Coax Cable – You Might Just Need to Test It

2018 年 8 月 29 日/一般

メタル線のテストにおいて、カテゴリー カテゴリー 6A6、およびカテゴリー などの平衡ツイストペア・メタル配線8がよく話題になります。 このタイプのケーブル配線は、音声、データ、ビデオをすべてイーサネットで伝送できるため、幅広く展開されていますが、必ずしもメタル配線が使われるわけではありません。

Coaxial cabling (sometimes just “coax” for short) has long been used for distribution of data and video signals, and it was one of the first media to support Ethernet with 10BASE2 and 10BASE5 that transmitted 10 Mb/s up to 185 meters or 500 meters, respectively. 「同軸」という言葉は、ケーブルの中心にある導体とシールドが同じ軸上にある、または中心点が同じであることに由来しています。同軸ケーブルによっては、複数のシールドを持つ場合があります。例えば、4 層のシールド付き同軸ケーブルの場合、それぞれ編組線とアルミ箔のシールドから成る 2 つの層で構成されます。同軸ケーブルが、電磁干渉に対して強い耐性を持ち、長距離にわたって高周波信号を運ぶことができるのは、シールドのおかげです。

同軸ケーブルは、ブロードバンドの動画配信やケーブル TV(CATV)などの住宅向けアプリケーションに使われることが多いですが、商用環境における閉回路テレビ(CCTV)、音声/動画、無線アンテナ、そして一部のネットワーク接続で使われることもあります。そのため、このケーブル・メディア、そしてそのテスト方法を理解しておくことが賢明です。

主な種類

衛星通信、産業、軍事、海事などの多様な特殊アプリケーションをサポートするために、複数の異なるタイプの同軸ケーブルが存在します。最も一般的な非産業用同軸ケーブルは、RG6、RG11、および RG59 の 3 種類です。RG6 は、CCTV や CATV などの企業アプリケーションで最も見られるタイプです。RG11 は RG6 よりも大きな導体を使用していることから、挿入損失がより少なく、より遠くまで信号を送信することができます。ただし、より太い RG11 ケーブルは、より高額で非常に柔軟性に欠けます。そのため、プレミス・アプリケーションには向いてなく、距離が長い屋外プラントや直線的なバックボーン・リンクにより適しています。RG59 は RG6 よりも柔軟性がありますが、損失が大きいため、距離が短く、配線経路のスペースが狭い低帯域幅かつ低周波のアナログ・ビデオ・アプリケーション(車載用バックカメラなど)以外で使われることはめったにありません。

同軸ケーブルには、一般的に 50、75、93 オームのように、異なるインピーダンスのものがあります。50 オームの同軸ケーブルは、高出力に対応しており、アマチュア無線、市民無線、トランシーバーなどの無線送信機に主に使われます。75 オームの同軸ケーブルは、信号強度を維持することに長けており、主に CATV 受信機、高解像度テレビ、デジタル・レコーダーなどの受信機器を接続するのに使われます。1970 年代および 1980 年代初期に IBM のメインフレーム・ネットワークで元々使われていた 93 オームの同軸ケーブルは、めったに見ることなく、高額です。今日のほとんどのアプリケーションでは、インピーダンスが 75 オームの同軸ケーブルが使われていますが、ここで注意しておくべき点があります。同軸ケーブル配線システムのすべてのコンポーネントは、信号損失やビデオ品質の劣化につながる接続ポイントでの内部反射を回避するため、同じインピーダンスでなければなりません。

中央オフィスにトラフィックを運ぶのに使われる Digital Signal 3 (DS3) (T3 回線とも呼ばれる)も、75 オームのタイプ 735 およびタイプ 734 などの同軸ケーブルを使用しています。タイプ 735 ケーブルは最長 69 メートル、タイプ 734 ケーブルは最長 137 メートルの距離をそれぞれサポートします。DS3 信号を伝搬するのに RG6 ケーブルも使用できますが、より短い距離にしか対応していません。

テストが容易に

どのような同軸ケーブルでも、適切な配線は、高品質な部品と適切な施工技術(特にコネクターの取り付け技術)を使用できるかにかかっています。敷設したリンクの全体長に影響される挿入損失は、同軸ケーブル配線が目的のアプリケーションをサポートできるかの最重要パラメーターです。

ANSI/TIA-568-4.D は、CATV、衛星テレビ、およびその他のブロードバンド・アプリケーションをサポートする75 オームのブロードバンド同軸ケーブル、コード、および接続ハードウェアの要件を定めています。アウトレットから最初の配線分配ポイントまでの間の配線サブシステム 1 では、RG6 ケーブルの長さが 46 メートル、RG11 ケーブルの長さが 90 メートルにそれぞれ制限されています。配線分配ポイント間の配線サブシステム 2 では、RG6 の場合、制限が同じく 46 メートルで、RG11 は 100 メートルまで伸びています。どちらの場合も、TIA-568-4.D は、5~1002 MHz の周波数帯における挿入損失のリミットを規定しています。.

Testing is made easy with Fluke Networks’ DSX-CHA003 Coax Adapter for use with DSX CableAnalyzer™ Series Copper Cable Certifiers. RG6 および RG11 同軸ケーブルをサポートする DSX-CHA003 同軸アダプターを使用することにより、周波数レンジの全体にわたって TIA 挿入損失を測定することができます。挿入損失は、敷設リンクの長さに大きく影響されます。ケーブルの損傷やコネクターの施工不良により、性能が著しく低下したとしても、リンクが短ければ、合格になってしまう可能性があります。DSX CableAnalyzer は、長さでスケールされたテスト・リミットを提供するため、ケーブル配線セグメントの実測定長に基づいて挿入損失のリミットを自動的に調整できます。

The DSX CableAnalyzer also provides Length-Scaled DS-3 test limits for Type 734, Type 735 and RG6 coaxial cabling used in central office applications. さらに、100 メートル以上の同軸ケーブルが使われる低速アプリケーションに遭遇した場合、DSX CableAnalyzer は、レガシーの 10BASE2 や 10BASE5 イーサネットをサポートするために使われる 50 オームの同軸ケーブル配線もテストできます。

Versiv コンフィギュレータを見る

製品を見る

                

                   

Versiv キット・コンフィギュレータ

                   

Versiv をどのように使用するか