カテゴリー 7 ケーブルに何が起こったか?

2018 年 12 月 5 日/一般

Google で「What ever happened to(何が起こったか)」を検索すると、検索結果には過去の有名人に関する情報か、またはベイビー・ジェーンを主人公にした 1962 年の気味の悪いスリラー映画(ジョーン・クロフォードとベティ・デイヴィスの共演)が表示されます。

そこで、「What ever happened to Category 7(カテゴリー 7 に何が起こったか)」で検索すると、「the end of the world(壊滅暴風圏)」とタイトルが付けられたテレビ映画の仮説上のハリケーン・カテゴリが見つかります。つまり、カテゴリー 7 ケーブルは Google 検索でヒットするほど広く普及していないということになります。

実際にカテゴリー 7 に何が起こったのでしょうか。思い出をたどってみましょう。

忙しい 1 年

カテゴリー 7 ケーブル配線は、2002 年に ISO/IEC 11801 規格で承認されました。このシールド付き S/FTP ケーブルは、クロストークと干渉の厳格なクラス F チャネル仕様を満たすように開発され、各ペアに金属箔シールド、4 ペアすべてに外側編組シールドが付いています。600 MHz までの性能を実現するカテゴリー 7 は、主に 10 メートルの 100 ギガビット・イーサネットに対応するために導入されましたが、メタル線の 10 ギガ・イーサネット規格(10GBASE-T)が IEEE によって公開されたのは 2006 年でした!

2002 年は TIA でもさまざまな動きがありました。The ratification of Category 6 in June of that year was an event that the industry deemed a major milestone since it took nearly five years to complete and overcame several technical challenges to support Gigabit Ethernet. ちょうどこの時期、TIA は 607-A 接地ボンディング規格と 606-A 管理規格も公開しました。これらの規格は、コンセントやケーブル、分岐点(コンソリデーション・ポイント)、バスバー、ファイヤー・ストップの場所など、さまざまなラベル付けに関するガイドラインを提供しています。

TIA はこの年、複数の規格の策定で忙しかったこともありますが(その他にもあまり知られていない規格がいくつか公開されました)、時代を先取りしたカテゴリー 7 を必要とするアプリケーションがなかったため、TIA はカテゴリー 7 の承認を見送りました。このため、米国市場ではほとんど普及しませんでした。しかし、EMC 規制の厳しいスイスやドイツなどの国では、事実上の標準規格としてカテゴリー 7 の導入が進みました。

ケーブルの共有

Without a lot of attention in the industry, and overshadowed by the ratification of Category 6 and the first Category 6A systems introduced to the market just two years later (well ahead of its TIA ratification in 2008), it’s easy to see why some might never have even heard of Category 7 – despite the fact that it was technically the only standards-based cabling system capable of supporting 10GBASE-T upon its release.

しかし、カテゴリー 7 には他にも利点がありました。Category 7 can be terminated with RJ45-compatible GG45 connectors or TERA connectors (stay tuned for more on these connectors in a future blog). 4 象限に分割された TERA コネクターと、4 ペアが個別にシールドされたカテゴリー 7 ケーブルを使用することで、異なるペアで複数のアプリケーションを実行できます(ケーブルの共有)。つまり、1 つのカテゴリー 7 チャネルの 2 ペアで 10/100BASE-T に対応するように構成して、残りの 2 ペアを別の 10/1000BASE-T チャネル、VoIP チャネル、または 2 つの 1 ペアのアナログ音声チャネルに使用できます。

繰り返される歴史

ケーブルの共有が可能であるにも関わらず、カテゴリー 7 が一般的に利用されることはありませんでした。2010年、ISO/IEC はクラス FA チャネルとカテゴリー 7A ケーブル配線を導入しました。主に、将来のメタル線 40 ギガビット・イーサネットに対応することを目的としたカテゴリー 7A は、カテゴリー 7 の 600 MHz 周波数を 1000 MHz まで引き上げた規格です。またしても時代を先取りした(40GBASE-T は 2 年前に規格化されたばかりです)カテゴリー 7A は、1000 MHz の周波数特性と低い遅延スキューを提供するため、CATV やより高い周波数を必要とするビデオ・アプリケーションに理想的です。実際に、複数の AV 機器メーカーが各社のシステムにカテゴリー 7A の使用を規定しています。

カテゴリー 7A も TIA で承認されることはありませんでしたが、AV やケーブル共有アプリケーションで活用されています。また、ヨーロッパの一部では現在も LAN ケーブル配線に多く使用されており、米国と同様に、カテゴリー 7 はほとんど使われなくなりました(米国ではカテゴリー 7 の存在さえ知らない人もいます)。Unfortunately, Category 7A’s 1000 MHz performance didn’t prove enough for 40GBASE-T, which IEEE defined on shielded Category 8 (TIA) and Category 8.1/8.2 (ISO/IEC) cabling specified to 2000 MHz. But rumor has it that it was a somewhat simple task to tweak the Category 7A cable design to meet Category 8 compliance since it was already fully shielded and well ahead of Category 6A in performance.

製品を見る

                

                   

Versiv キット・コンフィギュレータ

                   

Versiv をどのように使用するか