光ファイバー・テスター

光ファイバー・テスターの概要

今日の営業活動に不可欠なネットワークにおいてよく見られる光ファイバーの汚染物質について学び、ネットワーク・パフォーマンスを確保するためのファイバー試験やファイバー・テスターの種類について詳しく見ます。

このページに記載されていること

該当する役割と業務

あなたがこれらの役割で作業する場合、この情報は特に役立ちます。

制御システムエンジニア
ネットワーク配線事業者および設置事業者

光ファイバー・テスターについて

光ファイバー試験

光ファイバー配線は、今日のデータ通信ネットワークの中核です。光ファイバーは、ミッションクリティカルなデータセンターへのリンク、建物内バックボーン、キャンパスネットワークのための長距離の主要メディアタイプです。ネットワーク速度と帯域幅の需要が増加し、距離と損失のリミット値が小さくなり、これまで以上に光ファイバー配線の認証試験が重要になっています。

光損失のための光ファイバーケーブルの検査

何十年もの間、光を正確に通過させるために光学的な検査とクリーニングが行われてきました。光ファイバー検査やファイバー・コネクターのクリーニングは新しいことではありませんが、データ・レートの高速化が損失バジェットの低下を促進しているため、その重要性が一層高まっています。光損失全体の許容範囲が小さくなるため、コネクターにおける減衰を従来以上に低くする必要があります。これは、光ファイバー・ケーブルを設置、移動、または変更を行う時に、適切に検査およびクリーニングすることで実現できます。

光が 1 つの端面から離れアダプタ(汚れと破損)の別な内側へ入るときに損失を生じさせる問題には、2 つのタイプがあります:汚染およびダメージ 

ほこり、油、止水材などの汚れが、ファイバー・コネクターの端面汚染の一般的な原因です。フェルールに触れるだけで端面に油分が付着し、接続すると、許容値を超えた減衰が生じます。埃や小さな静電気を帯びた粒子が空気中を伝って、露出した端面に付着します。 このようなケースは、特に建築中や改造中の設備において、起き得ることです。 新規の設置の場合には、端面にバッファー・ゲルや潤滑剤の跡がつきやすいようです。

光ファイバーケーブルの損傷はスクラッチ、ピット、クラック、またはチップとして表示されます。このような端面の傷は、粗末な成端または結合による汚染に繋がります。 すべての接続部を最初に結合してから、問題のあるものだけを検査することは、結合による汚染物質への物理的接触が永久的な破損を引き起こすことから、危険なアプローチとなります。このような永久的な破損によって、既に成端したリンクについて、より費用負担を強い、時間を浪費する成端のし直しや交換が必要になることがあります。

光ファイバーケーブルの最初の日から、ステレオベンチトップ顕微鏡は光ファイバーでは、エンド光面検査するために使用されました。そのうちに、より小型で、光ファイバー・ケーブルを簡単に検査できる小型ビデオ・プローブが設計されました。顕微鏡は、2 つの基本的なグループ、ビデオに分けられます。光マイクロスコープには、対物レンズと接眼レンズがあり、デバイスを通して端面を直接見ることができます。ビデオ・マイクロスコープには、光プローブと、プローブの画像を表示するディスプレイの両方が組込まれています。プローブは、アクセスしにくい場所にあるポートにも届くように小型に設計されています。 スクリーンでは、汚染物質や破損をより簡単に識別できるように画像の拡大が可能です。 端面を直接見るのではなく、画面上で見ることができるため、プローブによって、有害なレーザー光が作業者の目に入る可能性が最小化されました。フルーク・ネットワークスは、簡易なものから プロ仕様まで広範囲の光ファイバー顕微鏡を提供しています。 

光ファイバーケーブルのクリーニング

クリーニングは何年も光ファイバー・ケーブルのメンテナンスの一部とされているため、エアー缶の空気を光ファイバー・ケーブルに吹きかけたり、またはイソプロピルアルコール (IPA) を使用するといった次善のアプローチを始め、ほとんどの人は端面洗浄に関し、独自の方法で取り組んでいます。ファイバー専用の溶剤は、ファイバー端面に潜んでいるあらゆる汚染を溶解する能力に優れています。また、特別の蒸発速度は、作用しながら混ざり合う前に蒸発するように作られています。最も基本的な道具は、ティッシュや綿棒で、パッチコードやポート内部のクリーニングに使用します。 便利なFiber Optic Cleaning Kitsには、精密端面クリーニングに必要なすべての溶剤とクリーニングツールが含まれています。

光ファイバーのテスト:トラブルシューティング、認証および認定 

光ファイバー・テスターには、既存の光ファイバー配線のトラブルシューティングと分析を行うための基本的な検査/クリーニング用ツールや装置、基本的なトラブルシューティング/検証/認証用テスター、そして高度な OTDR テスターなどがあります。

光ファイバー・ケーブルの簡単なトラブルシューティングや検証を行うテスターとしては、SimpliFiber Pro 光源およびパワー・メーターのソリューションを連携させ、マルチモードおよびシングルモードの光ファイバー損失を測定できます。この光ファイバー・ケーブル・トラブルシューティング・ツールには、結果ストレージと自動波長同期機能が備わっており、時間節約およびエラー防止に役立ちます。

SYSTIMAX ファイバー自動計算機

Versiv キットの構成手順

新しい光ファイバー配線では、リンクが意図されたアプリケーションを確実に実行できるようにするために、IEEE、TIA/ EIA、または ISO/ IEC 規格に基づくケーブル配線認証が必須になります。完全な光ファイバー・ケーブル認証には、ティア 1 または基本テスト方法とティア 2 または拡張テスト方法の 2 種類があります。ティア 1 光ファイバー・ケーブル認証は、パワー・メーター、光源、またはリンクの絶対損失を測定し、標準の制限値と比較する CertiFiber Pro のような光損失測定試験セットを使用して実施されます。ティア 2 光ファイバー・ケーブル認証試験とトラブルシューティングは、OptiFiber Pro OTDR などの OTDR を使用して実施できます。

光ファイバー・ケーブル・リンクの認証は、適切なテスト機器、配線の詳細な知識、アプリケーションの規格、およびテスト結果を文書化する能力を必要とします。CertiFiber™ Pro は、素早く簡単にマルチモードおよびシングルモード・ネットワークを確認できる携帯型の光ファイバー認証テスターです。 ワンボタンは、光ファイバーの長さ、2 つの波長で 2 本の光ファイバーの光損失を測定し、光損失バジェットを計算し、選択された業界標準に結果を比較して、瞬時に合否の通知を提供します。ファイバー認証ツールのテスト結果は簡単に保存でき、付属の LinkWare ソフトウェア を使用して管理できます。

Tier 2 光ファイバー認証は、インストールされたリンクそれぞれのコンポーネントの品質を確保するために損失テスト用に OTDR を使用します。OTDR および 2 次ファイバー認証の詳細については、ここをクリックしてください

フルーク・ネットワークスは、企業向け光ファイバー試験機器の業界リーダーで、光ファイバーケーブル配線ネットワークの検査、クリーニング、検証、認証、トラブルシューティング用の幅広い現場環境に耐えられる光ファイバー・テスターを揃えています。

お問い合わせ

米国 / カナダ:1-800-283-5853
インターナショナル:1-425-446-4519
info@flukenetworks.com
ゴールド・メンテナンスおよび サポートプログラム

文書とリソース

関連製品

                

                   

Versiv キット・コンフィギュレータ

                   

Versiv をどのように使用するか