Case Study: Integrity Networks Alaska Branch | Fluke Networks

ケーススタディ:Integrity Networks アラスカ支社

Integrity Networks

製品の特徴:

顧客:

Integrity Networks アラスカ支社

業界:

テクノロジー企業

場所:

アメリカ

www.integritynetworksinc.com

アラスカ奥地での究極の試験
生き延びるための助言:熊がうろつく場所では警戒せよ

会社の背景

Integrity Networks は、米国や環太平洋地域の企業、連邦・州政府、地方自治体に通信サービス、ケーブルおよびファイバー・ネットワーク・インフラの設置サービスを提供しています。ワシントン州レントンに本拠地を構える同社が携わるプロジェクトには、グアムやシンガポールの米軍基地からワシントン州およびバージニア州でのデータセンターや VoIP の導入、アラスカ州の大規模な医療、石油、ガス、鉱山プロジェクトにまで及びます。

Integrity Networks は、2007 年にアラスカ市場に参入してから、低電圧業者として揺るぎない存在を確立しています。アンカレッジに支社を置く Integrity Networks は、この米国最後の辺境で高度な技能を有する現地の社員を数多く擁しています。

アラスカ州ノーススロープで働くリスク

アラスカのノーススロープで働くには、アラスカ州人が誰よりも知っている環境に対する基本的な理解が必要になります。第一に知っておくことは、ノーススロープが野生生物がプロジェクトの境界線に配慮しないアラスカの未開の領域にあることです。ヘラジカは、自由に歩き回ります。ヒグマやシロクマは、食物連鎖の頂点に位置し、人間と野生動物の「対立」において、高い危険性を持ちます。それから、悪名高い刺す虫も大量にいます。人を殺すほどの殺傷能力はなくても、刺されたら死んだ方がいいと思うほどです。

気候もアラスカで働く人々が考慮しなければ環境要素です。アラスカ州のこの地域は、一年の 9 カ月間は基本的に冬です。ノーススロープで Integrity Network のプロジェクトが進む中、凍り付くような寒さ、雪、猛吹雪など、多様な危険な状況が次から次へと訪れます。

「仕事で建物と建物の間を歩くときも危険です。冬のノーススロープで仕事で歩いていると、シロクマがいるかもしれないと、内心いつも心配します」と、Integrity Networks のアラスカ地域マネージャーの Randy Sherman 氏は述べています。

課題:1400 ものファイバー・リンクの双方向試験

ノーススロープのあるエネルギー会社のプロジェクトで、Integrity Networks の技術者は、1,400 以上のファイバー・リンクの双方向試験を行う必要がありました。作業は、冬の気候でさらに複雑さが増します。

双方向試験では、ファイバーの両端からファイバー・リンクをテストする必要があります。ほとんどの設置業者や請負業者にとってこれは、試験対象となる各リンクの遠端まで歩かなければならないことを意味します。リンクの一端からしかテストしない手抜きでは、規格に準拠しない不正確な結果を招く恐れがあります。ほとんどの仕事において、テストごとに行ったり戻ったりすると、受け入れ難いほど試験時間を増加させることになります。この案件では、寒い気温の中、数百ヤードも離れた建物間を往復するだけでも手ごわいことです。

「アラスカ人として私たちは、天気と野生動物に対して畏敬の念を抱いています」と、Sherman 氏は言います。「真冬の外で長くいすぎると、大惨事になります。」

SmartLoop のメリット – はじめての仕事でテスターの元が簡単にとれる時間節約

OptiFiber® Pro と SmartLoop™ のおかげで、Integrity Networks の技術者は、試験時間を半減させることができました。技術者は作業中、リンクの双方向試験を行うために一度も遠端に歩いていくリスクを冒すこともなく、風雨にさらされる時間を最小限に抑え、野生動物と遭遇する可能性を低めることができました。

SmartLoop のアルゴリズムは、イベントごとの双方向の平均損失を算出し、ファイバーごとに単純な合否判定を出します。OTDR を遠端まで持ち運ぶ必要がなく、計算も必要ありません。双方向試験が終わると、レポートをアップロードし、オンサイトで瞬時にお客様と共有することができます。そのため、問題があればオンサイトで瞬時に特定し、速やかに修正できるため、さらなる節約になります。

「チームは OptiFiber Pro を入手するとすぐに、操作を習得しました」と Sherman 氏は言います。「SmartLoop を使い始めることによって、この仕事一つでにテスターに支払ったお金の元がとれました。」

SmartLoop は、業界をリードするケーブル配線認証システムであり、Versiv™ 製品ラインの一部であるフルーク・ネットワークスの OptiFiber Pro OTDR に標準で付いてきます。無料でダウンロードできます。詳しくは、フルーク・ネットワークスのウェブサイトをご覧ください。

 
 
Powered By OneLink