ブログ:ケーブリング・クロニクル|Page 7|www.flukenetworks.com/jp

ケーブリング・クロニクル

2016-06-16

Maximizing productivity in today's fast-paced workplace is essential.新規ファイバー・リンクのインストール、あるいは既存ネットワークのトラブルシューティングなど、迅速な対応や修復のためには、迅速な障害検出が必要です。しかし、ファイバー、コネクター、そしてパッチコードなどによって複雑化したネットワークに直面するとき、言うは易し、行うは難し、というのが現実でしょう。

2016-06-09

So your customer has decided to deploy HDBaseT for ultra high definition video displays and digital signage.If you're already experienced in deploying a copper cabling infrastructure for IP-based Ethernet applications like voice and data, you have little to worry about.

But it's still important to know the basics and best practices required for HDBaseT performance and error-free video transmission, and what's required when it comes to testing.

2016-05-26

When it comes to testing a cabling installation, there are essentially three choices--verification, qualification and certification.

While some features overlap between test tools as you move up the hierarchical ladder from verification to certification, each type of testing answers one of the following questions to help you make the right choice.

2016-05-12

この 10 年間で、光ファイバー配線が目覚ましい進歩を遂げ、対応距離の拡大から 40 および 100 ギガに達するスピードの向上が見られています。

ファイバー損失要件が厳しくなる一方で、ファイバー数を減らしながらもファイバー帯域を増やすための取り組みが行われ、すべてが 400 ギガへのロードマップ通りに進んでいます。

カウントダウン

2016-05-05

ネットワーク・ケーブル配線プラントの敷設、試験、認証を行う方たちは、所定のパラメーターで規格性能を満たすこと、アプリケーションを確実にサポートすることの重要性を理解されていますが、どんなに優秀な方でも、収益や顧客満足度に悪影響を及ぼすような失敗をすることがあります。

2016-04-28

IEEE 規格がスピードと PoE 供給電力に対する需要に応える中、TIA も先例に倣って IEEE とともに協力し、IEEE が進めるアプリケーションをケーブル配線基盤が十分にサポートできるように取り組まなければなりません。

分科委員会での最近かつ重要な標準化活動、そしてこれが IEEE の規格策定にどのように関係しているのか見ていくことにしましょう。

2016-04-21

We repeatedly try to drive home the need to keep your tester up to date with the latest firmware, and for good reason.Not only do we want to make sure you don't miss out on the latest features that can help you test faster and more accurately, but as standards change, so must your tester.

2016-04-14

Tier 2 (OTDR) 試験におけるファイバー・リンクの双方向試験は、保証のために業界標準やほとんどのメーカーで求められるだけでなく、リンク全体の実損失を知る唯一の方法でもあります。それは、ファイバー・コネクターやスプライスのの損失に加え、全体のリンク損失の測定が、試験をどの方向から実施するかによって異なるためです。Testing a fiber link in one direction can give you different results then testing the same fiber link in the opposite direction. 

ページ

 
 
Powered By OneLink