データ・シート:DSX 同軸アダプター|www.flukenetworks.com/jp

データ・シート:DSX 同軸アダプター

同軸ケーブルは、データやビデオ信号の配信に長い間使用されてきました。中心導体とそれを取り囲む 1 つ以上のシールド層で構成される同軸ケーブルの物理的構造は、電磁妨害に対して強い耐性を実現しています。このため、同軸ケーブルは高い信号対雑音比を維持しながらも、高周波信号を長距離にわたって伝送することができます。同軸ケーブルは、10BASE-2 と 10BASE-5 を標準化した IEEE802.3 イーサネットを初めてサポートしたメディアで、それぞれ最大 185 m および 500 m までのイーサネット伝送を可能にしています。また、住居用および商用のブロードバンド・ビデオ信号の配信に広く使われています。

どのような同軸ケーブルでも、適切な配線は、高品質な部品と適切な施工技術(特にコネクターの取り付け技術)を使用できるかにかかっています。DSX-5000 CableAnalyzer™ と併用すれば、DSX-CHA003 同軸アダプターは、同軸ケーブル配線の伝送性能を特徴付ける能力を提供し、意図される用途に適した性能が期待通りに発揮されているかどうかを確認できます。DSX-CHA003 同軸アダプターは、50Ω、75Ω、および 93Ω の同軸ケーブルのテストをサポートしています。

ANSI/TIA-568-C.4 は、ケーブル TV や同規格で定義されるその他のスター型トポロジーのアプリケーションをサポートする 75Ω のブロードバンド同軸ケーブル配線の要件を定めています。このトポロジーにおいて、端末アウトレットから最初の配線盤(通常はスプリッター)までの間のケーブル・セグメントを配線サブシステム 1 と呼びます。また、配線盤間のケーブル・セグメントは、配線サブシステム 2 または 3 と呼ばれます。シリーズ 6 (RG6) とシリーズ 11 (RG11) のどちらのケーブルもサポートされています。RG6 ケーブルの長さは、3 つの配線サブシステムのすべてにおいて、46 m (150 ft) に制限されています。一方で、RG11 ケーブルの長さは、配線サブシステム 1 で 90 m (285 ft)、配線サブシステム 2 および 3 で 100 m (328 ft) に制限されています。それぞれのケーブル・シリーズと長さ制限に対して、TIA-568-C.4 は 5 ~ 1002 MHz の周波数帯域における挿入損失の上限を定めています。これは、DSX-CHA003 同軸アダプターを使用してテストできます。実際の挿入損失量は、同軸ケーブルのセグメントの長さに大きく影響されます。90 m よりずっと短いセグメントの場合、ケーブルの破損や下手に取り付けられたコネクターによりパフォーマンスが大幅に低下していても、90 m のリンク制限を満たしている場合があります。このため、DSX-5000 は長さに応じた(Length-Scaled)テスト制限値を提供し、ケーブル・セグメントの長さの実測値に基づき、指定された周波数帯域における挿入損失の制限値を自動的に調整します。これらのテスト制限値は、テスト制限名の末尾の「LS」で識別できます。

通信用途では、セントラルオフィス内を 75Ω 同時ケーブルでトラッフィクを伝送するのに、デジタル信号レベル3(DS-3)形式がよく使われます。735 タイプケーブルは最大 69 m (225 ft)、734 タイプケーブルは最大 137 m (450 ft) の距離をそれぞれサポートします。より短い距離の場合は、DS-3 信号の伝送に RG6 ケーブルを使用することもできます。DSX-5000 は、3 つのケーブル・タイプすべてに対して、長さに応じた DS-3 テスト制限値を提供します。図1は、734 タイプ同軸ケーブルの 30 m (100 ft) セグメントで、長さに応じたテスト制限値を使用して測定された挿入損失の結果例です。図2は、734 タイプ同軸ケーブルの 137 m (450 ft) セグメントで、同じ長さに応じたテスト制限値を使用して測定された挿入損失を示しています。どちらの例でも、周波数ごとの制限値は、734 タイプ・ケーブルの実測長さで予想される挿入損失に基づいて調整されています。通信パフォーマンスに影響を及ぼすケーブルやコネクターの不良は、図2 のケーブルが 4 倍長く、予想されるケーブル挿入損失も 4 倍多いものの、どちらのケースでも容易に特定されます。

データ用途においては、IEEE 802.3-2012 規格は 10BASE-2 または 10BASE-5 の物理層デバイス (PHY) を使用するイーサネットをサポートする 50Ω 同軸ケーブルの要件を定めています。これらは、IEEE 802,3 が最も早期に定めた PHY であり、現在でも 100 m を超える距離においてその有用性が見いだされています。10BASE2 は 10.5.1.2、10BASE5 は 8.4.1.2 の挿入損失の要件を満たしていることを条件に、それぞれ最大 185 m と最大 500 m のセグメント長までサポートされます。DSX-5000 は、これら要件に基づいてテスト制限値を提供します。

図 1.100
フィートのタイプ 734 ケーブルで測定された挿入損失と制限値

図 2.450 フィートの
タイプ 734 ケーブルで測定された挿入損失と制限値

オーダー情報
モデル番号 名前  詳細
DSX-COAX DSX 同軸アダプター・セット DSX-5000 CableAnalyzer 用同軸アダプタ ー(2)。F-to-BNC コネクター・アダプター (2)、F-to-F コネクター・アダプター (2)、およびリファレンス用 12 インチ RG59 ケーブル付き。
DSX-CHA003 DSX 同軸アダプター DSX-5000 CableAnalyzer 用同軸アダプター x 1個
 
 
Powered By OneLink