ブログ:ケーブリング・クロニクル|Page 13|www.flukenetworks.com/jp

ケーブリング・クロニクル

2014-05-23

For most structured cabling professionals, the days of nostalgically flipping through the pages of a school yearbook have passed.But Fluke Networks has introduced the next best thing – The Versiv Family Yearbook:Class of 2014.

2014-04-11

ネットワーク・エンジニアは業界での新しい傾向に注意を払う必要があります。In a report published earlier this year, “Data Center Switch Long-Range Forecast Report,’ Crehan Research Inc. predicted that the data center switch market will grow to $16 billion by 2017, and Ethernet, including Fibre Channel-over-Ethernet, will become an ever-increasing portion of the overall market.

2013-09-24

Perhaps the last thing a buyer of cable test equipment thinks about when looking for a product is how to prevent testing errors—and that’s a big mistake.While issues such as cost, standards and specifications including bandwidth and test speeds are important, decision makers should not ignore the issues of project errors and the subsequent delays they can cause.

2013-07-10

 If you’re in the cable testing business, you should know about ETL Verification.

2013-03-28

現在のケーブル設備の検証は、1 つの現場で先進的なカテゴリーの 5e テスト・レポートに含まれるデータ・フィールドが 400 をゆうに超えるようになり、検証結果の評価は非常に複雑化しています。何百、何千という数のリンクを含む一般的な作業では、ネットワーク・エンジニアがすべての結果を調べて合格と判断しても、なお重大な問題が残っています。試験仕様やアダプタに誤りがなかったかどうかを調べるにはどうすればよいのでしょうか?すべてのテスターに適切なソフトウェア・バージョンが使用されたでしょうか?期待通りのマージンが得られ、そのマージンは安定していたでしょうか?

2013-03-11

Anyone who’s ever tested a multimode fiber optic link with light sources from different equipment vendors will know that the loss measurement can vary by as much as 50 percent.適切なコントロールがなければ、マルチモード光源によるマルチモード・ファイバーへの光の注入に変化が出ます。  同じメーカーの光源であっても異なった立上げ条件の下では、多様なリンク損失が測定され、異なった、そして多くの場合混乱するテスト結果につながります。

2013-02-08

LC/MPO カセットのような低損失光ファイバー・コンポーネントの導入に伴って、予定損失(テスト制限)はますます小さくなりつつあります。結果として、敷設業者は、ファイバー・テストに関する従来の方法や前提がもはや成立しないことに気付いています。

米国電気通信工業会 (TIA) は、現在もコネクターあたり 0.75 dB を許可していますが、工場で研磨されるコネクターは 0.2 dB 前後です。そのため、敷設業者が TIA の制限をテストする際には、測定にかなりの不確実性が認められています。つまり、このようなテストを実施することは妥当ではあっても完璧ではないということです。

2013-01-10

増え続ける多数のビジネス・アプリケーションをサポートするために、会社が IP トラフィックの高まる要求に対応することで、多くの会社では、サーバー、スイッチ、およびストレージ・エリア・ネットワーク間の 10G または 40G イーサネット接続と、コア・スイッチングおよびルーティング・バックボーン向けの 100G イーサネットをサポートする光ファイバー・ネットワークを持つデータ・センターを設計しています。

ページ

 
 
Powered By OneLink