こちらから全文をご覧になれます。

 
 
 
Extreme Packets のケース・スタディ

 

課題:
Extreme Packets と LinkWare LiveExtreme Packets は、大学、企業、商業不動産建設向けにコンピュータ・ネットワークの構築サービスの提供し、大小さまざまな規模のケーブル配線プロジェクトに携わっています。15 年以上も前に創立して以来、同社はケーブル配線の専門知識を深め、長期的な顧客関係を築いています。順調に成長を遂げ、今後も競争力を維持するべく、Extreme Packets は、2 つの面で向上する機会を捉えました。一つはより迅速に仕事をやり遂げること、そしてもう一つが顧客がより簡単にケーブル・テストの結果を管理できる方法を確立することでした。

結果:
Versiv™ DSX-5000 と LinkWare™ Live へのアップグレードにより、システム検収までの時間が大幅に短縮しました。Extreme Packets は、個々のケーブル認証時間を 79% 削減させ、LinkWare Live を使用することで、テスト結果のアップロード後すぐにクライアントと共有できるため、時間の節約となり、クライアントはテストの進捗を追跡できるようになりました。Versiv と LinkWare Live を使用することで、Extreme Packets は、プロジェクト完了までの時間を全体で 70% 減らすことができました。ほとんどの場合、古いテスターでこれまで通常 12 時間もかかっていたプロジェクトを、わずか 4 時間で終わらせることができます。

こちらから全文をご覧になれます。

 
 
 

トレーニング

テスト技術者認定トレーニング・コース

テスト技術者認定トレーニング・コース高速ケーブリング・システムの設置および認証に優位性を保つためには、現在の従業員のトレーニングと認定が不可欠です。フルーク・ネットワークスの Certified Cabling Test Technician™ (CCTT) トレーニングおよび認定プログラムへの投資により、敷設事業者のスキルだけでなく、メタル線およびファイバーのケーブリング・システムに関する検査、認証、トラブルシューティングの効果と生産性を向上させます。 

 

CCTT プログラムの詳細については、ここをクリックしてください。

 

 

OptiFiber® Pro OTDR の「入門」トレーニングビデオ

OptiFiber® Pro OTDR を初めてご使用でますか?
弊社の無料のビデオトレーニングコースをご利用ください。設定、テスト、レポートの作成など基本操作方法についてご説明いたします。

 

ここをクリックして、アクセスしてください。

 

 

ゴールド・プロダクト・サポート

OptiFiber Pro OTDR のゴールド・サポート (USのみ) を利用すると、投資収益率を上げながら製品を最大限活用できます。3 年間ゴールド・サポートダウンタイムを最小限に抑え、より早く問題を解決し、支援ツールをすべてご利用いただけます。

お使いの OptiFiber Pro OTDR およびファイバー・モジュール のゴールド・サポート・サービス内容

年 1 回の校正と工場でのリフレッシュ - ISO 9001 規格では年 1 回のユニット校正が要件となっています。ファイバー・ネットワークのテスト時に正確さを期するためには、お使いのファイバー・モジュールを校正することが大切です。当社の校正プロセスは ISO-9001 に準拠しており、お使いの OptiFiber Pro OTDR およびファイバー・モジュールがマニュアル記載のすべての仕様を満たすことを証明します。お使いの OptiFiber Pro OTDR とサービス対象のファイバー・モジュールの校正を計画されるときには、その間、お使いいただくための代替*ユニットの手配がなされます。その後、OptiFiber Pro OTDR およびサービス対象のファイバー・モジュールは、工場仕様に従って正確に校正され (校正証明書が添付 – トレーサビリティーを証明するデータは追加料金でご利用いただけます。)、必要に応じてOEM による純正部品を使用して修理され、すべて最新のソフトウェアおよびファームウェアにアップグレードされ、さらにクリーニングと性能確認が行われます。また、お使いの OptiFiber Pro OTDR のすべてのアクセサリーについてもテストが行われ、不良あるいは欠陥がある場合は交換が行われます。*校正のための代替ユニットがご利用いただけるのは、現在のところ米国のみで、ご予約いただく必要があります。

修理および代替機器の貸し出し - OptiFiber Pro OTDR が万一故障した場合は、業務に支障をきたすことがないよう、翌営業日配達で代替機器の貸し出しを行います。弊社ではお使いの OptiFiber Pro OTDR を修理し、不具合や不良となった付属品を適切な優先順位で無料交換して、OptiFiber Pro OTDR を返送します。送料はすべてフルーク・ネットワークスが負担いたします。

ライブ 24 x 7 技術サポート - スタッフの専門知識の向上、ゴールド・サポートによる、ワールドクラスのテクニカル・アシスタンス・センター(TAC)へ直接、電話連絡が可能です。(英語のみ)直接連絡は、ゴールド・メンバーだけの特典です。ワシントン州シアトルおよびオランダのアイントホーフェンにある当社のセンターでは、高度な訓練を受けた技術者を雇用し、ほとんどのネットワーク変更作業が実施される週末および夜間を含めて常に即応態勢を整えており、複雑なトラブルシューティングの質問にお答えして、OptiFiber Pro OTDR の活用と表示される結果の理解のお手伝いをいたします。

付属品交換 - 付属品の中には、お手持ちの OptiFiber Pro OTDR に必要不可欠なものが含まれています。アクセサリーの通常の保証期間は 90 日間ですが、OptiFiber Pro OTDR と共に出荷された部品およびアクセサリーについては、弊社のテクニカル・アシスタンス・センターが不良と認めた場合に、ゴールド・サポートによって無料で交換いたします。

ソフトウェア・アップグレード - OptiFiber Pro OTDR を常に最新に維持できます。ソフトウェアのアップグレードを無料で提供します。

メンバー専用のプロモーション - メンバーシップご加入の方には「メンバー専用」のプロモーションやプログラムをご利用いただけます。これには、製品割引、特別価格での調整済み機器提供などが含まれ、その他にもお得な特典をご用意しております

ゴールド・サポート・サービスを通して、OptiFiber Pro OTDR を最大限活用できるように保証します。

 

 

 

関連製品

 
 
Powered By OneLink