新しい標準:Multi-Everything(多機能・多用途)に関するホワイトペーパー
Cabling Certification Industry Whitepaper
新しい標準:Multi-Everything(多機能・多用途)
ケーブル認証業界の現状に関するホワイトペーパー

今日の IT に関する討論は、クラウド、仮想化、SAN、BYOD、SaaS、SLA などの用語であふれています。7 階層の OSI モデルの第 1 層である物理層が、話題の中心となることはめったにありません。しかし結局のところ、すべてのネットワーク技術は、重要かつ基本的な役割を果たす物理層とそれを支える配線インフラに依存しています。物理層が機能しなければ、何も機能しません。そしてそれを取り巻く技術と同様に、物理層も変化しています。コンサルタントやネットワーク・オーナーがこの変化を認識せず、複雑化する敷設および認証に対処しないでいると、収益を得られないだけでなく、事業として存続することさえ難しくなります。

このホワイトペーパーでは、ケーブル配線業界の現状を把握し、今後の方向性について考察します。ケーブル敷設業者が複数の環境、メディア、規格、および技術を管理する必要性が急激に高まっており、そのような状況下で成功を収めるには何が必要であるかを評価します。

この新しい多様化、多機能、多用途を求める世界、つまり新しい標準で成功を収めて収益を確保するために、配線技術者は何を変える必要があるのでしょうか。
 
  •  
 
 
Powered By OneLink