Certifying unpinned MPO multimode links with the CertiFiber Pro

This article describes a method for certifying multimode links with 12 fiber unpinned MPO connectors at each end using the CertiFiber Pro.

The same method can be used for 8 fiber unpinned MPO links. Since this method requires the use of break out cables (LC to pinned MPO), the user needs to understand the desired polarity for their installation. Using the MultiFiber Pro will result in a quicker certification. さらに、MultiFiber Pro は自動的に極性を報告します。 Click here to see how you can certify unpinned MPO trunk cables using the MultiFiber Pro.

必要なもの:

  • CFP2-100-M or CFP2-100-Q 
  • MRC-50EFC-SCLCKIT 数量 1
  • MRC-50-LCLC 数量 2
  • デュプレックス LC バルクヘッド・アダプター(シングルモード)
  • MPO to LC break out cable Quantity 2 - from the cabling vendor you are testing

また、この方法で適切な認証を行うには検査が不可欠です。検査を怠ると、結果が悲観的になることがあります。MPO および LC コネクター両方の端面を検査します。Versiv に取り付ける USB FI-1000 FiberInspector 用の MPO アダプター・チップを使用できます。

  1. テスト・リミットについては、ケーブル・ベンダー/コンサルタントに確認してください。ここでは、3 ジャンパー基準法を用いて TIA-568.3-D マルチモードを使用します。「リンクのテストでは、2 または 3 ジャンパー基準法を使用しない」ことが推奨される場合がありますが、However, for MPO/MTP trunk cable testing, a 3 Jumper Reference is required.

    接続数/スプライス数:4/0 であることに注意してください。これは重要です。

  2. すべてのテスト・コードを検査し、必要に応じてクリーニングします。
  3. メイン・ユニットとリモート・ユニットの出力ポートに SC‐LC EF-TRC を挿入します。(ここでは曲げ不敏感性マルチモード・コードを使用しないでください)
  4. メイン・ユニットとリモート・ユニットを接続します。
  5. [ホーム] 画面で、[基準値の設定] >[OK] > [ウィザードのスキップ] > [基準値の設定] をタップします
    (この方法を使う場合、CertiFiber Proで [ウィザードの実行] を使用しないでください。)
  6. [次の画面]> [ホーム] キーをタップします。
  7. 基準値の設定が完了したら、入力ポートからのみコードを抜きます。
  8. 既知の良好な LC‐LC テスト基準コードをメイン・ユニットの入力ポートに挿入します。
  9. 既知の良好な LC‐LC テスト基準コードをリモート・ユニットの入力ポートに挿入します。
  10. メイン・ユニットとリモート・ユニットをシングルモードの LC バルク・ヘッド・アダプターで接続します。(シングルモードはより良好なアライメントを提供します)
  11. [テスト] を押して、報告される損失が ≤0.15dB であることを確認します。それ以外の場合は先に進まないでください。



    ここの画面に表示されているコネクター数は無視してください。両方のファイバーの損失が ≤0.15 dB であることを確認してください。この例では、損失は 0.05 dB と 0.04 dB ですので、次の手順に進みます。
     
  12. これらの TRC が ≤0.15 dBであることの証明として、[保存] をタップし、覚えやすい識別子を付けて保存します。
  13. 両方のファイバーで ≤0.15 dB の損失が報告された場合は、[ホーム] キーを押して [基準値の設定] > [OK] > [ウィザードのスキップ] > [基準値の設定] をタップします。
  14. 基準値の設定が完了したら、メイン・ユニットとリモート・ユニットの接続を外します。
  15. メイン・ユニットとリモート・ユニットの間にデュプレックス LC-LC テスト基準コードを挿入します。
  16. [ホーム] を押して [テスト] をタップし、報告される損失が ≤0.15 dBであることを確認します。それ以外の場合は先に進まないでください
  17. 追加した「フィールド校正コード」が ≦0.15 dBであることの証明として、[保存] をタップし、覚えやすい識別子を付けて保存します。
  18. [ホーム] を押して [基準値の設定] > [OK] > [ウィザードのスキップ] > [基準値の設定] をタップします。
  19. 追加した デュプレックス LC‐LC テスト基準コードを取り外します
  20. Connect an LC to pinned MPO break out cable to the main unit:
  21. Connect an LC to pinned MPO break out cable to the remote unit:
  22. Connect to the unpinned MPO link you wish to certify:
  23. [テスト] をタップします。
  24. [保存] をタップして、2 本のファイバーの損失を保存します。
  25. 次のペアに移動して、すべてのペアのテストを続けます。

補足情報

  • 手順に慣れるために、まずオフィスでこの方法を試してください。
  • 基準値を設定する際には、すべてのケーブルを適切に配置して、ケーブルがコイル状になっていないことを確認してください。
  • テストを 500 回行うごとに、上記の手順 16 に従ってテスト基準コードを再点検します。再点検の結果は記録しておいてください。
  • LC コネクターの通常の装着回数は 500 回くらいまでです。
  • MPO コネクターの装着回数は 500 から 1000 回くらいまでです。各ベンダーにご確認ください。(汚れのないコネクターに接続することを前提としています)