データ・シート

データ・シート:DSX M12D と M12X アダプター

PDF ダウンロード

概要

通常の IT 環境とは異なり、産業環境では、高速データ伝送用メタル配線イーサネットの接続部材とケーブルは、機械的衝撃/振動、水や微粒子の侵入、激しい温度変化、モーターや産業用機器から出る電磁ノイズにさらされます。産業用イーサネット環境については、米国電気通信工業会規格 TIA-1005-A および国際標準化機構規格 ISO11801 規格で規定されています。

今日の産業ネットワークでは、複数のメディア(伝送媒体)およびコネクター・タイプを認証/記録して、過酷な産業環境に耐える適切な敷設を保証することがこれまでになく重要になっています。

DSX ケーブルアナライザー を使用することで、TIA-568、TIA-1005、および ISO 11801 規格で規定される性能レベルにケーブル配線が適合していることを認証する最も包括的なテストを行えます。

このデータシートは、M12D(4 ポジション)コネクターと M12X(8 ポジション)コネクター、RJ45 コネクターを使用した産業用イーサネット・ケーブル配線システムに DSX ケーブルアナライザーを直接接続するためのアダプターを記載しています。これらのアダプターは、産業オートメーションで用いられる様々な変速駆動装置、プログラマブル・ロジック・コントローラ、イーサネット・スイッチに対応しており、EtherNet/IP、PROIFINET™、Modbus TCP™、その他のイーサネット・プロトコルを使った産業用イーサネット・ケーブル性能のテストと検証を行えます。

TIA-1005-A MICE 規格

TIA-1005-A MICE 規格は、ケーブル配線システムがさらされる環境をその過酷度によって分類しています。規格は、機械的および振動耐性 (M)、浸水性 (I)、薬品、温度耐性 (C)、電磁耐性 (E) を規定しています。通常、レベル 1 はオフィス、学校、商業施設の環境、レベル 3 は産業施設環境です。DSX シリーズに適切なアダプターを装着することで、ケーブル・リンクのエンド・ツー・エンドのテスト、および個別のパッチ・コードのテストと認証を行えます。

ケーブル導通テスターを使ってテストすることもできますが、簡易な導通テストでは、帯域幅、電磁干渉 (EMI) に対する耐性、または接続の緩み(振動環境で数か月使用すると問題に発展します)、産業環境に多く見られるその他の試験項目をテストすることができません。

ケーブル配線の検証

ケーブル配線システムのテストには、接続の導通性の確認や、ケーブル配線システムが該当する TIA または ISO 規格に適合していることの検証や認証など、さまざまな段階があります。検証と認証を行うことで、ケーブル配線の帯域幅と伝送能力が産業ネットワークの運用に適していることを保証できます。つまり、産業ネットワークの確実な維持、ケーブル配線に関連したダウンタイムの低減に必要な伝送要件をケーブル配線システムが満たしていることを確認できます。ネットワーク機器を設置して(機械メーカーまたは工場での設置)機械を稼働させる前にこの確認を行うことで、初期設置を迅速に完了して、ネットワーク上の産業オートメーション機器、スイッチ、その他の通信機器のトラブルシューティングや継続的な保守に伴う時間と労力を大幅に軽減できます。また、ネットワークのミッション・クリティカルな性質が高まるにつれ、その価値も上昇します。

フルーク・ネットワークスは 1993 年以来、ケーブル配線認証テスト・ツールを提供してきました。DSX CableAnalyzer™ シリーズは、独自のトラブルシューティングおよび診断機能によってケーブル配線リンクの障害を認識して不良箇所を特定する、最も包括的な最新の物理層テスト・ツールです。

M12 アダプターの利点

DSX M12 チャネル・アダプターは、M12D (4 ポジション)と M12X(8 ポジション)モデルで提供されており、DSX ケーブルアナライザー・シリーズで使用できます。これらのアダプターを使えば、チャネル・リンクをテストおよび認証し、産業ネットワーク用途における要求の厳しい MICE 環境で高速イーサネット(100BASE-TX)の確実な伝送を確保できます。

DSX M12 アダプターと DSX ケーブルアナライザーは、業界規格に完全に適合した完璧なソリューションです。M12 コネクターは、TIA Cat 5e または ISO クラス D の伝送要件をサポートします。TIA Cat 5e または ISO クラス D 要件を満たしたケーブル配線リンクは、最長 100 m (328 フィート) のイーサネット (10/100/1000BASE-TX) の展開に完全に対応します。M12X アダプターは、TIA Cat 6 および 6A または ISO クラス E および EA に完全に対応しています。

テスト構成

両端に M12 を使用したチャネル(エンドー・ツー・エンド)のテスト – DSX ケーブルアナライザーとスマート・リモートに M12 チャネル・アダプター(D または X タイプ)を装着します。図 1 のように、DSX ケーブルアナライザーはケーブル全体およびすべての中継コネクターの性能を正確に測定します。ケーブル・チャネルには、両端のテスターへの接続が含まれていないことに留意してください。

一端に M12、もう一端に RJ45 を使用したチャネル(エンドー・ツー・エンド)のテスト – DSX CableAnalyzer に M12 チャネル・アダプター(D または X タイプ)、スマート・リモートに RJ45 を装着します。図 2 のように、DSX CableAnalyzer はケーブル全体およびすべての中継コネクターの性能を正確に測定します。ケーブル・チャネルには、両端のテスターへの接続が含まれていないことに留意してください。

工場で成端処理されたパッチ・コード – DSX-CHA021 (M12D) または DSX-CHA-M12-X-S (M12X) アダプターを使って、工場で成端処理されたパッチ・コードを個々の構成部材としてテストすることもできます。パッチコードをテストする際には、DSX-5000 は標準要件に従い、パッチコード両端のテスターの嵌合接続部までの影響を含めるように測定基準面を自動的に調整します。このため、ワークエリアの配線前に、パッチコードを認証することが可能になります。さらに、CAT5e ケーブルや下位ケーブル用の DSX-PC5E(CAT6 ケーブルの場合は DSX-PC6S)パッチコード・テスト・アダプター を DSX シリーズ・ケーブルアナライザーに装着すると、一端を M12 コネクター、もう一端を 8 ピン・モジュラー RJ45 プラグで成端処理したハイブリッド型パッチ・コードの認証試験もできます。

M12 アダプターの性能を最大限に活用するには、バージョン 6.1 以降の DSX シリーズ本体とリモートを使用する必要があります。ソフトウェア・アップデートは、www.flukenetworks.com から入手できます。

一般仕様
モデル番号 詳細 重量(アダプター毎) 寸法(アダプター毎)  
DSX-CHA021S DSX M12D(4 ポジション)メス形アダプター(2 セット)
(DSX2-5-IE-K1、DSX-5000, インダストリアル・イーサネット・アダプター バンドルキット)
74 g (0.16 ポンド) 7.5 × 5.4 × 3.0 cm(3.0 × 2.1 × 1.2 インチ)
DSX-CHA-M12-X-S DSX M12X(8 ポジション)メス形アダプター(2 セット)
(DSX2-5-IE-K1、DSX-5000, インダストリアル・イーサネット・アダプター バンドルキット)
74 g (0.16 ポンド) 7.5 × 5.4 × 3.0 cm(3.0 × 2.1 × 1.2 インチ)
DSX-CHA004S DSX CAT 6A/クラス EA チャネル・アダプター・セット
(DSX2-5-IE-K1、DSX-5000, インダストリアル・イーサネット・アダプター バンドルキット)
74 g (0.16 ポンド) 7.5 × 5.4 × 3.0 cm(3.0 × 2.1 × 1.2 インチ)
DSX-PC5ES カテゴリー 5e パッチコード用の DSX パッチコード・テスト・アダプター・セット 74 g (0.16 ポンド) 7.5 × 5.4 × 3.0 cm(3.0 × 2.1 × 1.2 インチ)
DSX-PC6S カテゴリー 6 パッチコード用 DSX パッチコード・テスト・アダプター・セット 74 g (0.16 ポンド) 7.5 × 5.4 × 3.0 cm(3.0 × 2.1 × 1.2 インチ)
DSX-PC6AS カテゴリー 6A パッチコード用の DSX パッチコード・テスト・アダプター・セット。 74 g (0.16 ポンド) 7.5 × 5.4 × 3.0 cm(3.0 × 2.1 × 1.2 インチ)