ブログ:ケーブリング・クロニクル|Page 10|www.flukenetworks.com/jp

ケーブリング・クロニクル

2016-3-10

ネットワーク・ケーブル配線プラントの敷設、試験、認証を行う方たちは、所定のパラメーターで規格性能を満たすこと、アプリケーションを確実にサポートすることの重要性を理解されていますが、どんなに優秀な方でも、収益や顧客満足度に悪影響を及ぼすような失敗をすることがあります。

ネットワークのケーブル配線システムをテストする際に賢い人がやってしまう「#8 愚かなこと」—BIMMF(曲げ不感マルチモード・ファイバ)テスト・コードと一般的なマンドレルの使用— について見てみましょう。

2016-3-03

ISO/IEC 11801、情報技術 – 構内情報配線システムは全面的に見直されつつあります。前のバージョン、第 2.2 版は 2011 年に発行されました。このバージョンでは ISO/IEC 11801 は、1 つの包括的な文書としてまとめられていました。その後の規格の規模拡大により、規格は次の 6 つの部分に分けられました。

2016-2-25

How we communicate and share information today is all done via networks, and every day our world becomes more connected.The Internet of Things (IoT) is placing more IP-based devices on the network than ever before--from digital displays and LED lighting, to security apparatus and building automation systems.

2016-2-16

ケーブル敷設の認証には、証明書類が必ず必要です。結果の記録がなければ、設置の説明責任と整合性を保証することができず、争いを解決して、より効率的なトラブルシューティングを促進することもできません。

2016-2-09

ネットワーク・ケーブル配線プラントの敷設、試験、認証を行う方たちは、所定のパラメーターで規格性能を満たすこと、アプリケーションを確実にサポートすることの重要性を理解されていますが、どんなに優秀な方でも、収益や顧客満足度に悪影響を及ぼすような失敗をすることがあります。

Let’s take a look at the #1 Dumb Thing that smart people do when testing network cabling systems— Specifying channel testing when installing permanent links.

2016-2-01

To maximize return on investment, your test equipment moves from jobsite to jobsite.At any given moment, several of your skilled technicians can be testing and certifying network cabling with multiple testers for multiple concurrent projects in multiple areas—a real recipe for mixing up and misplacing test equipment.

2016-1-25

ネットワーク・ケーブル配線プラントの敷設、試験、認証を行う方たちは、所定のパラメーターで規格性能を満たすこと、アプリケーションを確実にサポートすることの重要性を理解されていますが、どんなに優秀な方でも、収益や顧客満足度に悪影響を及ぼすような失敗をすることがあります。

Let’s take a look at the #5 Dumb Thing that smart people do when testing network cabling systems—forgetting to enable plot data

2016-1-21

Unlike required Tier 1 testing for attenuation (insertion loss), length and polarity that can be achieved with an optical loss test set (OLTs), few technicians in the field find themselves faced with Tier 2 testing and the need for an Optical Time Domain Reflectometer (OTDR).

2016-1-14

ISO/IEC 14763-3 の第 2 版は 2014 年に発行されました。この規格は、光ファイバー配線の検査・テストに使用されるシステムやその手順を指定し、構内配線におけるケーブルの敷設と運用をサポートします。2015 年に正誤表が発行されました。 さらに補正を行うため、現在改訂が検討されています。また、改訂には補足も追加されました。

2016-1-07

ネットワーク・ケーブル配線プラントの敷設、試験、認証を行う方たちは、所定のパラメーターで規格性能を満たすこと、アプリケーションを確実にサポートすることの重要性を理解されていますが、どんなに優秀な方でも、収益や顧客満足度に悪影響を及ぼすような失敗をすることがあります。

Let’s take a look at the #9 Dumb Thing that smart people do when testing network cabling systems—relying on a duplex tester for certifying MPO trunks.

ページ

 
 
Powered By OneLink