フルーク・ネットワークスの新しい Pro3000F™ フィルター付きプローブを使うと、通信ケーブルの明瞭かつ正確なトレースを行えます。

2018 年 6 月 4 日 / ワシントン州エバレット

革新的なフィルター付きプローブは、外部の信号干渉によって発生する「電源ノイズ」を遮断するため、技術者は、配線のトレースをノイズのない状態でより効果的に行えます

フルーク・ネットワークスは、Pro3000 トーン発生器&プローブの最新バージョン、Pro3000F フィルター付きプローブを発表しました。Pro3000F は、50 または 60 Hz の信号干渉とその高調波を除去する高度なフィルターを備えています。電力ケーブルや照明などによるノイズの多い環境でも、技術者はフィルター機能を使って簡単にケーブルやワイヤーのトレースを行えます。

「Pro3000 は、低価格、16 km のトーン信号発信範囲、乾式壁を通してトーン信号を検出できる大音量スピーカー、そしてフルーク・ネットワークスの定評ある品質と信頼性をすべて兼ね備えた、長期にわたってベストセラー製品となっているトーン信号発信ツールです。本製品は、Amazon の 5 段階評価で 400 人以上のお客様から 4.4 評価をいただいています」と、フルーク・ネットワークスのマーケティング担当ディレクター、Harley Lang III, RCDD は言います。「当社はお客様からのご意見を重視しています。フィルター機能に対するお客様の強いご要望にお応えして、トーン発生器&プローブ製品ファミリーにフィルター付きバージョンを追加しました。Pro3000F のフィルター機能は非常に画期的な性能です」

新しい敷設および既存のネットワークの維持において、ケーブルのトレースとトーン信号の検出は、ケーブル技術者にとって非常に重要な作業の 1 つです。技術者はトーン発生器とプローブを使って、導通性の検証、問題のあるリンクの特定、ケーブル配線の管理を行えます。

建物の改装など特定の環境では、電動工具の電源、照明、ファンなど信号干渉源が多いため、標準のトーン発生器が発信するトーン信号を検出できないことがあります。通常、こういったノイズの周波数は 60 Hz またはその高調波(北米以外の地域では 50 Hz)です。ノイズは技術者の作業の妨げとなり、ケーブルの正確なトレースを不可能にします。

「不要なノイズのある環境では、トーン信号の検出に非常に時間がかかってしまい、経験と忍耐が必要な作業になります」と、高性能ネットワーク・インフラ製品/システムの大手サプライヤーである Leviton Network Solutions のテクニカル・スペシャリスト主任兼アプリケーション・エンジニアの John Seger 氏は言います。「フィルター機能を備えたプローブを使用して AC 干渉を遮断することで、技術者は現場の作業を簡単に効率良く行うことができます」

Pro3000F フィルター付きプローブは、単体または Pro3000 トーン発生器とセットで販売されています。Pro3000 トーン発生器は SmartTone™ 技術を搭載しており、5 つの異なるトーン信号でペアを正確に識別できます。また、既存のアナログ発生器や、MicroScanner2™、CableIQ™、および DSX ケーブルアナライザー™・シリーズなどのフルーク・ネットワークス製品に内蔵された発生器とも互換性があります。

製品の入手:フルーク・ネットワークス Pro3000F フィルター付きプローブは、60 Hz および 50 Hz バージョンで世界各地でご利用いただけます。Pro3000F は、Amazon.com などの正規再販業者、および高品質な電動工具/資材を取り扱う世界各地の販売店からご購入いただけます。

フルーク・ネットワークスについて

フルーク・ネットワークスは、優れた認証/トラブルシューティング/インストレーション・ツールを提供する世界大手企業です。当社の製品は、重要なネットワーク・ケーブル配線インフラを設置・保守する技術者を対象にしています。弊社は、信頼性と比類ない能力において高い評価をいただいております。最先端のデータセンターの設置から悪天候のサービス復旧作業に至るまで、すべての作業を効率的に行います。当社の主力製品には、クラウド接続を利用した世界最先端の革新的ケーブル認証ソリューション、LinkWare™ Live が含まれ、これまでに 1000 万件以上の結果がアップロードされています。詳細については、1-800-283-5853(米国/カナダ)または 1-425-446-5500(海外)までお電話でお問い合わせください。または www.flukenetworks.com をご覧ください。

追加情報および最新情報については、以下のフルーク・ネットワークス公式ソーシャル・メディアをご覧ください。

Twitter: https://twitter.com/flukenetdci
Facebook: http://www.facebook.com/flukenetworks
LinkedIn: http://www.linkedin.com/company/fluke-networks