同相モード/差動モード変換近端クロストーク (CDNEXT) - DSX CableAnalyzer

現時点で CDNEXT は、チャンネル・エイリアン・クロストーク試験の問題に対処するトラブルシューティング・ツールのみです。ANSI/TIA-568-C.2、ANSI/TIA-1005、ISO/IEC 11801:2010 にはテスト・リミットがありません。これについては TIA-TSB-1197 で説明される予定です。

CDNEXT の不良は主にコネクターの選択が問題です。可能性は低いですが、製造上の問題という可能性もあります。

測定は、ツイスト・ペアに差動モード信号 (DM) を注入してから、別のペア線で同相モード信号 (CM) を計測して行います。帰還する CM 信号が小さければ小さいほど、CDNEXT が良くなります。
 
             DSX ケーブルアナライザー同相モード測定

近端漏話減衰量 (NEXT) の測定値と似ていれば良好と言えます。ただし、NEXT の測定は、DM 信号を 1 本のペア線に注入し、別のペア線で DM 信号を計測して行います。ここでは もう一方のペア線で CM 信号を測定しているので、CDNEXT です。

DSX-8000およびDSX-5000 ケーブルアナライザーには、TCLELTCTLCMRL などの他の平衡度測定も含まれています。

標準規格のカテゴリー 5e、6、6A や、クラス D、E、EA のテストに CDNEXT を追加する場合は、(+ すべて) のサフィックスが付いているテスト・リミットを選択します。
 
         すべての TIA カテゴリーのテスト・リミット     すべての ISO カテゴリーのテスト・リミット         

これによってオート・テストの時間が長くなります。

サフィックス (+ すべて) は、ANSI/TIA または ISO/IEC の規格試験に、ELTCTLTCL導体間の抵抗アンバランス対線間の抵抗アンバランスCMRLCDNEXTの測定が加わることを示しています。
 
DSX-8000 および DSX-5000 ケーブルアナライザーの下の例では、カテゴリー 6A チャンネルがテストされました。
  
        DSX ケーブルアナライザーの平衡度測定画面