データ・シート:FI-500 FiberInspector™ Micro 光ファイバー端面検査スコープ(PortBright™ 照明付き)。|www.flukenetworks.com/jp

データ・シート:FI-500 FiberInspector™ Micro 光ファイバー端面検査スコープ(PortBright™ 照明付き)。

光ファイバー端面の汚れは、シングルモードおよびマルチモードの光ファイバー・システムの問題の主な原因となっています。

FI-500 FiberInspector™ Micro を使用すると、暗い場所やケーブルが密集した場所でも光ファイバー端面の検査を簡単に行えます。

使用は非常に簡単です。

ケーブルを FI-500 に差し込み、AF ボタンにタッチするだけです。わずか数秒で光ファイバー端面が鮮明にはっきりと表示されます。アクセスの困難な場所で作業、すなわちプローブを静止できなく画像がぶれる場合は、一時停止ボタンを押すと画像を固定できます。

Micro 光ファイバー端面検査スコープ

トラブルシューティングに最適

今日、ファイバー・パッチ・パネルは高密度化されたことで、検査が難しくなっています。大半のデータ・センターや配線クローゼットは照明の届かない暗い環境下にあり、そのような場所でテストするケーブルやポートを見分けることは困難です。

FI-500 は、検査プロセスを簡素化するための設計が施されています。内蔵フラッシュライト PortBright は、正しいポートやケーブルを見つけることを容易にしてくれます。小型のプローブは、狭い場所でも使用でき、操作が簡単なプッシュボタン・コントロールを特長としています。オート・フォーカスにより端面の鮮明な画像を 1 秒以下で確認できるほか、一時停止ボタンを使用することで、320 x 240 の鮮明な画像を固定して、さらに詳細な検査を行うことができます。

FI-500 FiberInspector Micro は、手動スコープと完全自動検査スコープの間を埋める端面検査スコープです。FI-500 は、手動検査スコープの使いやすさと実用性を提供するだけでなく、トラブルシューティングと検査時間を短縮する高度な機能も備えています。

手動光ファイバー端面検査スコープは簡単に使用できますが、パッチ・パネルや、光ファイバーが密集する場所では効果的に機能しません。片目をつむっての作業は、特に暗い部屋では不都合で困難です。

完全自動検査スコープは、ファイバー接続のクリーンさを解析・評価します。これは多くのアプリケーションで重要ですが、簡単な基本的なトラブルシューティングには分析は通常必要ありません。

  代表的な手動スコープ FI-500 FiberInspector Micro 代表的な分析スコープ
重要な利点 代表的な手動スコープ FI-500 FiberInspector Micro 代表的な分析スコープ
小さなポートまたは暗いポートを照明    
安定した画像をすばやく提供するオート・フォーカス*   モデル依存
コンパクト設計のため狭いスペースでの使用が可能   モデル依存
パッチ・コードおよびバルクヘッド・コネクタで使用可能  
ほとんどのコネクタをサポートする各種チップ  
キャプチャとズームで小さい粒子を表示  
端面の分析によって汚れを強調    
画像ストレージ    
PC またはクラウドへのデータ転送    
耐久性のあるデジタル設計  
相対的コスト 中規模

APC (Angled Physical Contact) 用チップとコネクタの位置が合っていない場合は、コネクタまたはプローブを回転させて、オート・フォーカス、またはマニュアル・フォーカスを繰り返す必要があります。

光ファイバー端面を素早く簡単に表示

クリーンな光ファイバー端面を表示する FI-500 オーダー情報

クリーンな光ファイバー端面を表示する FI-500

汚れた光ファイバー端面を表示する FI-500

汚れた光ファイバー端面を表示する FI-500

FI-500 を使用すると、光ファイバー・パッチ・コードとバルクヘッド・コネクタを詳細に確認できます。

光ファイバー・システム 汚れた光ファイバー端面
  1. ネジ留め式のプローブ・チップは、ほとんどの種類のコネクタをサポートしています。
    • FI-500 には 4 UPC 用チップ(SC、LC、1.25 mm、および 2.50 mm)が含まれます。
    • オプションの APC 用チップ・キットには 4 APC 用チップ(SC、LC、1.25 mm、および 2.50 mm)が含まれます。その他のプローブ・チップもご利用いただけます。
  2. 暗い場所や配線の複雑なパネルを照らす内蔵フラッシュライト、
    PortBright。
  3. プローブ本体にある便利なボタンで PortBright のスイッチをオンにします。
  4. 一時停止ボタンは、表示をうまく調節できないときに画像を静止させます。
  5. 2 秒のオート・フォーカスによって、検査時間が短縮され、もう一方の手を自由に使うことができます。(APC 用チップとコネクタの位置が合っていない場合は、コネクタまたはプローブを回転させて、オート・フォーカス、またはマニュアル・フォーカスを繰り返す必要があります。)
  6. ステータス・バーでは、バッテリー残量などの情報を確認できます。自動パワー・オフによりバッテリーの寿命が延長されます。
  7. 明るい 320 x 240 のバックライト・ディスプレイ。
  8. 1 倍、2 倍、4 倍のズーム設定で倍率 200 倍。
  • 丈夫な構造、振動と落下テスト済み(最大 1 メートル)
  • コンパクトなプローブ設計により、配線とポートの密集した複雑なパネルにも容易に挿入できます
  • プローブは、交換の必要なバッテリーを使用していません。プローブの電源は
    ディプレイ・ユニットによって供給されます
FI-500

FI-500

FiberInspector Micro - 4 チップ(1.25 mm、2.50 mm、SC、LC)、ケース、充電式バッテリー、および汎用電源アダプタ付属

FI-525

FI-525

FI-500 およびクリーニング・キット (NFC-KIT-BOX) と 1.25 mm の綿棒

FTK1375

FTK1375

FI-500(SimpliFiber Pro Multimode PMLS キット、VisiFault、および 2 FindFibers 付き)

FTK1475

FTK1475

FI-500(SimpliFiber Pro マルチモードおよびシングルモード PMLS、VisiFault、2 FindFibers、クリーニング・キット (NFC-KIT-BOXMultimode)、および 1.25 mm の綿棒付き)

FI-500TP-APC

FI-500TP-APC

4 Angled Physical Contact 用チップ x 4 個(1.25 mm、2.50 mm、SL、LC)

NFC-KIT-BOX

NFC-KIT-BOX

光ファイバー・クリーニング・キットの内容 - 拭取り用クリーニング・キューブ、クリーニング部分がシールで密閉されたクリーニング・カード(5 枚)、ソルベント・ペン、および 2.5 mm のポート用クリーニング綿棒。 

FI-500TP-SCF

FI-500TP-SCF

SC バルクヘッド光ファイバー・コネクタ

FI-500TP-FCF

FI-500TP-FCF

FC バルクヘッド光ファイバー・コネクタ

FI-500TP-STF

FI-500TP-STF

ST バルクヘッド光ファイバー・コネクタ

FI-500TP-LCF

FI-500TP-LCF

LC バルクヘッド光ファイバー・コネクタ

FI-500TP-U25F

FI-500TP-U25F

2.5 mm(SC、FC、ST)光ファイバー・
パッチ・コード

FI-500TP-U125F

FI-500TP-U125F

1.25 mm (LC) 光ファイバー・パッチ・コード

FI-500TP-ASCF

FI-500TP-ASCF

SC APC バルクヘッド光ファイバー・コネクタ

FI-500TP-ALCF

FI-500TP-ALCF

LC APC バルクヘッド光ファイバー・コネクタ

FI-500TP-A25F

FI-500TP-A25F

2.5 mm APC(SC、FC、ST)光ファイバー・パッチ・コード

FI-500TP-A125F

FI-500TP-A125F

1.25 mm APC (LC) 光ファイバー・パッチ・コード

FI-500TP-AFCF

FI-500TP-AFCF

SC APC バルクヘッド光ファイバー・コネクタ

FI-500TP-EXTS

FI-500TP-EXTS

拡張 LC バルクヘッド・コネクタ 46 mm

仕様
一般仕様
温度範囲(電源アダプタなし) 動作:0 °C ~ 50 °C
保管:-30 °C~+60 °C
電源アダプタがある場合の温度範囲 動作:0 °C ~ 40 °C
保管:-20 °C~+60 °C
湿度範囲 動作:0% ~ 95% °C (0 °C ~ +50 °C) H 結露なし
保管:0% ~ 95% (35 °C ~ 45 °C) RH 結露なし
高度 動作:4,000 メートル
保管:12,000 メートル
振動 2 g、5 Hz ~ 500 Hz
衝撃 1 メートルの落下テスト
安全性 IEC 61010-1 第 3 版
IEC 62133
ディスプレイ
倍率 1x、2x、4x
フレーム/秒 12 以上
バッテリー・タイプ* 充電式 NiMH、2 x 1.2V、2700 mAh
バッテリー使用時間* 3 時間のプローブ連続使用
6 時間のプローブ標準使用
充電時間 最低 4 時間
電源アダプタ 入力:100 ~ 240 VAC±10%、50/60 Hz
出力:6 VDC、最大 3 A
クラスII
ディスプレイ 3.2 インチ TFT LCD、320 x 240
ソフトウェア・アップグレード USB ドライブから最新ソフトウェアをインストール可能
入力 USB 2.0、タイプ A
寸法 14.0 cm x 8.0 cm x 3.9 cm (5.5 in x 3.2 in x 1.5 in)
重量 275 g (9.7 オンス)

*Gold Peak GH230AAHC バッテリーを使用してテスト済みです。

プローブ
倍率 200 倍。ズーム機能には、1 倍、2 倍、および 4 倍の設定があります。
カメラ種類 5 メガピクセル 1/4 インチ CMOS センサー
視野 610 μm x 460 μm
分解能 1 μm
光源 LED、耐用 100,000 時間
端面の照明 同軸の青色 LED
ポートの照明 2 白色 LED
電源 USB インターフェースを介して提供
出力 USB 2.0 インターフェースによるビデオ出力
寸法 4.6 in x 2 in x 0.95 in (117 mm x 51 mm x 23 mm)
(長さはアダプター・チップによって異なります)
重量 4.4 oz (125 g)(アダプタ・チップなし)

ファイバーの検査とクリーニング

汚れ、ほこり、その他の汚染物質は、光ファイバによる高速データ送信の障害になります。現在のネットワーク・アプリケーションには、より多くの帯域幅が必要とされ、これまでになく予定損失が厳しくなっています。したがって、アプリケーションのパフォーマンス問題を避けるために、光ファイバーのすべての接続箇所に汚れがないことを確認する必要があります。

最も多いファイバー障害原因を除去

敷設事業者およびネットワークの所有者に対するフルーク・ネットワークスが委託した調査では、ファイバー障害の主な原因は端面の汚れであることが分かりました。ごみや汚れは、挿入損失や後方散乱の原因となり、これによって光伝送が阻害され、トランシーバーがうまく機能しません。また、汚れは、コネクターの勘合によって別の端面にも移動することがあるため、接続部の両方の端面を検査する必要があります。さらに、汚れたコネクターを接続すると、物理的な接触によって微細な破片が端面間でつぶされて、永久的な破損になることがあります。このため予防手段として、問題が起きたときだけではなく、接続前に必ず検査とクリーニングを行ってください。工場で成端されたパッチ・コードやピグテールであっても、保護キャップは端面をクリーンな状態に保つことができないため端面検査が必要です。このような障害の原因を避けるためには、バルクヘッドまたは機器のポートに挿入する前に、まず端面を検査し、汚れを取り除くことが大切です。

さまざまな検査オプション

フルーク・ネットワークスの幅広いソリューションは、多様なコネクター端面を簡単に検査するための最適なツールを提供しています。

ファイバーの検査、クリーニング、認証 SimpliFiber® Pro テスト・キット CertiFiber® Pro OLTS MultiFiber™ Pro MPO パワー・メーター VisiFault™ Visual Fault Locator Fiber QuickMap™ および OneShot™ PRO FI-500 FiberInspector™ Micro FI-7000 FiberInspector™ Pro
SimpliFiber Pro テスト・キット CertiFiber Pro OLTS MultiFiber Pro MPO パワー・メーター VisiFault ビジュアル・フォルト・ロケーター (可視光源) Fiber QuickMap および OneShot PRO FI-500 FiberInspector Micro FI-7000 FiberInspector Pro (日本での適用なし)
1 つのボタンによる操作        
障害発生箇所の特定          
光ファイバー長            
接続性のチェック    
極性のチェック      
光パワー測定        
エンサークルド・フラックス規格準拠        
デュアル・ファイバー損失試験            
MPO 光ファイバー・テスト          
合否結果        
光ファイバー・バルクヘッドおよび端面の表示           ✓ + MPO
バルクヘッドおよび端面のキャプチャーと解析            
PortBright による照明            
オート・フォーカス            
 
 
Powered By OneLink