ケーブルが問題の原因となる場合がある

2020 年 1 月 23 日/一般

「ある程度のことを見てきたので、ある程度のことを知っている」という広告があります。 当社製のテスターによって数 10 億個のリンクがすでに認定されています。また、毎日 5 つ以上のリンクが認定されているため、当社は考えられるほとんどすべてのケーブル配線の問題を確認しています。つまり、当社は大量の不良ケーブルを見てきました。

ここでは、設置業者が触る前にスプールから外れた、不良ケーブルについて話しています。これは一般的な事例ではありませんが、当社はこのような事態に備えており、お客様もそうすべきです。ほとんどの場合、誰かが手抜きをして、無名のメーカーから特別価格で購入したことが原因ですが、評判の良いメーカーでも不良品を製造して販売することがあります。これは先月、当社のテクニカルアシスタンスセンター(TAC)に報告された例です。

テストに失敗した請負業者から連絡がありました。 彼らは、LinkWare 形式の .flw グラフデータを含む完全なテスト結果を提出しました。問題を追跡するために当社の助けが必要な場合は、常にこのデータの提出が推奨されます。 合計 95 回のテストのうち、6 回が失敗し、12 回が「PASS *」で合格しました。 測定結果に付いたアスタリスク(*)は、結果が選択した制限よりも優れていたが、テスターの精度の範囲内であったことを示しています。 例として、最初のグラフを参照してください。 3-6ペア(緑)のリターンロス(RL)の結果は、約350 MHzで限界線(赤)に非常に近いことがわかります。実際、LinkWare レポートには、352.0 MHz での測定値が限界線の 0.4 dB以内であることが示されています。 DSX 測定の不確実性は 0.4 dB より大きいため、測定が実際に合格したかどうかについて重大な不確実性があり、「PASS *」通知につながります。

顧客が多数の障害を確認した場合、まずテスターが疑われます。 (私たちが気分を害すると思われるでしょうが、当社も同じ作業を行っているのです。) テスターについて懸念を抱くこの顧客は、メインユニットの Permanent Link Adapter をリモートのチャネルアダプターに直接接続して、多数のセルフテストを実行しました。 いずれの場合も、マージンは 13~15 dBの範囲で、誤差のマージンをはるかに超えていました。 この結果、テスターやアダプターに問題のないことが確認されました。(このようなことは、ほとんどありません。)

ここで、私たちのような「専門ばか」は、これらのグラフが興味深いと思い、これらを元にして問題を解明することに熱中します。また、TAC チームのように「ある程度の問題を見たことがある」場合は、この図から問題を理解できることがあります。彼らによると、RL パフォーマンスの「低下」は、ケーブルに問題のあることの兆候です。しかし、彼らは難解な謎を追跡し、自分たちの経験を披露することでスリルを覚える一方で、実際の顧客は問題の原因を直ちに解明することを望むでしょう。

そのため、当社製のテスターには、いくつかの診断機能が組み込まれています。高解像度時間領域反射率計(HDTDR)および高解像度クロストークアナライザー(HDTDX)です。 これらの機能は、ケーブルの全長にわたる反射またはクロストークの位置を特定します。 この場合、HDTDR は 2 番目のグラフのように見えました。

どこに問題があるか特定できますか?  できません。 それは、ケーブル全体に問題があるからです。 ほとんどの場合、障害はコネクタの不良または設置作業の不手際によって引き起こされ、その場所にスパイクが表示されるので、何を修復すればよいかわかります。このような結果が得られた場合は、ケーブル全体が不良品であることを意味するので、この問題を修正する唯一の方法は、より良い製品と交換することです。 ですから、このような場合は、テスター自体のように他の対象物が槍玉に上げられます。

DSX は、さらに簡単にリンク上の障害を特定する機能を備えています。これは、FaultInfo と呼ばれる機能です。 リンクが失敗した場合、画面上の[Diagnostic(診断)]タブをタッチすると、右の図に示すように、問題に関する簡単な説明が表示されます。 当社の TAC は、この機能によって難解な課題が取り除かれ、成功談につながると考えています。 しかし、私とは異なり、お客様は成功談を語ることで報酬は得られません。

現地の営業マネージャーは、この診断結果を見た後、このケースの最後の手がかりを提供しました。彼の反応(と巧妙な言い回し)は、パズルの最後のピースを提供しました。「この問題が発生する前に、私は(その販売業者に)そのような製品の販売を停止するように説得しました。請負業者がそのケーブルだと言ったとき、私は驚きました。彼らはこのケーブルを別の販売業者から購入したことがわかりました。彼らは入札に勝つために費用を節約したため、現在そのつけを支払っています。」

最後に、ケーブルの品質が悪いと思われる場合は、設置する前にスプール内またはボックス内でテストできます。方法については、このビデオをご覧ください。https://www.youtube.com/watch?v=-APuN2edUP0

製品を見る

                

                   

Versiv キット・コンフィギュレータ

                   

Versiv をどのように使用するか