ブログ:ケーブリング・クロニクル|Page 4|www.flukenetworks.com/jp

ケーブリング・クロニクル

2017-5-10

Let’s face it.Spring cleaning stinks.I mean, does anyone actually enjoy cleaning?I don’t know about you, but I certainly am not counting down my winter days until I can scrub the house top to bottom only to have it quickly soiled by muddy feet and paws, beach sand, cut grass and whatever else wanders in with the warmer weather.

But dirt happens.And while cleaning may not be a barrel of fun, there is always some sense of satisfaction when it’s done and everything is looking its best. 

2017-5-03

By now you probably know that Category 8 cabling was approved by the TIA TR-42.7 Copper Cabling Subcommittee, and maybe you've even heard that Fluke Networks introduced the DSX-8000 CableAnalyzer, the first field tester independently verified and endorsed to meet all of the requirements for the Cat 8 field testing standard.

2017-4-26

 You have likely heard copper network cabling referred to as balanced twisted-pair copper cabling, and maybe you’ve heard of the testing parameter referred to as DC resistance unbalance.But what does all this balance-related terminology really mean, and why should you care?

It’s All About Balance

2017-4-19

Corning Optical Communications のゲスト寄稿

さまざまな議論が行われ、何かと話題になった OM5(以前はワイドバンド・マルチモード・ファイバーまたは WBMMF と呼ばれていました)は、ついに明確に規格化されました。

OM5 は、簡単に言えば、953nm の帯域特性が追加された OM4 光ファイバーです。

2017-4-13

最近、曲げ不感マルチモード光ファイバー (BIMMF) をテストコードに使用できない理由についてよく質問されます。問題なのは、BIMMF 以外の光ファイバー(「従来」の光ファイバー)の調達が困難になってきているなか、敷設業者は、状況に応じて既製製品を購入する必要があるとういうことです。さらに、テストコードに BIMMF 以外の光ファイバーの使用を義務付ける IEC テスト規格の変更も要求されています。このことによってもたらされる影響も含め、詳しく見ていきます。

2017-4-05

No, not what Deedee would ask Dexter in his lab, what does that button do on the bottom of the FI-1000 video inspection camera?It turns out it has a really helpful function that I want to share with you here.

2017-3-29

最近企業のさまざまな配線システムで、メタル線を使った水平構内配線の代わりに、パッシブ・オプティカル LAN が使用されています。

この技術によって、ライザー・バックボーンやデータセンター以外でも光ファイバーが使用され始めたため、光ファイバー技術者は、これらのシステムを水平配線においてテストする必要があります。

このパッシブ・オプティカル LAN について詳しく見ていきましょう。

パッシブ・オプティカル LAN について

2017-3-22

先週のブログでは、40 Gig デュプレックス・マルチモード・アプリケーションについて取り上げました。これは今日のデータ・センターがスイッチ間の光ファイバー・リンクをコスト効率よく広帯域化するための数多くある方法の 1 つです。実際に本当に多くの方法があります。

2017-3-15

 

波長分割多重方式 (WDM) をサポートするために、840~953 ナノメーター波長を規定する OM5 ワイドバンド・マルチモード・ファイバー (WBMMF) が業界規格で認められたため、デュプレックス・マルチモード・ファイバーを使用した 40 Gig イーサネットを実現するソリューションが何かと話題になっています。

2017-3-08

光ファイバー・ケーブリングに関連する多様な規格が存在しているにもかかわらず、MPO コネクターで成端された光ファイバー・ケーブリングの試験用の規格が発表されていないことに驚かれる方もいることでしょう。当筆者により、このようなテスト・ガイダンスが提供されるテクニカル・レポート(TR)が 2017 年 6 月についに発表される予定です。このガイダンスを TR/IEC 61282-15 と呼びます。テクニカル・レポートは、特定のトピックについてガイダンスを提供するものの、国際規格や ANSI/TIA 規格などのように要件を示してくれません。

ページ

 
 
Powered By OneLink