ご注意:アダプターは現在の基準値または選択した規格と互換性がありません。" の表示 - DSX CableAnalyzer

Versiv (DSX-5000 / DSX-8000) でオートテストを実行する際に次の警告が表示されることがあります。

警告が表示される理由

選択したテスト・リミットのタイプとメイン・ユニットおよびリモート・ユニットに接続されたアダプターが一致していません。

エラーを生成するために、TIA Cat 6 パーマネント・リンクのテスト・リミットを使用するようにテスターを構成して、メイン・ユニットに DSX-PLA804 パーマネント・リンク・アダプター、リモート・ユニットに DSX-CHA804 チャネル・アダプターを接続しました。

警告の目的は、リンクのテストが不適切であることを技術者に通知し、顧客により結果が拒否されるのを防ぐことにあります。パーマネント・リンク・アダプターを使用した場合とは異なり、Versiv のリモート側でチャネル・アダプターを使用したテストでは、嵌合されたジャックとプラグの接続を測定することはできません。このため、TIA Cat 6 パーマネント・リンクに基づいてテストすることが要件である場合に、上の例で「YES(はい)」をタップして続行すると、結果が拒否される可能性があります。

この警告を防ぐ方法

テスト・リミットがパーマネント・リンク・テスト用である場合、通常はパーマネント・リンク・アダプターをメインとリモートの両ユニットに接続し、テスト対象リンクのジャックに RJ45 を接続します。

テスト・リミットがチャネル・テスト用である場合、通常はチャネル・アダプターをメインとリモートの両ユニットに接続し、RJ45 を接続してテスト対象リンクをテストするためにパッチ・コードを追加します。

この警告が表示されるその他の理由

もちろん、アダプターを組み合わせて使用する必要がある場合もあります。

  • Versiv メインとリモート・ユニット間でメタル線アダプターが使用されている場合、Tools(ツール) > Set Reference(基準値の設定)でパーマネント・リンク・アダプター 1 つとチャネル・アダプター 1 つを使用してユニットを接続する必要があります。基準接続でオートテストを実行する場合に、パーマネント・リンクまたはチャネル・タイプのテストに対してテスト・リミットが設定されると、互換性の警告が表示されます。

テストに対して間違ったテスト・リミットを選択した場合、  リンクの一端にジャック、他端にプラグがあるのであれば、以下のいずれかのテスト・リミットが適しています。


Testing to TIA Patch Cord Limits requires special DSX-PCxxS Adapters and cannot be done with Channel adapters. If you select a TIA Patch Cord Limit and do not use the DSX-PCxxS Patch Cord Adapters, Versiv displays this Error and will not allow the user to continue running the Autotest.

関連製品

                

                   

Versiv キット・コンフィギュレータ

                   

Versiv をどのように使用するか