ケーススタディ:MultiFiber Pro のケース・スタディ|フルーク・ネットワークス

MultiFiber Pro のケース・スタディ

トランク・ケーブルにはテストが必要ないと考えていませんか?間違いなく必要です。MultiFiber Pro を使用した設置事業者をご紹介します。

課題:
トランク・ケーブルの問題は、設置時に認識されていない場合がよくあります。このケーブルは通常、事前テストを受け認定されているので問題はないはずです。東海岸に拠点を置く設置事業者でもこの一般的な認識を疑うことはありませんでした。この事業者は、特定のプロジェクトで解決できない問題を抱えているにもかかわらずです。実際、この問題は非常に扱いにくいもので、OTDRユニットを使用してリンクを繰り返し検査、清掃、再テストしたにもかかわらず、設置事業者はこの問題を特定することができませんでした。その結果、労働時間が増えるばかりで、仕事の収益性が上がらないという状況が発生しました。

結果:
この会社はフルーク・ネットワークスを知ってからすぐに、設置者が使っている市場で最高のファイバー・テスト・ツールが適切なツールでないことを認識しました。さらに、「事前テスト済みおよび認定済み」といっても、実際には彼らが考える保証レベルに到達していなかったことも判明しました。フルーク・ネットワークスは、MultiFiber Proが非常に困難なファイバー・トランクの問題を迅速に解決する過程を設置業者に示しました。

こちらから全文をご覧になれます。

 
 
Powered By OneLink