データ・シート

JackRapid™ 成端ツール

ダウンロード PDF

概要

新しい JackRapid のジャック成端ツールは、業界で最も革新的かつ時間を節約できる成端ツールです。この特許取得済みのツールは、人間工学的なエルゴノミック・ハンドルを一握りするだけで、すべてのワイヤーを取り付けし成端加工を行います。いつも正確な成端、そしてきれいな一貫した切断を行えます。

配線時間の短縮

  • すべてのワイヤーを一度に固定・切断する使いやすいツール
  • 生産性の向上 – ジャックの取り付けが 8 倍速くなります

正確、きれい、そして一貫した切断と成端

  • いつも一貫した成端 - ジャックを無駄にすることはもうありません
  • ジャックを固定するのに役立つ内蔵ベッド

使い手の疲労を排除

  • 人間工学的設計のハンドル
  • 便利な内蔵ストリッパー

将来に備えた設計

  • さまざまなベンダーの各種ジャック・タイプに対応する取替可能なブレードヘッド

ウォール・フレンドリー

  • 壁に近い設置を容易にするユニークなデザイン

オーダー情報

アイテム モデル名 詳細
3093687 JR-LEV-1 JackRapid 成端ツール
(Leviton 41106、41108、5G108 用)
3093756 JR-LEV-1-H JackRapid 交換用ブレードヘッド
(Leviton 41106、41108、5G108 用)
3093808 JR-SYS-UNI-1 JackRapid 成端ツール
(Systimax MPS100E、C5、M1BH、および Uniprise UNJ600/500/300 用)
3093813 JR-SYS-UNI-1-H JackRapid 交換用ブレードヘッド
(Systimax MPS100E、C5、M1BH、および Uniprise UNJ600/500/300 用)
3093693 JR-LEV-2 JackRapid 成端ツール
(Leviton 61110、5G110、6110G 用)
3093763 JR-LEV-2-H JackRapid 交換用ブレードヘッド
(Leviton 61110、5G110、6110G 用)
3093700 JR-SYS-2 JackRapid 成端ツール
(Systimax MGS400、MGS600、MFP420、MFP520 用)
3093824 JR-SYS-2-H JackRapid 交換用ブレードヘッド
(Systimax MGS400、MGS600、MFP420、MFP520 用)
3093721 JR-ORT-2 JackRapid 成端ツール
(Ortronics TJ5E00、TJ600、TJ610 用)
3093774 JR-ORT-2-H JackRapid 交換用ブレードヘッド
(Ortronics TJ5E00、TJ600、TJ610 用)
2525461 JR-ADC-2 JackRapid 成端ツール
(ADC KM8、Copper Ten® 用)
3338024 JR-ADC-2-H JackRapid 交換用ブレードヘッド
(ADC KM8、Copper Ten® 用)
3093742 JR-PAN-2 JackRapid 成端ツール
(Panduit NK688M、NKP5E88M 用)
3093795 JR-PAN-2-H JackRapid 交換用ブレードヘッド(Panduit NK6X88M、NK688M、NKP5E88M 用)
3057463 JR-ERGOHANDLE JackRapid エルゴノミック・ハンドル

JackRapid 成端ツールで、いつも正確な成端、そしてきれいな一貫した切断を行えます。

Step 1: Strip cable jacket with a standard cable stripper or the built-in cable stripper.

Step 2: Determine wiring scheme. すべての 4 ペアを処理(8ワイヤー)。

Step 3: Insert jack in JackRapid front first with IDC slots facing blades of JackRapid.

Step 4: Ensure jack is completely and securely inserted in jack holder bed with IDC slots facing the blades.

Step 5: Pull trigger completely and remove excess wire prior to releasing trigger.

ステップ 6: ワイヤーは確実に終端するため、シート・カットされます。

ステップ 7: ハンドルをリリースし、ジャックを JackRapid ツールから取り外します。終端がきちんと完了したかどうか、目で確認してください。