同軸ケーブルのテスト - DSX CableAnalyzer

Certifying coaxial cabling with Versiv requires the optional DSX-COAX coaxial adapters and either DSX-5000 or DSX-8000 copper modules.  The adapters are marked “DSX-CHA003 COAX ADAPTER.”

Possible Mesurement Parameters

Versiv units will test the coax cable to 1002MHz.

ケーブル・タイプの選択

Cable types available in Versiv

Selecting a Test Limit

Click Here to see the Versiv Limit Lines document for a breakout of the Coax limits in section 2.1 (see Index on Page 1).

基準の選択

基準を 30 日ごとに設定することが重要です。アダプターを取り外すたびに、基準を設定する必要はありません。ただし、最高精度を得るため、同軸アダプターを使用するたびに基準を設定することも可能です。
 
Connect the two Versiv units together as shown in the diagram below:  

The reference lead cannot be more than 20 inches (0.5m); otherwise the DSX will not permit the reference to be set. 

付属の 75 Ω 基準ケーブルの使用が望ましいですが、50 Ω ケーブルで基準を設定することもできます。 

オートテストの結果

Below is an example of an autotest result for the TIA 568C.4 CATV RG6 : 

You will often see an “i” next to the test parameter. This indicates that the measurement is for Information only. このテスト・パラメータには、リミット値が割り当てられていません。ほとんどのユーザーは、利用するアプリケーションに合った最大値が何であるかを知っています。
 
HDTDR has a green check mark (pass) next to it. HDTDR になぜリミット値があるのでしょうか?The DSX CableAnalyzer automatically looks for an impedance anomaly greater than 15%.  If the impedance anomaly is greater than 15%, HDTDR will fail (red “x”).

インピーダンス異常

これが、ケーブル上で急激なインピーダンスの変化がある場所です。同軸ケーブルのテスト中に、テスト・ツールはケーブルで最もインピーダンスの異常が大きい(もしあれば)場所を検出して報告します。
 
The test tool reports an anomaly if 15% or more of the test signal is reflected. これは、異常が存在する HDTDR トレースの例です。

異常の発生原因:

  • 接続不良
  • ケーブルの圧縮(きつすぎる結束バンド、締め付け、ねじれなど)
  • ケーブル・タイプの不一致
  • Water in the cable jacket
  • 同軸ケーブル・タップの過負荷
  • 間違った成端値 

Custom Coax Test?

現在、ケーブル・タイプまたは NVP 値を変更すること以外に、同軸試験をカスタマイズするオプションはありません。It is anticipated that this will provide enough flexibility to allow testing in the majority of coaxial installations.

Example Autotest Report:

関連製品

                

                   

Versiv キット・コンフィギュレータ

                   

Versiv をどのように使用するか