Let’s All Calibrate Test Equipments and Have a Good Time!|www.flukenetworks.com/jp

ブログ

ブログ一覧に戻る

みんなで校正して、楽しく過ごそう!

マーク・マリンズ

ダッシュボードのエンジンランプが点灯してもしばらく運転する人がいるのと同じように、フルーク・ネットワークスからの電子メールまたは LinkWareライブ 通知が届いても、テスターの校正を先延ばしにする人がいます。

自動車の場合と同じように、校正の必要性や校正時期に関して疑問を持っている方もいらっしゃると思います。また、自動車を修理屋に預けている間はその自動車を使えないのと同様、テスターを校正している間はそのテスターを使えないことも分かっています(ただし、ディーラーで車を修理する場合は、代車を無料で借りれるのと同じように、フルーク・ネットワークスのゴールド・サポート・プログラムのメンバーであれば、テスターの貸出機を無料で利用できます)。

しかし、車のオイル交換やテスターの校正を怠ると、後で深刻な問題に発展する可能性があります。詳しく見ていきましょう。

校正を行うネットワーク技術者

校正が必要な理由

時間の経過とともに車のオイルは劣化し、エンジンを効果的に潤滑することができなくなります。同様にフルーク・ネットワークスのテスターの構成部品も本来の動作をしなくなることがあります。高精度なテスターを設計する過程において、適切な校正周期を決める必要があります。当社は、仕様と数千台のテスターの実際の動作を確認したうえて校正周期を決定します。すべての電子部品と同様に、抵抗器、コンデンサー、回路は、温度や湿度、およびテスターのオン/オフによる温度の上昇/低下の影響を受け、時間が経過するにつれて変化が生じます。テスター内部の回路基板にも埃やその他の物質が付着することがあります。

コンクリートの床の上に誤ってテスターを落としたり、車が急停止したはずみでテスターが助手席から落ちたりすることもあります。氷点下の冬、あるいは猛暑の 8 月に、週末車内にテスターを放置してしまった場合はどうでしょうか。 テスターは、こういった負荷に耐えるよう設計されていますが、本来の精度で動作しなくなる可能性があります。

校正が義務付けられている場合もあります。ISO 9001 認証を取得している場合は、検証や品質管理に使用する測定機器を必ず校正する必要があります。また通常、ケーブル/接続部材メーカーからシステムの保証を受けるには、適切に校正された機器を使用して収集したテスト・データが必要になります。

適時な校正を怠ることによるリスク

オイル交換をしなかったために車が故障したり、エンジンが動かなくなったりすると、結局は長期的に大きなコストがかかります。テスターの校正を先延ばしにした場合も同じことが言えます。システム保証が無効になるリスクを負うだけだなく、テスターが誤って不良リンクを合格、良好なリンクを不合格にする可能性もあります。

校正されていないテスターによって不良リンクが合格となり、顧客に間違った結果を提出すれば、手戻り作業や修正を要求され、最悪の場合は訴訟問題に発展することも考えられます。逆に良好なリンクが不合格になった場合は、トラブルシューティングや修正の必要のないリンクに無駄な時間を費やすことになります。いずれの場合も、顧客満足度の低下につながるだけでなく、時間とコストの浪費は避けられません。

最終的にコストを削減するには、適切に校正されたテスターを使用する必要があります。そしてフルーク・ネットワークスのテスターを校正する最適な場所と言えば、世界 13 か所にある弊社の正規サービス・センターです。正規サービス・センターでは、質の高い校正、製品固有の知識、綿密な調整、修理、およびファームウェア・アップデートを提供をし、初めて使った時と同じようにテスターが動作することを保証しています。これにより問題を未然に防ぐことができます。

校正の詳細について、ここをまたはフルーク・ネットワークス正規サービス・センターの所在地については、ここをクリックしてください。


 
 
Powered By OneLink