光ファイバー・リンク損失バジェットの計算 - SimpliFiber Pro

ファイバー・リンクの損失を測定した後は、そのファイバー・リンク損失を許容できるかどうかを判断しなければなりません。損失値をアプリケーションの要件と比較するか、リンク内に存在するコネクターやスプライスの数、ファイバー・リンクの長さ、そして測定される波長に基づいて、予想損失を計算できます。実は、これは言うほど難しくありません。

光ファイバー・リンクの損失バジェットを計算する前に、許容できる最小損失値を知る必要があります。これらは ANSI/TIA/EIA-568-C.3 および ISO/IEC 11801:2002 で規定されています。

嵌合コネクター・ペア 0.75 dBm
 
スプライス 0.3 dBm
 
マルチモード・ファイバー 3.5 dB/km @ 850 nm
  1.5 dB/km @ 1300 nm
 
シングルモード・ファイバー 1.0 dB/km @ 1310 nm
  1.0 dB/km @ 1550 nm
 
屋外プラント(TIA のみ) 0.5 dB/km @ 1310 nm
  0.5 dB/km @ 1550 nm

 

上記が最小要件です。通常、ファイバーの仕様では、より厳しい値になっていることに注意してください。例えば、嵌合コネクター・ペアが 0.5 dB であったり、マルチモード・ファイバーが 3.0 dB/km @ 850 nm になっていることがあります。必ず技術仕様をご覧になり、ケーブル配線規格で規定される値と異なるか確認してください。
 
では、規格の値を例にしましょう。

最も簡単な方法は、以下の表を埋めるやり方です。

上記の結果を SimpliFiber Pro のものと比較しましょう。SimpliFiber Pro では、両波長を同時に測定します。他のメーターを使用すると、2 ステップのプロセスになります。

ここに表示される値は、上記で計算した光ファイバー・リンク損失より小さい値です。つまり、この光ファイバー・リンクは仕様を満たしています。光損失バジェットを計算する際に役立つスプレッドシートをダウンロードできます。このファイバー損失計算機を Excel で使用して、ファイバー・リンク損失を計算しましょう。

関連製品

                

                   

Versiv キット・コンフィギュレータ

                   

Versiv をどのように使用するか