DSX-5000 と DSX-8000 のモジュラー・プラグ成端リンク (MPTL) テスト・リミット

Within the ANSI-TIA568.2-D standard is a new link model named Modular Plug Terminated Link. 以前 TIA-568-C.2 は、水平ケーブルを通信アウトレットで成端して、ユーザーに柔軟なアクセスを提供するよう義務づけていましたが、場合によっては、デバイスに直接差し込むプラグで水平ケーブルを成端する必要が生じるかもしれません。

ほとんどの敷設では、パーマネント・リンク・モデルを使用したパッチ・パネルからフェースプレートまでの試験、またはチャンネル全体の試験のいずれの方法も適切です。しかし、アクセス・ポイントやカメラなど、遠端のデバイスを設置する場合や、フェースプレートの設置が困難な場合は、このリンク・モデルを使用する必要があります。

The MPTL limits contemplate the use of a Permanent Link adapter, DSX-PLA004 or DSX-PLA804 on one end and a Patch Cord adapter, DSX-PC6ADSX-PC6or DSX-PC5e on the other end. これらのリンクは TIA パーマネント・リンクのリミットと比較してテストされています。太字のモデル名は、単一のパッチ・コード・アダプター用の注文可能なパーツ番号です。お使いのジャックおよびケーブルに合ったアダプターを注文するようにしてください(テスト・リミットに対して、後方互換性はありません)。

テスト対象のカテゴリーに対応するパッチ・コード・アダプターを遠端で使用すると、現場で取り付けるプラグの性能検証に役立ちます。規格に従ってチャンネル・アダプターを使用する場合は、プラグとジャックの嵌合部の NEXT(近端漏話性能)は測定に含めません。

This configuration shows how to set up for a TIA Cat 6A MPTL (+PoE) autotest using DSX-5000 and DSX-PLA004 permanent link adapter and DSX-PC6A patch cord adapter. Selecting the (+PoE) limit adds Resistance Unbalance and Pair to Pair Resistance Unbalance measurements to the test. It ensures that your cable is properly balanced, which is important for PoE environments. For more information, click here.

To configure the tester to run this test, from the Test Setup screen, tap the “Test Limit” field, and then MORE:

Next we will choose the TIA Limit Group, choose the desired category of cable, and select the desired MPTL limit:

Note:  If you do not see MPTL (+PoE) limits available, update your software on Versiv to the latest version (6.1 included these limits).

After you tap the desired test limit, tap SAVE, select your limit, and tap USE SELECTED to finalize your selection.

Ready to test:  you should see your test limit in the test limit box on the HOME screen.

規格では、新しい敷設の場合、アクセス・ポイントまでカテゴリー 6A のリンク 2 本を配線することが推奨されています。

これで完了です。

関連製品

                

                   

Versiv キット・コンフィギュレータ

                   

Versiv をどのように使用するか