Fiber QuickMap - マルチモード・ファイバー障害ロケーターおよびトラブルシューター|フルーク・ネットワークス

Fiber QuickMap™

マルチモード・ファイバー用の距離および障害ロケーター
  • マルチモード・ファイバー、50/125µm および 62.5/125 µm で動作
  • 850 nm 出力波長最大 1,500 メートル (4,921 フィート) の光ファイバーを数秒以内で測定
  • マルチモード光ファイバーの極端な曲げ、損失の大きな融着部分、破損およびコネクターの汚れた箇所を特定
  • 高損失のスプライスの測定と場所の特定
  • ファイバー末端部の場所の特定
  • 接続部の汚れや不良による反射が原因でビット・エラー・レートが高くなっていると思われる原因箇所の発見
  • テストの開始前にライブの光信号を検出
  • 設定が簡単。ファイバーを接続して、テスト・ボタンを押すだけ。時間のかかる設定は不要
  • 問題を迅速に発見。6 秒のテスト時間により、試行錯誤に頼る煩わしいトラブルシューティング作業から解放
  • ファイバー長さの精度向上のために屈折率 (IOR) を変更
  • 暗い場所でも見える。バックライト付きディスプレイは自動的にオフになります。
  • 取り外し可能な SC アダプターは簡単に洗浄可能
  • オプションの LC、ST、および FT 交換可能アダプターが利用可能
  • 長い電池寿命、2 個の単 3 アルカリ電池で 1,500 回テスト(通常)
  • 丈夫な構造、振動と落下テスト済み(最大 1 メートル)
バーチャルデモ
ツール選択ガイド
担当者に相談 ご購入について
 

概要

VFLs work well for exposed lengths of fiber near a patch panel by illuminating bad connections and breaks. They are not very helpful for cable runs more than a few meters, or when the cable not visible or accessible, or when the laser light can’t penetrate the jacket.

Optical Time Domain Reflectometers (OTDR) provides graphical data and analysis along the entire length of a cable, way beyond the reach of a VFL, but they can be expensive and require more time to and skill to operate.

Fiber QuickMap fills the gap between a VFL and an OTDR. These models have the simplicity of a VFL, and provide distance and power information on high losses, breaks, and the end of the fiber. They also identify live fiber

"I hired a contractor to trench fiber. Once it came time to terminate the ends, the contractor chose to polish manually instead of fusing. I used the Quickmap to show that the polishing was not done very well. The contractor then elected to fuse them, and I received a better product. I believe the Quickmap is well worth the money in time savings."
Mike M.
Corpus Christi, TX US

VFL は、接続不良部分および破損を照らし出すことにより、パッチ・パネル付近のファイバーの露出された長さに適しています。数メートルを超えるケーブル配線や、ケーブルが見えなかったり、ケーブルにアクセスできなかったりする場合、またはレーザー光がジャケットを透過できない場合にはあまり役に立ちません。

光学時間領域反射率計 (OTDR) は、VFL の到達範囲を大きく超えて、ケーブル長全体のグラフィック・データと解析を提供しますが、値段が高く、操作に時間がかかり、またスキルを必要とします。

Fiber QuickMap は、VFL と OTDR のギャップを埋めるものです。これらのモデルは、VFL のシンプルさを保ちつつ、高損失、破損、ファイバー・エンドの距離とパワー情報を提供します。また、ライブ・ファイバーも識別します。

 

特長

1 ボタン試験

Fiber QuickMap は、箱から取り出し特別な設定なしに、すぐに使用できます。単純に電源をオンして、テストしたいマルチモード・リンクに接続します。そして、”TEST” ボタンを押すだけで、素早いトラブルシューティング、あるいはチャネル全体にわたって、その接続性に関する状態を一目で把握することができます。機器の設定、光ファイバーのタイプ、あるいは規格などの選択などに時間を費やす必要はありません。

6 秒で完了するトラブルシューティング

チャネルの片端から試験する機器である Fiber QuickMap トラブルシューターは、トラブルシューティングの時間を数時間から数秒に削減します。平均 6 秒のテスト時間により、マルチモード光ファイバー・ケーブルのすべての問題のありかを突き止め、解決するために必要な見やすいデータを素早く表示します。トラブルシューティングに使用する通常のツールは、一般的に非効率的、非効果的、あるいはその両方に当てはまります。可視光源、レーザー光源、あるいは懐中電灯は容易に使用できる一方で、トラブルシューティングにおけるその能力は、極めて限られています。つまり、損失の疑いのある、あるいは反射が発生していると考えられる箇所の区別ができません。また、すべての障害箇所にわたってその障害箇所を追跡しながら、常に、配線を目視し続けることが必要です。この作業は、時間を集中的に割かれるばかりでなく、リンクが床タイルの下、壁の後ろ、あるいは床下にあるデータ・センターおよびキャンパス環境の多くにおいては、非現実的なものです。光パワー・メーターおよび光源は、チャネル全体のパワーとロスを確認するテストに最適です。しかし、トラブルシューティングには非効率的です。すなわち、チャネルの長さおよびリンクの数によっては、数時間もかかることもあるチャネルの試験をリンク毎に順次行わなければならないからです。

マルチモード・チャネルに対する重要な洞察力を入手

光ファイバー障害の多くがエンタープライズ環境で発生するため、チャネル内のすべての接続部のインシデントに対する洞察力をもつことは不可欠です。Fiber QuickMap トラブルシューターは、リンク末端(あるいは破損箇所)にわたり、複数*の接続インシデントまでのそれぞれの距離を表示します。

*インシデントは最大 9 箇所まで表示することができます。
ビットエラー・レートの原因となる場所の特定

光ファイバー・ケーブルのコネクター反射は一般的な現象ですが、その値が大きい場合 (特に高帯域 (10+ Gbps) システムにおいて) は、実際に問題を起こすこともあります。過度の反射 (通常は端面の汚れや研磨不良による) は、ファイバー光源の出力低下を引き起こし、結果的にビット・エラー問題につながりかねません。大きな反射の箇所を測定し、特定できることは、ネットワーク・パフォーマンスの最適化に役立ちます。

マルチモード・ファイバー不良の最も多い要因の場所を特定

企業ネットワークで使用されている光ファイバー・ネットワーク不良の多くが損失により発生するため、マルチモード・チャネル内の損失インシデントを検出することは極めて重要なことです。これらの極端な曲げ、汚れ、あるいは光ファイバー端面の破損などによる大きなロスは、可視光源、懐中電灯、および光パワー・メーターでは確認できません。しかし、Fiber QuickMap を使用すれば、素早く損失検出のしきい値を設定し、すべての損失を示すインシデントを見つけ、そしてその場所を特定できます。

 

モデル名およびアクセサリー

 
モデル名
製品名 詳細
FQM-M

マルチモード・ファイバー・フォルト・ロケーター・ユニット、ネジ留め交換可能 SC アダプター、4 か国語のクイック・リファレンス・ガイド(9 か国語のマニュアルがオンラインで入手可能)、安全指示マニュアル、およびバッテリーが付属。写真参照

FQM-100-M

マルチモード・ファイバー・フォルト・ロケーター・ユニット、ネジ留め交換可能 SC アダプター、UPC-UPC 2 メートル・パッチ・コード、キャリング・ケース、4 か国語対応クイック・リファレンス・ガイド(9 か国語のマニュアルがオンラインで入手提供)、安全支持マニュアル、およびバッテリーが付属 写真参照

FQM-100-M ゴールド・サポート:
GLD-FQM-100-MFQM-100-M 用の 1 年間のゴールド・サポート
FQM-100-M-VFL

マルチモード・ファイバー・フォルト・ロケーター・ユニット、ネジ留め交換可能 SC アダプター、UPC-UPC 2 メートル・パッチ・コード、キャリング・ケース、4 か国語のクイック・リファレンス・ガイド(9 か国語のマニュアルがオンラインで入手可能)、安全指示マニュアル、およびバッテリーが付属。VisiFault ビジュアル・フォルト・ロケーター(2.5mm ユニバーサル・アダプター付き)付き 写真参照

FQM-100-M-VFL ゴールド・サポート:
GLD-FQM-100-M-VFLFQM-100-M-VFL 用の 1 年間のゴールド・サポート
FQM-SFP-M

マルチモード・ファイバー・フォルト・ロケーター・ユニット、ネジ留め交換可能 SC アダプター、UPC-UPC 2 メートル・パッチ・コード、キャリング・ケース、4 か国語のクイック・リファレンス・ガイド(9 か国語のマニュアルがオンラインで入手可能)、安全指示マニュアル、およびバッテリーが付属。SimpliFiber Pro 光パワー・メーターおよび SC アダプター付き 写真参照

FQM-SFP-M ゴールド・サポート:
GLD-FQM-SFP-MFQM-SFP-M 用の 1 年間のゴールド・サポート
 
アクセサリー
製品名 詳細
FI-500

FiberInspector Micro、プローブ、ディスプレイ、UPC 用チップ(LC バルクヘッド、SC バルクヘッド、1.25mm 端面アダプター、2.50mm 端面アダプター) x 4 、ケース、充電式バッテリー、汎用電源アダプター付き 写真参照

NFC-Kit-Box
光ファイバー・クリーニング・キット
MRC-50-SCSC
50 µm SC 終端ファイバー・テスト用マルチモード・テスト基準コード (2m) (SC/SC)
MRC-50-LCLC
50 µm LC 終端ファイバー・テスト用マルチモード・テスト基準コード (2m) (LC/LC)
MRC-50-FCFC
50 µm FC 終端ファイバー・テスト用マルチモード・テスト基準コード (2m) (FC/FC)
MRC-50-STST
50 µm ST 終端ファイバー・テスト用マルチモード・テスト基準コード (2m) (ST/ST)
MRC-625-SCSC
62.5 µm SC 終端ファイバー・テスト用マルチモード・テスト基準コード (2m) (SC/SC)
MRC-625-LCLC
62.5 µm LC 終端ファイバー・テスト用マルチモード・テスト基準コード (2m) (LC/LC)
MRC-625-FCFC
62.5 µm FC 終端ファイバー・テスト用マルチモード・テスト基準コード (2m) (FC/FC)
MRC-625-STST
62.5 µm ST 終端ファイバー・テスト用マルチモード・テスト基準コード (2m) (ST/ST)
MMC-50-SCSC
マルチモード・ランチ・ケーブル 50 µm SC/SC
MMC-50-SCLC
マルチモード・ランチ・ケーブル 50 µm SC/LC
MMC-50-LCLC
マルチモード・ランチ・ケーブル 50 µm LC/LC
MMC-50-SCST
マルチモード・ランチ・ケーブル 50 µm SC/ST
MMC-50-STST
マルチモード・ランチ・ケーブル 50 µm ST/ST
MMC-50-SCFC
マルチモード・ランチ・ケーブル 50 µm SC/FC
MMC-50-FCFC
マルチモード・ランチ・ケーブル 50 µm FC/FC
MMC-50-SCE2K
マルチモード・ランチ・ケーブル 50 µm SC/E2K
MMC-62-SCSC
マルチモード・ランチ・ケーブル 62.5 µm SC/SC
MMC-62-SCLC
マルチモード・ランチ・ケーブル 62.5 µm SC/LC
MMC-62.5-LCLC
マルチモード・ランチ・ケーブル 62.5 µm LC/LC
MMC-62-SCST
マルチモード・ランチ・ケーブル 62.5 µm SC/ST
MMC-62.5-STST
マルチモード・ランチ・ケーブル 62.5 µm ST/ST
MMC-62-SCFC
マルチモード・ランチ・ケーブル 62.5 µm SC/FC
MMC-62.5-FCFC
マルチモード・ランチ・ケーブル 62.5 µm FC/FC
PA-SC
交換用ネジ留めタイプ SC アダプター(旧タイプの角形コネクターには不適)
PA-LC
ネジ留め交換可能 LC アダプター(角形の旧式メーターには不適)
PA-FC
交換用ネジ留めタイプ FC アダプター(旧タイプの角形コネクターには不適)
PA-ST
交換用ネジ留めタイプ ST アダプター(旧タイプの角形コネクターには不適)
 

仕様

モデル名
バッテリーでの稼動温度 0ºC ~ 50ºC
保管温度 -20ºC ~ 60ºC
操作相対湿度(結露なし) 95%(10ºC ~ 35ºC)75%(35ºC ~ 40ºC) 非制御 < 10ºC
振動 ランダム、5 Hz ~ 500 Hz、MIL-PRF- 28800F CLASS 2
衝撃 1 メートルの落下テスト
高度 3000m
EMC EN 61326-1:2004
バッテリー・タイプ 単 3 アルカリ電池 2 個 (バッテリー充電器なし)
バッテリー使用時間 1500 テスト(代表値)
レーザー安全性 クラス I CDRH は EN 60825-2に適合
LCD タイプ  白黒 (セグメント)、バックライト付
屈折率範囲 1.45 ~ 1.5 (工場出荷時のデフォルトは1.496)
自動電源オフ キーが押されない場合、5 分後に電源が自動的にオフになります。最初にバックライトがオフになります。
工場の校正周期 なし 
出力波長 850 nm ± 10 nm
レーザー・クラス クラス I CDRH は EN 60825-2に適合
ダイナミック・レンジ >11 dBm
最大距離 1500 メートルまたは 4921 フィート 
インシデントの最大表示数 9
距離精度(0 ~ 1500 m または 0 ft ~4921 ft) 反射インシデント ±(1 m + 0.1 % x 長さ) 1、非反射インシデント ±(3 m + 0.1 % x 長さ)2
テスト速度  < 6 秒の典型
コネクター 着脱式/クリーニング可 SC アダプタ、UPC 研磨
テスト済みファイバー・タイプ 50/125 µm あるいは 62.5/125 µm マルチモード
反射インシデントの検出3 -35 dB デフォルトしきい値(ユーザー選択可能な値:5 dB 単位で -20 dB ~ -45 dB)
反射率確度4 ± 4 dB
最大反射率測定 -20 dB
損失インシデントの検出5 0.70 dB デフォルトしきい値(ユーザー設定可能な値:0.2 dB 単位で 0.5 dB ~ 6.1 dB )
バルクヘッド品質 ファイバーが接続されていない、またはコネクターが汚れている場合、本器に 0 m または 0 ft と表示。
稼動ファイバーの検出 600 nm ~ 1050 nm の光信号を検出し、信号があれば、ACTIVE LINE(アクティブ回線)と表示。最初の検出後、3 秒ごとに信号を検索します。+7 dB 最大入力。
認定および適合 欧州連合   該当する欧州連合(EU)
指令に準拠
オーストラリア規格 関連するオーストラリアの規格に準拠
カナダ規格 カナダ規格協会 CSA
C22.2号61010.1.04
FCC 規則 に記載  FCC 規則パート A クラス A に準拠

 

1. ± ユーザー設定可能な屈折率 (IOR) エラー ± インシデントのロケーション・エラー。反射インシデントのロケーション・エラー:1 m ~ 1.5 km ±1 m。
2.± ユーザー設定可能な屈折率 (IOR) エラー ± インシデントのロケーション・エラー。非反射インシデントのロケーション・エラー:£15 m の長さの場合は ±2 m、それ以外は ±1 m。
3.-55 dB より大きい反射率をもつインシデントを検出して表示します。バルクヘッドの反射率が 35 dB 未満の場合は、バルクヘッド・コネクターより 1m を超えた先のインシデントを検出します。インシデントの反射率が 35 dB 未満の場合、インシデントより 3 m を超えたインシデント検出します。
4.キャリブレーション後の -14 dB 基準を使用した 850 nm で後方散乱係数は -63 dB です。
5.バルクヘッドの反射率が -35 dB 未満、および前のインシデントの反射率が -35 dB 未満の場合は、バルクヘッド・コネクターまたは前のインシデントより 10 m を超えた先のインシデントを検出します。インシデント前の最大リンク損失は 7 dB 未満です。



 

 

ドキュメント

 

パンフレット

タイトル/説明 ダウンロード  
光ファイバー配線の試験とトラブルシューティング・ツール - 選択ガイド (Fiber Best Practice)
ダウンロード PDF
6.8 MB
アンロック・アイコン
 

データ・シート

タイトル/説明 ダウンロード  
Fiber QuickMap データーシート (Data Sheet)
ダウンロード PDF
1.26 MB
アンロック・アイコン
Fiber QuickMap and Fiber OneShot PRO Datasheet
PDF をダウンロードする
アンロック・アイコン
 

バーチャル・デモ

タイトル/説明 デモ  
Fiber QuickMap バーチャル・デモ (日本語) (Virtual Demo)
バーチャル・デモを見る アンロック・アイコン
 

ゴールド・プロダクト・サポート

Fiber QuickMap のゴールド・サポートを利用すると、投資収益率を上げながら製品を最大限活用できます。ダウンタイムを最小限に抑え、より早く問題を解決し、ゴールド・サポート・サービスに関するリソースをすべてご利用いただけます。

Fiber QuickMap のゴールド・サポート・サービス内容

修理および代替機器の貸し出し - Fiber QuickMap が万一故障した場合は、業務に支障をきたすことがないよう、翌営業日配達で代替機器の貸し出しを行います。当社ではお使いの Fiber QuickMap を修理し、不具合や不良のあるアクセサリーを適切な優先順位で無料交換して返送します。送料はすべてフルーク・ネットワークスが負担いたします。

ライブ 24 x 7 技術サポート - スタッフの専門知識の向上、ゴールド・サポートによる、ワールドクラスのテクニカル・アシスタンス・センター(TAC)へ直接、電話連絡が可能です。(英語のみ)直接連絡は、ゴールド・メンバーだけの特典です。ワシントン州シアトルおよびオランダのアイントホーフェンにある弊社のセンターでは、高度な研修を受けた技術者を雇用し、ほとんどのネットワーク変更作業が実施される週末および夜間を含めて常に即応態勢を整えており、複雑なトラブルシューティングの質問にお答えして、Fiber QuickMap の活用と表示される結果の理解のお手伝いをいたします。

アクセサリーの交換 - 一部のアクセサリーは、お使いの Fiber QuickMap に必要不可欠です。アクセサリーの通常の保証期間は 90 日間ですが、OptiFiber Pro OTDR と共に出荷された部品およびアクセサリーについては、弊社のテクニカル・アシスタンス・センターが不良と認めた場合に、ゴールド・サポートによって無料で交換いたします。

知識ベースへの無制限アクセス - 長年のカスタマー・サポートを通して弊社が収集した価値のある独自の情報にアクセスできます。また、弊社専門家による有益な技術文書もご利用いただけます。

メンバー限定プロモーション - メンバーシップに応じて、「メンバー限定」のプロモーションやプログラムをご利用いただけます。これには、製品割引などが含まれ、その他にもお得な特典をご用意しております。

ゴールド・サポート・サービスをご利用いただくと、Fiber QuickMap を最大限にご活用いただけます。

 

 

 
 
Powered By OneLink