LanTroVision が Versiv™ DSX-5000 CableAnalyzer™ を採用 - ケース・スタディ|フルーク・ネットワークス

LanTroVision が Versiv™ DSX-5000 CableAnalyzer™ を採用 - ケース・スタディ

フルーク・ネットワークスの DTX-1800 CableAnalyzer から新しい Versiv DSX-5000 製品ラインへ移行した理由は、課題を克服するためというよりは、縮小する予算や短縮するプロジェクト・スケジュールに対してハンディをなくせる次世代技術の採用機会として捉えられたためです。

課題:LanTroVision は、シンガポールに本社を構える構内配線および IT ネットワークの設置会社で、アジア、オーストラリア、アフリカ、欧州、南米に子会社および提携会社を有しています。年間収益が 1 億 680 万米ドル(1 億 3354 万シンガポール・ドル)を超える LanTroVision は、顧客の期待を満たす、あるいはそれを上回る進化し続ける製品とサービス・ラインを提供することで、継続的成長を成し遂げることに集中しています。同社は、長年にわたってクラス最高級のネットワークとケーブル・インフラ・サービスを提供してきた実績がありながらも、予算縮小や納期短縮にもかかわらず、顧客の期待が高まり続けているため、この実績を守ることがますます困難になってきています。同社は、常により少ない予算、より少ない時間で、より多くのことを成し遂げるように求められています。

結果:フルーク・ネットワークスの DTX-1800 CableAnalyzer から新しい Versiv DSX-5000 製品ラインへ移行した理由は、課題を克服するためというよりは、縮小する予算や短縮するプロジェクト・スケジュールに対してハンディをなくせる次世代技術の採用機会として捉えられたためです。Versiv DSX-5000 のおかげで、これまでの半分の時間で、顧客の仕様に合わせてケーブルを配線できます。技術者のトレーニングをほとんどもしくは全くなくても、現場で使われるあらゆる種類のケーブルをテストでき、顧客のネットワークのアップタイムを最大限に維持できます。さらに、DTX と DSX プラットフォームは相互利用できるため、LanTroVision は投資を最大限に活かし、予算やスケジュールに合わせた技術移行を行えます。

こちらから全文をご覧になれます。

 
 
Powered By OneLink