NEXT (Near-End Crosstalk:近端漏話減衰量) とトラブルシューティング方法 - DSX CableAnalyzer

NEXT 問題のトラブルシューティング方法をお探しですか?以下をお試しください。

ケース・スタディ 1 - マージナル NEXT パス - DSX CableAnalyzer

ケース・スタディ 2 - ケーブルが原因で NEXT が不良となる - DSX CableAnalyzer

Case Study 5 – NEXT Fails on DSX CableAnalyzer due to a termination issue

 

When a current flows through a wire, an electormangetic field is created which can interfere with signals on adjacent wires. 周波数が増加すると、その影響が強まります。各ワイヤー・ペアを撚り合わせることで、磁界が逆向きとなり、磁界が相殺し合います。撚り具合を強くすると、相殺効果が高まり、ケーブルがサポートできるデータレートが増加します。この撚り比を維持することが、配線を成功させるための最も重要な要素です。

If wires are not tightly twisted, the results is Near End Crosstalk (NEXT). ほとんどの人は、通話中に他の回線の通話が漏れて聞こえる経験をしたことがあるでしょう。これをクロストークと呼びます。In fact the name crosstalk derives from the telephone application where ‘talk’ came ‘across’. LAN では、ワイヤーのある 1 つのペアに流れる強い信号が、隣接するペアによって拾われるときに NEXT が生じます。NEXT is the proportion of the transmitted signal that is electromagnetically coupled back into the received signal.

 

 

結果の解釈

Since NEXT is a measure of the difference in signal strength between a disturbing pair and a disturbed pair, a larger number (less crosstalk) is more desirable that a smaller number (more crosstalk). Because NEXT varies significantly with frequency, it is important to measure it across a range of frequencies, from 1 to 100 MHz for Category 5E and up to 500 MHz for Category 6A. If you look at the NEXT on a 50 meter segment of twisted pair cabling, it has a characteristic “roller coaster going uphill” shape. つまり、上下に激しく変化し、その高さも一般的に増加します。これは、ツイストペアの結合が、高い周波数では効果が減るからです。

 

 

The field tester should compare successive readings across the frequency range against a typical pass/fail line, such as the Category 6A specification we see here. If the measured value of the NEXT crosses the pass/fail line at any point, then the link does not meet the stated requirement. Since NEXT characteristics are unique to each end of the link, NEXT is measured in both directions.

 

トラブルシューティングの推奨事項

In many cases, excessive crosstalk is due to poorly twisted terminationsat the connection points.

From the standard, ANSI/TIA-568-C.0

平衡ツイストペア・ケーブルに成端された接続ハードウェアの設計性能を維持することが重要です。これは、接続ハードウェアのメーカーの指示に従い、平衡ツイストペア・ケーブルを適切な接続ハードウェアで成端することで達成できます。接続ハードウェアの指示が存在しない場合、ケーブルの形状を可能な限り接続ハードウェアに近いものにし、ケーブルの成端部分および平衡ツイストペア・ケーブル終端のねじれのないペアの最大長は表 1 に従うものとします。

表 1 では、カテゴリー 5e、6、6A の場合、13mm(0.5 インチ)と規定しています。また、すべての規格では、ねじれのない部分を最小限に抑えることを共通して規定しています。経験から、13mm で必ずしもフィールド・テストに合格するという保証はありません。

 

NEXT が不合格になった時に最初に行うことは、フィールド・テスターを使用して、どの終端で NEXT が不合格になっているかの特定です。これを特定したら、その終端の接続を確認し、必要に応じて、交換または成端処理をやり直します。The DSX has two powerful troubleshooting features to help identify the cause of a NEXT failure. The first is named Fault Info, more details on that here. 多くのテスターは、ケーブルのどこでクロストークが生じているか見る時間領域機能を備えています。The example below is taken from a DSX CableAnalyzer. この機能を HDTDX と呼びます。

 

 

これが問題でなければ、より低いカテゴリーのパッチコード(クラス D 配線環境でボイス・グレードのケーブルが使われている)の存在を確認します。他に考えられる NEXT 不合格の原因は、スプリット・ペア(対分割)です。これらは、フィールド・テスターのワイヤーマップ機能で自動的に特定できます。クロストークの原因として他に挙げられるのが、メスのカプラーです。これは、データ配線環境には使用してはなりません。ケーブルの長さが不十分であれば、ケーブルを追加するのではなく、必要な長さのケーブルと交換します。
 
不適切なテストを選択することで、NEXT が不合格になることもあります。For example, you cannot expect a Category 5e installation to meet Category 6A performance requirements.
 
NEXT の最善のトラブルシューティング方法は、時間領域機能を備えたテスターを使用することです。この機能により、障害までの距離を特定でき、問題を突き止めることができます。この診断機能は、パッチコード、コネクター、水平ケーブルにかかわらず、NEXT 不合格の原因を明白にします。

上記の潜在的原因をすべて排除しても、まだ NEXT が不合格になる場合、システム設計者に連絡してください。