データ・シート

Cable IQ™ Qualification Tester - 配線/同軸検証テスターについて

ダウンロード PDF

概要

CableIQ™ Qualification Tester は、住宅向けに設計された新しい配線検証テスターです。It quickly qualifies residential cabling systems to support voice, CATV, 10/100/1000 Ethernet,

and VoIP. このツール 1 つで音声、データ、同軸のすべてのケーブル配線をテストし、トラブルシューティングできます。内蔵の TDR は、障害までの距離をグラフで表示し(たとえば、37 フィートの位置でピン 1 が破損)、ブリッジされた通信システムのマッピングや ID タグの作成に使用できます。専門的ドキュメントを作成できるため、手戻り作業や作業品質に関する紛争をなくすことができます。軽量、頑丈、信頼性の高いユニットは、トレーニングなしですぐに使用できます。

The CableIQ™ Qualification Tester from Fluke Networks

  • 宅内ケーブル配線システムが CATV、10/100/1000 イーサネット、音声、VoIP に対応しているかどうかを検証。
  • 同軸、データ、音声のすべてのケーブル配線のテストとトラブルシューティング。
  • 内蔵の TDR で配線構造をグラフィカルにマッピングし、障害までの距離を表示。
  • IntelliTone™ デジタル・シグナリング技術によるケーブル位置の特定とトレース。
  • 手戻り作業や紛争をなくすことで、敷設コストを削減。
  • 専門的テスト・レポートを管理/印刷できるソフトウェア付き。
  • ケーブル・システムが適切に敷設され、確実に動作することを示すためのドキュメントを作成。

同軸ケーブル・テスト

新しい多機能テスターは、家庭のすべてのケーブル配線メディアに使用できます。住宅の同軸の重要性により、同軸ケーブルの質を迅速かつ簡単にテストでき、ビデオ・アウトレットが有効であるか否かを確かめるツールが必要となります。CableIQ™ Qualification Tester を使うと、複数の方法で同軸ケーブルをテストできます。

図 1. 4 秒の自動テストで、同軸ケーブルがビデオ /CATV アプリケーションに適しているか否かを検証することができます。

インテリジェント・ワイヤーマップ

CableIQ™ Tester の「インテリジェント・ワイヤーマップ」機能は、ケーブル長、短絡、スプリット・ペア、開放をテストして、障害位置を直感的なグラフィカル・インターフェイスで表示します。ワイヤーマップの一連の番号だけを示す他のテスターとは異なり、ユニットはケーブル長に比例した障害まで距離を読みやすいグラフで表示します。これはまた、ペアではなく、ピンで破損や短絡を識別します。これは不完全に終わっている電気ジャックやケーブル中の破損を見つけ、修理する時間を劇的に減少します。

図 2. 長さを測定し、継続性を確認し、短絡および破損への距離を測定します。

図 3. CATV ビデオ信号を検出します。

 

図 4. 同軸 TDR トレースを実行して、インピーダンスが大きく変化する箇所を検出します。

 

図 5. CableIQ tester’s “intelligent wiremap”shows pin 6 open at far end of tested cable (130 feet/34 meters).

 

電話線テスト

宅内ケーブル・テスト向けの機能が搭載されています。スマート・ケーブル ID により、家庭の音声システムによくみられるスター型配線構造のワイヤーマップを作成できます。任意のジャックのワーヤーマップ不良や ID ナンバー(最大 7 つ)を、一度にメイン・ユニットで見ることができます。

図 6. CableIQ Tester の「マルチマップ」は、最高 7 つまでの音声アウトレットのワイヤーマップおよび ID 番号を一度に表示します。