CertiFiber Pro を使用した MPO(ピンあり)マルチモード・リンクの認証

この記事では、CertiFiber Pro を使って、両端に 12 芯光ファイバー MPO(ピンあり) コネクターを接続したマルチモード・リンクを認証する方法を説明します。

8 芯光ファイバー MPO(ピンあり)リンクでも同じ方法を使用できます。この方法では、ブレイク・アウト・ケーブル(LC‐MPO(ピンなし))が使用されるため、装着する適切な極性を理解しておく必要があります。MultiFiber Pro を使用すると、認証をより迅速に行えます。さらに、MultiFiber Pro は自動的に極性を報告します。ここをクリックして、MultiFiber Pro を使用したピンあり MPO トランク・ケーブルの認証方法をご覧ください。

必要なもの:

  • CFP2-100 or CFP2-100-Q
  • MRC-50EFC-SCLCKIT 数量 1
  • MRC-50-LCLC 数量 2
  • デュプレックス LC バルクヘッド・アダプター(シングルモード)
  • MPO(ピンなし)‐ LC ブレイク・アウト・ケーブル 数量 2- テスト対象ケーブルのベンダーより調達

また、この方法で適切な認証を行うには検査が不可欠です。検査を怠ると、結果が悲観的になることがあります。MPO および LC コネクター両方の端面を検査します。Versiv に取り付ける USB FI-1000 FiberInspector 用の MPO アダプター・チップを使用できます。

  1. テスト・リミットについては、ケーブル・ベンダー/コンサルタントに確認してください。ここでは、3 ジャンパー基準法を用いて TIA-568.3-D マルチモードを使用します。「リンクのテストでは、2 または 3 ジャンパー基準法を使用しない」ことが推奨される場合がありますが、MPO トランク・ケーブルのテストでは、3 ジャンパー基準法を用いる必要があります。

    接続数/スプライス数:4/0 であることに注意してください。これは重要です。

  2. すべてのテスト・コードを検査し、必要に応じてクリーニングします。
  3. メイン・ユニットとリモート・ユニットの出力ポートに SC‐LC EF-TRC を挿入します。(ここでは曲げ不敏感性マルチモード・コードを使用しないでください)
  4. メイン・ユニットとリモート・ユニットを接続します。
  5. [ホーム] 画面で、[基準値の設定] >[OK] > [ウィザードのスキップ] > [基準値の設定] をタップします
    (この方法を使う場合、CertiFiber Proで [ウィザードの実行] を使用しないでください。)
  6. [次の画面]> [ホーム] キーをタップします。
  7. 基準値の設定が完了したら、入力ポートからのみコードを抜きます。
  8. 既知の良好な LC‐LC テスト基準コードをメイン・ユニットの入力ポートに挿入します。
  9. 既知の良好な LC‐LC テスト基準コードをリモート・ユニットの入力ポートに挿入します。
  10. メイン・ユニットとリモート・ユニットをシングルモードの LC バルク・ヘッド・アダプターで接続します。(シングルモードはより良好なアライメントを提供します)
  11. [テスト] を押して、報告される損失が ≤0.15dB であることを確認します。それ以外の場合は先に進まないでください。



    ここの画面に表示されているコネクター数は無視してください。両方のファイバーの損失が ≤0.15 dB であることを確認してください。この例では、損失は 0.05 dB と 0.04 dB ですので、次の手順に進みます。
     
  12. これらの TRC が ≤0.15 dBであることの証明として、[保存] をタップし、覚えやすい識別子を付けて保存します。
  13. 両方のファイバーで ≤0.15 dB の損失が報告された場合は、[ホーム] キーを押して [基準値の設定] > [OK] > [ウィザードのスキップ] > [基準値の設定] をタップします。
  14. 基準値の設定が完了したら、メイン・ユニットとリモート・ユニットの接続を外します。
  15. メイン・ユニットとリモート・ユニットの間にデュプレックス LC-LC テスト基準コードを挿入します。
  16. [ホーム] を押して [テスト] をタップし、報告される損失が ≤0.15 dBであることを確認します。それ以外の場合は先に進まないでください
  17. 追加した「フィールド校正コード」が ≦0.15 dBであることの証明として、[保存] をタップし、覚えやすい識別子を付けて保存します。
  18. [ホーム] を押して [基準値の設定] > [OK] > [ウィザードのスキップ] > [基準値の設定] をタップします。
  19. 追加した デュプレックス LC‐LC テスト基準コードを取り外します
  20. メイン・ユニットに LC‐MPO(ピンなし)ブレイク・アウト・ケーブルを接続します。
  21. リモート・ユニットに LC‐MPO(ピンなし)ブレイクアウト・ケーブルを接続します
  22. 認証する MPO(ピンあり)リンクに接続します。
  23. [テスト] をタップします。
  24. [保存] をタップして、2 本のファイバーの損失を保存します。
  25. 次のペアに移動して、すべてのペアのテストを続けます。

補足情報

  • 手順に慣れるために、まずオフィスでこの方法を試してください。
  • 基準値を設定する際には、すべてのケーブルを適切に配置して、ケーブルがコイル状になっていないことを確認してください。
  • テストを 500 回行うごとに、上記の手順 16 に従ってテスト基準コードを再点検します。再点検の結果は記録しておいてください。
  • LC コネクターの通常の装着回数は 500 回くらいまでです。
  • MPO コネクターの装着回数は 500 から 1000 回くらいまでです。各ベンダーにご確認ください。(汚れのないコネクターに接続することを前提としています)