ケーブリング・クロニクル

ファイバー極性の基礎

Polarity defines direction of flow, such as the direction of a magnetic field or an electrical current. In fiber optics, it's The A-B-C’s of Fiber Polarity

To properly send data via light signals, a fiber optic link’s transmit signal (Tx) at one end of the cable must match the corresponding receiver (Rx) at the other end.

While this seems obvious, polarity is one area that seems to cause the most confusion among technicians. So let’s break it down and start at the beginning.

2018 年 9 月 11 日

次週の BICSI Fall Conference & Exhibition で学べることがいっぱい(CEC もたくさん)

At the upcoming BICSI Fall Conference & Exhibition on September 9 – 13 at the Henry B. Gonzáles Convention Center, San Antonio, TX, there are plenty of opportunities to learn about the latest technologies, and Fluke Networks is excited to bring you the latest on testing everything from advanced four-pair PoE to passive optical networks (PONs).

2018 年 9 月 8 日

ワイヤー・マップ試験:色がすべてではない

Virtually every Ethernet cable tester can perform a wire map test - likely the most basic test for copper network cabling. Despite being a basic test, it is actually one of the most critical. 青、橙、緑、青のペア・カラーは、ワイヤーマップ試験に合格するのに役立つかもしれませんが、試験は色自体に全く関心がありません。

詳しく見ていきましょう。

2018 年 9 月 6 日

200 & 400 ギガへの対応準備(および実装)

ビッグ・データに対応した高帯域幅に対する需要増加により、イーサネット速度の高速化が求められています。2004 年に登場した 10 ギガは、2010 年の 40 ギガ(10 Gbps の 4 本で送信、4 本で受信する 40GBASE-SR4)、そして 100 ギガ(10 Gbps の 10 本で送信、10 本で受信する 100GBase-SR10)へと移行し、高速化が進んでいます。

2018 年8月 15日

Troubleshooting Installed Cable with DSX-5000 CableAnalyzer

苦情の電話(実際は電子メール)が来たとき、それはまるで月曜日の朝のような感じでした。「DSX が壊れたようです!」ご存知のように、DSX は非常に頑丈な機械です。なので、結果が間違っているように見えても、大抵の場合、間違っていないのです。

「壊れたと思う理由は何ですか?」また「どのような問題が起きていますか?」とお客様に尋ねました。

「これまで合格になっていたリンクが不合格になるんです。」

2018 年8月 2日

テスト・コードの検証時に「プラス損失」になる理由

Verification of test reference cords is easy, right? 通常はそうですが、そうでないこともあります。基準値設定手順に従ってパワー・メーターを 0 dB に設定すると、嵌合コネクター・ペアの損失は、シングルモードの場合、0.20 dB 未満(-0.20 dB など)になることが予測されます。損失がマイナスではない( +0.15 dB など)状況を分析してみましょう。

コネクターの損失を認証し、コネクターが「基準等級」であるかどうかを確認する一般的なプロセスは次のとおりです。

2018 年 8 月 1 日

データ・センター・スペースでのテスト

データ・センターのどの機能エリアをテストするかによって、使われているアプリケーション、ケーブル配線、接続は異なります。データ・センターの機能エリア、そして各エリアで必要なテストを理解することで、データ・センターのテストを適切に行うことができます。

2018 年 7 月 25日

ANSI/TIA 568.2-D が承認されました!

The latest TIA standard for balanced twisted-pair cable systems – TIA 568.2-D – was approved for publication during the TR-42.7 meeting on 2018 年 6 月 12 日. これは、TIA-568-C.2 に代わる新しい規格で、今後数週間のうちに発行される予定です。

ここ 1 年以上、この規格で規定される変更について取り上げてきましたが、今回の承認についてまとめてみたいと思います。文字の位置の変更

2018 年 7 月 18日