フルーク・ネットワークスは、急速に拡大する LinkWare Live コミュニティをサポートするために、Wi-Fi 機能を内蔵した新しい Versiv メインフレームを発表しました

2018 年 2 月 5 日 / ワシントン州エバレット

新しいハードウェアは、すべての Versiv 測定モジュール、ソフトウェア、およびアクセサリーに 100% 対応しています

フルーク・ネットワークスは本日、業界最先端の Versiv ケーブル配線認証システムの向けの新しいメインフレームとリモート器を発表しました。この新製品は、急速に拡大する LinkWare ライブソフトウェア・サービスをサポートするために、お客様からのご要望にお応して Wi-Fi 機能を内蔵しています。新しい「Versiv 2」モデルは、現行の Versiv 測定モジュール(DSX CableAnalyzer™ シリーズ、CertiFiber™ Pro OLTS、OptiFiber® Pro OTDR および FI-7000 FiberInspector™ Pro)、オプション、およびアクセサリーすべてに完全に対応しています。

フルーク・ネットワークスの副社長兼ゼネラル・マネージャーである Eric Conley は、「Versiv のユーザーは、LinkWare ライブを使用して生産性の向上を実現しています。LinkWare ライブを使って、これまでに 800 万件以上の結果がアップロードされており、当社のビジネスの大きな推進要因となっています。拡大するこの大きな顧客コミュニティから、Wi-Fi アクセスに必要な USB ドングルをなくすようご要望があり、当社は新しいメインフレームを設計することで、これを実現しました」と述べています。

フルーク・ネットワークスは、新しい設計に最新コンポーネントを組み込むことで、製造性の向上と改善を実現しました。フルーク・ネットワークスでは、新しい Versiv 2 がサポートされる限り現行の Versiv メインフレームとリモートをサポートするため、現行の Versiv を所有されるお客様にもご活用いただけます。

「この取り組みにより、現行および将来の Versiv をお客様により長くご使用いただくことができます」と Conley は言います。

Versiv 2 モデルは、2018 年 2 月 5 日 より、世界各地の認定再販業者からご購入いただけます。製品の一覧については、www.flukenetworks.com/wheretobuy をご覧ください

フルーク・ネットワークスについて

フルーク・ネットワークスは、優れた認証/トラブルシューティング/インストレーション・ツールを提供する世界大手企業です。当社の製品は、重要なネットワーク・ケーブル配線インフラを設置・保守する技術者を対象にしています。弊社は、信頼性と比類ない能力において高い評価をいただいております。最先端のデータセンターの設置から悪天候のサービス復旧作業に至るまで、すべての作業を効率的に行います。同社の主要製品には、2014 年後半に発表された、革新的な、世界初のクラウド接続ケーブル認証機能、LinkWare Live が含まれます。詳細については、1-800-283-5853(米国/カナダ)または 1-425-446-5500(海外)にお電話でお問い合わせください。または www.flukenetworks.com をご覧ください。

追加情報および最新情報については、以下のフルーク・ネットワークス公式ソーシャル・メディアをご覧ください。

Twitter: https://twitter.com/flukenetdci 
Facebook: http://www.facebook.com/flukenetworks 
LinkedIn: http://www.linkedin.com/company/fluke-networks